不倫・既婚

既婚上司が好きな部下に取る態度やサインは?好き避けの判断や手放したくない部下の特徴

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「既婚上司が好きな部下に取る態度ってどんなものだろう?」

「あの態度って、私に好意もってるよね?」

とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

職場の既婚者の上司を好きになってつらい思いをしている女性は多いです。

しかも、相手の態度や行動から、「相手も私のこと好きなのかも・・」と考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、相手が既婚者である以上、簡単に気持ちを伝えることもできません。

そこでこの記事では、既婚上司が好きな部下にとる態度・サインを紹介していきます。

また、好き避けの判断の仕方や、手放したくない部下の特徴もあわせて紹介しています。

上司を好きになってしまいつらい思いをしている人は、この記事を参考に相手の気持ちを確かめてみてください。

既婚上司が好きな部下に取る態度・サイン

結婚している立場でありながら、部下を好きになってしまう既婚上司は一定数います。

職場が同じだと自然と接点が増えるため、部下のよい部分が目につきやすく、恋愛感情を抱くきっかけになるのです。

しかし、既婚者という立場である以上、大胆な行動は控える必要があります。

そのため、普通の恋愛のようなアプローチができず、部下に対してさりげない態度やサインで好意をアピールしている可能性があるのです。

そこで、既婚上司が好きな部下に取る態度・サインについてを下記の項目にそって紹介していきます。

CHECK!

  • 信頼を寄せてくれる
  • 頻繁に会話をする
  • 配慮をしてくれる
  • 成長をサポートしてくれる
  • よく褒めてくれる
  • 距離が近い

これらの行動は、仕事中でもさりげなく取り入れられるアピール方法となり、日常的に使える効率のよい方法です。

既婚男性の行動や心理がわかれば、あなたの悩みも晴れ、既婚上司への今後の接し方が少しずつ見えてきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

信頼を寄せてくれる

既婚上司が好きな部下に取る態度・サインとして、信頼を寄せてくれるということが挙げられます。

能力や人柄を評価していると考えられるからです。

大前提で、部下に対して、好き嫌いで仕事の評価を決めるべきではありません。

仕事の評価は、取り組みや成果などを見て判断すべきだといえるからです。

下した評価に自身の感情が入っている場合、正当な評価とは言えませんよね。

しかし、好きな部下には評価が甘くなってしまうケースがゼロではないのが人の心です。

著しく仕事ができない部下に対しては、好きな相手でもそこまで高い評価はしないまでも、一定のレベルまで達している場合はあり得る話だといえます。

仕事の能力が特別高くなくても、人間性を評価している場合も多く、そこには部下への好意が隠されている可能性があるのです。

そういった場合、好きな部下に重要なプロジェクトや仕事を任せるなど、難易度の高いことを託す傾向があります。

大きな仕事を任せることで「信頼を寄せている」「期待をしている」という気持ちをアピールができるのです。

一般的に、上司が部下に信頼を寄せたり期待をしたりする行為は、ごく普通のことだといえます。

そのため、好意が周囲にもバレにくく、仕事をしながらさりげなくアピールできる行為の一つなのです。

頻繁に会話をする

既婚上司が好きな部下に取る態度・サインとして、頻繁に会話をするということが挙げられます。

部下と関わることが楽しいと感じているからです。

上司が部下と会話を楽しむ行為自体は、どこの会社でもよくある話ですよね。

社内でコミュニケーションをとることで、雰囲気も和やかになるだけではなく、何かあったときに相談しやすい環境が自然と作れるからです。

しかし、その会話の中で仕事の相談やアドバイスだけでなく、プライベートな話も多い場合はあなたに好意を寄せている可能性があります。

社内のコミュニケーションの一環として部下と話すことがあっても、プライベートの話を頻繁にはしません。

話の流れでプライベートの会話になることもありますが、その場限りになることも多く、頻度が高いわけではないのです。

プライベートの話は、仕事の話のような堅苦しさはなく、話が盛り上がりやすいため会話が途切れにくい傾向があります。

そのため、プライベートの話が多い場合は、純粋にあなたとの会話を楽しみたいと思っている可能性が高いのです。

また、頻繁にプライベートの話がなくても、何かと理由をつけて話しかけてくる既婚上司もあなたに好意があると捉えられます。

「自分にだけ仕事を頼んでくる」「仕事中にちょっかいを出してくる」など、このような行動は、既婚上司から会話のきっかけを作ろうとしている可能性があるのです。

部下との楽しい時間を過ごすことで、仕事のストレスの軽減にもなり、既婚上司にとっては癒やしの時間になっています。

好きな部下と話せるだけで心が満たされるため、頻繁に会話のきっかけを作り、楽しい時間を過ごそうと意識的に接点を増やしているのです。

配慮をしてくれる

既婚上司が好きな部下に取る態度・サインとして、配慮をしてくれるということが挙げられます。

部下を気にかけ、心配しているからです。

好きな人に対しては常に気にかけ、あなたの小さな変化にも気づきます。

疲れ気味だったりテンションが低かったり、そんなあなたのことを見逃さないのです。

「少し疲れているんじゃない?今日は残業しないで帰ったほうがいいよ」

「最近元気がないね。何かあった?」

など、声をかけてくれる場合は、あなたへの好意だと判断できるのです。

人は体や心が弱っているときに気づいてくれる人や、気にかけてくれる人に対して、深い優しさを感じます。

そういったところから社内恋愛に発展するケースも多いため、既婚上司が配慮をしてくれる場合は、あなたへの好意を示している可能性があるのです。

見極める方法としては「ほかの人に対してどこまで配慮をしているか」がポイントだといえます。

既婚上司が誰にでも分け隔てなく同じように配慮を示している場合は、上司としての役割を果たしているだけだといえるのです。

そのため、周りへの態度と比較をし、あなただけに対しての行動であれば好意の表れだと考えてもよいといえます。

成長をサポートしてくれる

既婚上司が好きな部下に取る態度・サインとして、成長をサポートしてくれるということが挙げられます。

期待をかけてくれていると考えられるからです。

上司という立場であれば、部下の成長は喜ばしいと感じる人が多いですよね。

しかし、部下の成長をサポートをしている上司はそこまで多くはありません。

部下に聞かれたことに答えたり、相談にのったりすることはあります。

とはいえ、部下の一人一人に対して時間を割けず、サポートや指導に時間をかけてられないのが上司の本音なのです。

そういったなかで、あなたに対して親身にアドバイスやフィードバックをしてくれる場合は、好意の表れである可能性があります。

アドバイスやフィードバックをすることで、あなたの成長に期待をしているのです。

上司からもらった言葉を受け止めてあなたが仕事を頑張れば、上司からの評価がさらに上がります。

そのため、成長をサポートしてくれる場合はあなたへの好意を示している可能性が高いので、あなたが仕事を頑張ることでお互いの距離が近づくきっかけになるのです。

よく褒めてくれる

既婚上司が好きな部下に取る態度・サインとして、よく褒めてくれるということが挙げられます。

能力や人柄などを評価しているからです。

よく褒めてくれる場合、相手に気に入られたいという気持ちが強く出ている場合があります。

そのため、あなたを褒めて好意をアピールをしている可能性があるのです。

「〇〇さんは、仕事が早くて助かるよ」

「〇〇さんがいると、職場の空気が和やかになって雰囲気がよくなるよね」

など、仕事のことや人柄などを褒めてくれる場合は、バレずに思いを伝えるといった既婚上司なりのアプローチである可能性が濃厚です。

褒めてもらえると、自己肯定感が高まり、嬉しいですよね。

あなたに対して喜ばれることを繰り返すと、あなたの既婚上司に対しての印象が変わります。

「褒めてくれるからやる気が出る」

「ちゃんと評価してくれる上司」

というように、既婚上司へ好印象を抱くきっかけとなるのです。

「褒める」という行為は、あなたが既婚上司に対して抱く印象がよくなり、自分の思いをさりげなくアピールできる有効的な方法だといえます。

仕事上で褒めている分にはほかの人にも怪しまれにくく、仕事の一環として振る舞うことができますよね。

そのため、周囲にバレかかっても逃げ道があるため、日常的に取り入れやすいのです。

距離が近い

既婚上司が好きな部下に取る態度・サインとして、距離が近いということが挙げられます。

信頼しあう関係になっていると考えられるからです。

人と関わるときに気をつけたいことの一つとして「パーソナルスペースを意識する」というのがありますよね。

パーソナルスペースとは、自分の周りを取り囲む目に見えない空間のことを指します。

パーソナルスペースにに入り込みすぎると、人によっては不快に感じることも多く、一定の距離感を保つことが大切だといえるのです。

既婚上司があなたと話す際に、どのくらいの距離感であるかが重要なポイントだといえます。

お互いの距離が近いほど、親密度がアップするのです。

パーソナルスペースの距離感について、以下をご覧ください。

CHECK!

  • 恋人同士 0.45m以内
  • 友達同士 0.45〜1.2m以内
  • 上司   1.2〜3.5m以内
  • 公共の場   3.5m以上

一般的に、このような距離感が、不快に感じない適切な距離だといえます。

仲が深まるごとにお互いの距離感は縮まる傾向があるため、既婚上司と接する際に1.2m以内の距離感だった場合は、あなたに好意を示している可能性があるのです。

あなたのパーソナルスペースに入ってきた既婚上司に対して、嫌悪感がなく受け入れている場合は、今後の既婚上司の行動に注目してみましょう。

既婚上司と接していく中で、さらに距離感が縮めてくるようであれば、あなたへ好意がある可能性が高いと判断できるのです。

既婚上司からの好き避けを判断するポイント

既婚上司は立場上、あなたに対する好意を公にしにくい傾向があります。

あなたへの思いが周囲にバレてしまうと、不倫を疑われたり評判を落とす可能性があるからです。

そのため、既婚上司があなたへ好意を抱いていたとしても、好き避けをしているケースも少なくありません。

思いを伝えられない立場だからこそ好き避けという行動に表れてしまい、あなたにも好意がバレないように本心を隠している可能性があるのです。

そこで、既婚上司からの好き避けを判断するポイントを紹介していきます。

CHECK!

  • 表情
  • 対応のスピード
  • 話題の内容
  • 仕事の評価
  • 距離感

既婚上司の行動が好き避けかどうかを判断するのは難しいですよね。

しかし、好き避けかどうかが判断できれば、あなたに対する既婚上司の気持ちが明確になるのです。

好き避けを判断するポイントを抑えて、既婚上司の心理を読み取っていきましょう。

表情

既婚上司からの好き避けを判断するポイントとして、既婚上司の表情が挙げられます。

好き避けと嫌いでは、表情やトーンに差が出るからです。

好き避けであれば、表情がぎこちなくなる傾向があります。

緊張や困惑から、やわらかい自然な笑顔が出せなくなっているのです。

「好きな人と話すときに緊張してしまう」

「どんな顔をして話せばよいのだろう」

と、余計なことを考えてしまい、表情に出てしまうことがあります。

好意がない相手に対しては通常通りに対応できるのですが、好きな人の前では意識してしまうのです。

その一方で、嫌いな人に対しては表情やトーンが冷たくなる傾向があります。

嫌いな人に対しては、緊張や困惑することはなく、素直な気持ちが表情に出てしまうのです。

好意がない相手には好かれようと思っていないため、好きな人とそうでない人とで表情に差が出ます。

そのため、あなたに対してどのような表情で接しているのかで、既婚上司の本音がわかるのです。

対応スピード

既婚上司からの好き避けを判断するポイントとして、あなたへの対応スピードが挙げられます。

好き避けと嫌いで、対応速度が変わってくるからです。

対応が早いと「優先的にやってくれた」と、好印象を抱きがちですが、実はそうとも言い切れません。

意外だと思われるかもしれませんが、対応が早いという行動の裏には、既婚上司のネガティブな思いが隠されているのです。

嫌いな人や物事に対して、人は次のような感情を抱きやすいといえます。

CHECK!

  • できるだけ接点を持ちたくない
  • 嫌なことは早く終わらせたい
  • この人間特有の心理が働き、嫌いな相手から頼まれたことは、優先的に進めている可能性があるのです。

そのため、対応が遅かったとしても、必ずしもネガティブな問題として捉える必要はありません。

対応が遅いという行動の裏には、あなたへの思いがしっかりとあり、好き避けである可能性も十分に考えられるのです。

しかし、なかには本当に忙しくて対応ができていないケースもあります。

そのため、ほかの好き避け行為があるかどうかをチェックしたうえで判断しましょう。

話題の内容

既婚上司からの好き避けを判断するポイントとして、あなたとの話題の内容が挙げられます。

好き避けと嫌いで、話題の内容に差が出るからです。

好き避けだった場合、プライベートの話題を避ける傾向にあります。

プライベートの話題は、楽しいうえに盛り上がりやすいですよね。

そのような状態になってしまうと、好きという気持ちが止められなくなるうえに、周囲からも勘づかれてしまうケースがあります。

そのため、あえてプライベートの話題は避け、本心を隠している可能性があるのです。

その一方で、嫌いな人に対しては、批判的な話題や否定的な話題を出す傾向があります。

たとえば、あなたが何かに対して意見を述べたときに「何でそういう考え方しかできないの?」と、否定的なことを言ってくる可能性があるのです。

仮にあなたの意見が間違っていたとしても、言い方に配慮が見られず、冷たい空気を感じてしまいますよね。

もし、あなたのことが嫌いだとすれば、話を批判的・否定的な方向にもっていこうとするのです。

また、人の悪口や非難するようなことを話題にする人もいます。

「〇〇さんって仕事が遅いし、ミスが多いよね」

「〇〇さんって仕事できないよね」

など、第三者の批判的な話題を出してくるケースがあるのです。

批判的な話題が多い人に対して、よい印象を受ける人はいませんよね。

しかし、好意のない相手からは好かれようとは思っていないため、平気でそういった話題を出してきます。

好意のある相手には、悪い印象を持たれてしまう可能性があるため、批判的な話は控える傾向にあるのです。

このように、好き避けをしてしまう相手とそうでない相手とでは、話題に違いが出てきます。

既婚上司がどのような話題を出してくるかで心情が読み取れることがあるので、注目してみましょう。

仕事の評価

既婚上司からの好き避けを判断するポイントとして、仕事の評価が挙げられます。

好き避けと、嫌いでは、評価の仕方に影響が出るからです。

好きな人に対して甘い評価を下してばかりいると、気持ちがバレてしまう可能性があります。

既婚者という立場であるため、安易に自分の気持ちを表に出せずにいるため、アプローチを控えているケースがあるのです。

そのため、好き避けをしている場合、過剰に公平な態度を取っていることがあります。

あなたを好きだからといってひいきをせず、あくまでも平等を強調するような態度を取るのです。

しかし、嫌いな人に対しては、批判的な態度を取る傾向があります。

ほかの人には指摘をしないようなことを指摘したり、評価の対象にしたりするのです。

上司という立場である以上、評価をする際、個人的な感情を入れるべきではありません。

既婚上司も頭の中では理解をしていても、正直な気持ちが行動に出てしまうのです。

このように、過剰に公平な態度をとっているようなら、あなたに対して好意がある可能性が高いといえます。

しかし、批判的な態度が多い場合は、あなたに対してあまりよい印象を抱いていない可能性があるので、既婚上司の対応をよく観察してみましょう。

距離感

既婚上司からの好き避けを判断するポイントとして、距離感が挙げられます。

好き避けと、嫌いでは、距離感に差が生まれるからです。

人と接するときの距離感は、相手への気持ちが表れやすい部分だといえます。

好きな人とは近くをキープしたいと思う人が多く、ちょっとした雑談であっても、なるべく近い距離感を保ちたいと思うからです。

しかし、あまり近い距離感にいると、あなたへの気持ちがバレてしまう恐れがあります。

先ほど記事内で紹介したパーソナルスペースに侵入しないように、ある程度の距離感を保って接してくるのです。

その一方で、嫌いな人に対しては自然な距離感で話せます。

好意がない分、距離感や一つ一つの行動に不自然さがなく、深く意識をせずに接することができるのです。

距離感は、人間関係を築くにあたって、とても大切な部分の一つだといえます。

だからこそ、好意のある相手とはあえて距離をとり、自分の気持ちを悟られないように好き避けをしてしまうのです。

既婚上司が手放したくない部下の特徴

どこの会社にも、手放したくない人は一定数います。

仕事面の能力の高さやコミュニケーション能力など、仕事に必要とする能力が高い部下は、手放したくないと感じるのです。

それに加えて、人間性や容姿がよければ「ずっとそばに置いておきたい部下」として手放したくないと感じてもらえます。

社内恋愛は、そういったところから少しずつ発展しやすく、上司に気に入られることで距離が一気に近づくのです。

そこで、既婚上司が手放したくない部下の特徴を紹介していきます。

CHECK!

  • 仕事の能力が高い
  • 協調性がある
  • やる気がある
  • 外見が魅力的
  • 性格がよい
  • 趣味や価値観が近い
  • 一緒にいて心地よい・楽しい

既婚上司が手放したくない部下の特徴を抑えておくことで、部下としてお気に入りの存在になれます。

あなたが既婚上司から好かれたいと思うのであれば、まずは既婚上司から「手放したくない」と思ってもらえるように動いていきましょう。

仕事の能力が高い

既婚上司が手放したくない女性部下の特徴として、仕事の能力が高い点が挙げられます。

仕事上の重要な人物として頼っているからです。

同じ職場に勤めていると、仕事の能力が高い人は恋愛に関係なく、一目置かれる存在だといえますよね。

正確性やスピード、対応力など総合的に仕事の能力が高いと、周りからの評価も自然とついてきます。

そういった人は、既婚上司にも好かれやすく、手放したくない部下として大事にされるのです。

仕事の能力が高い人は、恋愛対象にもなりやすく、よい印象を持たれやすい傾向があります。

仕事を頑張れば評価が上がるだけではなく、既婚上司からも特別な目で見てもらえる可能性が高まるのです。

既婚上司からよく思われたいと感じている人は、まずは仕事を忠実にこなし、手放したくない女性を目指しましょう。

仕事ができない人は「仕事が遅い」「容量が悪い」など、悪いうわさが流れてしまうことがあります。

そのため、仕事の能力を高めるために努力をすることで徐々に見られ方が変わり、仕事上の重要な人物として欠かせない存在になれるのです。

協調性がある

既婚上司が手放したくない女性部下の特徴として、協調性が挙げられます。

周りとの円滑なコミュニケーションをとってくれる部下は、貴重な存在だからです。

仕事をするにあたって、協調性も大事な要素の一つだといえます。

社内のトラブルメーカーやコミュニケーションが著しく苦手な人は、既婚上司にとって悩みのタネになるからです。

協調性がある人は、その場の空気を適切に読みながら、周りとの会話を大事にする傾向があります。

社内での振る舞いは、その人の人間性が出る場でもあるので、周りとのコミュニケーションをうまくとれる部下は自然と評価も上がるのです。

また、協調性がある人は、頼りにされやすいのも特徴の一つだといえます。

話しかけやすいという観点から、わからないことがあっても聞きやすく、人が集まりやすいのです。

そういった周囲の人から頼りにされている姿を見て、既婚上司からの評価も上がり、手放したくない女性部下として大事にされます。

やる気がある

既婚上司が手放したくない女性部下の特徴として、やる気がある部下が挙げられます。

仕事へのやる気がない相手には、信頼や好意を持てないからです。

やる気がある人に対しては、たとえ仕事ができない人であっても、見捨てずにその人をサポートしようと思う気持ちが湧いてきます。

できないながらも常に努力をしていたり、仕事を積極的に進んで取り組む姿勢は、既婚上司にとって手放したくないと感じるのです。

やる気がある人は、現時点で能力が低くても、十分な伸びしろを感じます。

伸びしろがある人は、長い目で見れば戦力になると考え、やる気がある女性部下は信頼感を抱きやすいのです。

また、やる気は笑顔と同様、伝染しやすいのも特徴の一つといえます。

職場でやる気のある人が一人でもいると「自分も頑張ろう」と、自然と周囲の意識も変わっていくのです。

なかには、「あんなにやる気になっても給料は上がらないし・・」とネガティブに捉える人がいないとは言い切れません。

しかし、あなたが仕事の成果を出せれば周囲の人も見る目が変わり、憧れの的になっていきます。

既婚上司は、そういったやる気がある部下を高く評価し、自然と好意が湧いてくるのです。

外見が魅力的

既婚上司が手放したくない女性部下の特徴として、外見が魅力的であることが挙げられます。

どうしても自分の好みのルックスの相手にひかれてしまうことがあるからです。

既婚者という立場であっても、外見が魅力的な人に目を向けてしまうのは、ごく自然なことだといえます。

結婚生活が長く、奥さんが美に対しておろそかになっている場合は、特にその傾向が強く出ることがあるのです。

人間は、パートナーを大事だと思いながらも、心のどこかでパートナーにはない部分を別の人に求めてしまいます。

容姿が魅力的な人は、いるだけで社内が華やかになり、自然と仕事のモチベーションを上げてくれる存在なのです。

容姿に自信がない人にとっては「容姿では勝負できない」と諦めている人も少なくありません。

しかし、美しい容姿は誰でも手に入ります。

メイクやファッション、ダイエットや髪形で女性は大きくイメージを変えられるのです。

外見を既婚上司の好みに近づけることで、手放したくない女性部下として大切にしてもらえます。

笑顔を増やすだけでも雰囲気がガラッと変わるので、既婚上司に注目してもらえるように意識を変えていきましょう。

性格がよい

既婚上司が手放したくない女性部下の特徴として、性格がよいことが挙げられます。

居心地のよい相手と一緒にいたいからです。

仕事をしていると、上司と馬が合わず、意見の食い違いがおこることがあります。

上司という立場上、部署をまとめるために嫌われ役になることも多く、部下からの反感を買うことも珍しくないのです。

そういったなかで、既婚上司に対して反発をせず常に優しく対応をしてくれる人や、悪口を振られても周囲に流されないような人は好感が持てます。

一人でも性格がよい部下がいるだけで、既婚上司は救われた気持ちになり、女性部下を大切にしようと感じるのです。

また、仕事を手伝ってくれたり頼まれごとを快く引き受けたりと、そういった姿勢も既婚上司から手放したくないと思ってもらえます。

仕事をお願いするにしても、頼みやすい人とそうでない人がいますよね。

気軽に頼みやすい人は、既婚上司の中で自然と「仕事を協力してくれる人」というふうに捉えます。

「仕事に協力的」の中には、性格のよさも含まれているのです。

性格が悪ければ「そこまで余裕がなくて・・」「今日は用事があって残業が難しい」など、適当に理由をつけて断りますよね。

そのため、性格のよい女性部下とはこの先もずっと一緒に仕事をしたいと思ってもらいやすく、心もひかれやすいのです。

趣味や価値観が近い

既婚上司が手放したくない女性部下の特徴として、趣味や価値観が近いことが挙げられます。

共通点を持つことで、より強いコミュニケーションが築けるからです。

よい人間関係を築くにあたり、共通点があることは有利であり、仲よくなりやすい特徴があります。

そのため、仕事でよい関係が築けてきたら、プライベートの話を盛り込むことで距離を一気に近づけていきましょう。

たとえば、好きなYouTubeチャンネルの話や、よく見るテレビ番組などの話がおすすめだといえます。

もし、既婚上司が言ってきたものを見ていなかったとしても「今度見てみます」と、次に話をつなげやすいからです。

「面白そうですね」と、興味を示すことで既婚上司も得意げになって話してくれる可能性があります。

自分の好きなことに興味を持ってくれると、誰でも嬉しくなるものです。

そのため、前のめり気味で楽しそうに話を聞くと、既婚男性からも好かれやすく距離が縮まっていきます。

また、既婚上司の仕事の考え方や取り組みに対し、共感を示すのも効果的です。

職場では上司と部下で意見がわかれてしまい、衝突がおきることや、わかりあえないことも多々あります。

そういった中で、仕事の価値観が似ている人が側にいるだけで、味方ができたような感覚になるのです。

このように、趣味や価値観が近い人に対して、既婚上司は手放したくないと感じる傾向があります。

好きなことや考え方が似ている人にひかれやすく、恋愛感情を抱きやすくなるのです。

既婚上司を好きにさせる方法

既婚上司を好きなった場合、相手には既にパートナーがいることから、難易度の高さを感じている人も多いのではないでしょうか。

確かに、普通の恋愛に比べると振り向かせるまでに時間はかかり、スムーズに行きづらい傾向があります。

しかし、正しい順序で進めていけば、無理な話ではないのです。

そこで、既婚上司を好きにさせる方法を紹介していきます。

CHECK!

  • 仕事に真剣に向き合う
  • 2人になる時間を増やす
  • 好意をアピールする

既婚上司を好きにさせる方法がわかれば、あなたに気持ちがどんどん傾いていきます。

焦らずに正しい方法で既婚上司の心をあなたに向けさせましょう。

仕事に真剣に向き合う

既婚上司を好きにさせる方法として、仕事に真剣に向き合うということが挙げられます。

頑張っている姿にひかれる人は多いからです。

既婚上司から好きになってもらうために、まずは部下として認められることが大切だといえます。

部下として認められないと、恋愛感情はわいてきません。

仕事と真剣に向き合うことで、徐々に部下として信頼されるようになり、そこで初めてスタートラインに立てるのです。

具体的にどういったことをすればよいのか、いくつか挙げてみました。

周囲がやりたくない仕事を率先して引き受ける

うまくいかなくても、諦めずに最後までやり抜く

与えられた仕事に責任を持ち、誠実に仕事をこなす

常に先を見据えて仕事をする

困っている人がいたら率先して声をかけてフォローする

このような行動をすることで、部下として信頼できる存在となっていくのです。

毎日積み重ねていくことで、あなたの評価が高くなり、徐々に恋愛感情も出てきます。

仕事を頑張ることで、信頼を得られるだけではなく、既婚上司の心までを動かせるのです。

2人になる時間を増やす

既婚上司を好きにさせる方法として、2人になる時間を増やすということが挙げられます。

一緒にいる時間が長いほど、好意をもたれやすいからです。

何度も接点を持つことで、興味や好感を抱きやすくなることを単純接触効果といい、日々の生活に取り入れることで心の距離を近づける効果があります。

既婚上司と2人でいる時間を作ることで、相手の心を引き寄せるのです。

とはいえ、既婚上司を外に連れ出すのは相手の立場を考えると誘いづらく、なかなか2人だけの時間を作るのは難しいですよね。

そこで、外に行かずに接点を増やす方法をいくつか挙げてみました。

CHECK!

  • 仕事の相談をする
  • 既婚上司の仕事を手伝う
  • 仕事が終わらないときは、残業を申し出る

これらは、あえて外で会わなくても社内にいながら実行できます。

もし、相談にのってもらう際に既婚上司から食事に誘ってきたら、迷わず誘いに乗って食事に行きましょう。

2人だけの時間を増やすことで、既婚上司は徐々にあなたを女性として見始めます。

大勢の人がいる中で仕事を淡々とこなすだけでは、既婚上司との仲は深まりません。

同じ空間にいる大勢の中から選んでもらえるように、周りと違う行動で差をつけ、意識をあなたに向けてもらうことが大切なのです。

好意をアピールする

既婚上司を好きにさせる方法として、好意をアピールするということが挙げられます。

直接的に好意を示すことで、相手の気持ちを刺激できるからです。

既婚上司は、あなたのことが好きでも大胆なアプローチはできません。

「既婚者の立場であること」や「あなたが不倫に対してどう考えているのか」がわからないからです。

もし、既婚上司が自ら好意をアピールをして、あなたが不快感を感じたら「既婚上司からアプローチされた」と、悪いうわさを流される可能性もゼロではありません。

既婚上司はそういったことを考えてしまうと、自分の立場を悪くするためアピールをするのが怖いのです。

そのため、あなたが好意をアピールして、既婚上司の心を動かしましょう。

CHECK!

  • 手作りお菓子を持っていく
  • 仕事の差し入れを渡す
  • 食事に誘う
  • 「〇〇さんが出勤しているときは安心感が違います」など、既婚上司を褒める

このように、告白まではいかなくても好意をさりげなくアピールしていくことで、既婚上司の気持ちを動かすきっかけが作れます。

あなたの気持ちが既婚上司に伝われば、相手も何かしらの意思表示をしてくるので、既婚上司の気持ちも徐々に明確になっていくのです。

あなたのちょっとした勇気が恋愛を前進させることもあるので、さりげなく好意を伝えてみましょう。

既婚上司が好きすぎてつらい場合の対処法

一般的な恋愛と違って、既婚上司を好きになってしまうと、なかなかストレートに思いを打ち明けられないですよね。

そのため、自分の思いを公にできないつらさが常にあなたの心にあり、どうすればよいのか悩んでいる人も少なくありません。

そこで、既婚上司が好きすぎてつらい場合の対処法を紹介します。

CHECK!

  • 恋愛感情を受け入れる
  • 友人と話す
  • 距離を置く

対処法を知っておくだけで、苦しい心が解き放たれて徐々に軽くなっていきます。

つらい状況から抜け出せれば、今後のことを冷静に考えられるようになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

恋愛感情を受け入れる

既婚上司が好きすぎてつらい場合は、まずは恋愛感情を受け入れ、どうするかを冷静に判断してください。

客観的に自分の感情を見つめることで、どうしたいのかを判断できるようになるからです。

あなたが既婚上司のことを好きだという感情は、まぎれもなく事実ですよね。

まずは、その気持ちを否定せずに受け止めたうえで、今後どうしたいのかを明確にしていきましょう。

CHECK!

  • リスクを覚悟で不倫関係になりたいのか
  • 略奪婚したいのか
  • 単に恋愛関係になれたらそれでよいのか
  • 諦めたほうがよいのか

あなたが既婚上司との関係をどうしたいのかで、今後おこすべき行動が変わってきます。

不倫関係や略奪婚を選んだ場合、バレたときのリスクはとても大きく、数十万から300万ほどの慰謝料の支払いや、社会的信用を失うなどのリスクは免れません。

リスクを背負ってまで進めていく恋愛なのか、あなたにとって本当に価値があるのかをゆっくり考えて、後悔のない選択をすることが大切です。

友人と話す

既婚上司が好きすぎてつらい場合は、友人と話をしましょう。

客観的な立場で意見してもらえるからです。

あなたが一人になって考えても、なかなか答えが出ず、気持ちがどんどん下がっていく可能性があります。

そのため、友人に話を聞いてもらうことであなたとは違った視点で物事を捉え、解決の手助けをしてくれるのです。

客観的に見てくれる友人であれば、自分では気づけなかった部分に気づけたり、自分の考えていることが間違っていた場合は正しい道に引き戻してくれたりします。

しっかりと向き合ってくれる友人であれば、あなたの力になってくれますよ。

また、友人に話すことで気持ちが落ち着く効果も期待できます。

特に、女性は「共感をしてほしい」という気持ちを強く持っている傾向があるため、話を聞いてもらうだけで心が軽くなるのです。

共感してもらえるだけで、女性は安心感を覚えます。

友人に話せば、的確な判断をしてくれるうえに、共感による心地よさを感じられるのです。

ただし、話す際は本当に信頼をしている友人を一人に絞りましょう。

複数の人に話すと、全員の返ってきた答えが違う場合、あなたが最終的にどうすればよいのか混乱を招く可能性があります。

そのため、多くの人には相談せずに、心から信頼のおける友人を一人に絞ったほうがよいのです。

距離を置く

既婚上司が好きすぎてつらい場合は、既婚上司と距離を置きましょう。

距離を置くことで、恋愛感情を薄れさせる効果があるからです。

人は、接点がなくなると、相手への気持ちが徐々に落ち着いていきます。

記事内で紹介した単純接触効果の逆で、接点をあえて減らしていくのです。

同じ会社で接点を完全になくすのは難しいかもしれませんが、以下のように、できるだけ関わらないようにしましょう。

CHECK!

  • 最低限のあいさつ以外は声をかけない
  • 会話をする機会があっても話を盛り上げない
  • 既婚上司以外の人との接点を増やし、相手から話をかけられないようにする
  • 退職する
  • 部署異動をする

このように、既婚上司との距離を広く保ち、接点をもたないようにします。

退職や部署異動は、現実的に難しいケースもありますよね。

そのため、退職や部署異動は最終手段として考え、まずは社内でできることから始めましょう。

既婚上司との接点がなくなれば、自然と相手のことを考える時間も減っていき、完全に過去のこととして処理ができるようになるのです。

同じ職場という環境から、毎日顔を合わせるため、すぐに忘れることは難しいといえます。

しかし、少しずつ関わりをなくせば、あなたの心も回復して恋愛感情を抜きにした「上司」と「部下」の関係に戻れるのです。

まとめ

今回は、既婚上司が好きな部下にとる態度・サインについて紹介しました。

既婚上司との日々のやりとりで、相手の心情が読み取れることが多くあるため、一つ一つの行動に注目してみましょう。

しかし、既婚上司の心が読み取れても、一番大切なのは「最終的にあなたがどうしたいか」です。

選択する道によっては、あなたがリスクを背負う可能性があるので、強い覚悟をもって慎重な判断が求められます。

自分にとって何が一番よいのか、あなたが後悔しない未来を選んでくださいね。

関連記事