不倫・既婚

既婚男性を本気にさせる方法と本気にさせてしまう女性の特徴

既婚男性を本気にさせる方法と本気にさせてしまう女性の特徴
PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「既婚男性を本気にさせる方法が知りたい!」

「既婚男性が本気になる女性ってどんな女性なの?」

とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

たとえ既婚者であっても、好きな人からは本気で愛されたいもの。

とはいえ、妻子持ちの既婚男性が自分のことを本気で好きになってくれるのか不安ですよね。

既婚男性でも本気で不倫相手を好きになることはあります。

しかし、一方で、遊ばれてしまう女性も少なくありません。

そこで、この記事では既婚男性を本気にさせる方法と、本気にさせてしまう女性の特徴について紹介をしていきます。

また、遊ばれてしまう女性や、本気になった既婚男性の行動・態度も紹介します。

既婚男性との関係にお悩みの方は、この記事を読んで、相手を自分に夢中にさせ、幸せを掴んでください。

既婚男性を本気にさせる方法

恋愛は「既婚者だから絶対に恋愛しない」とは言い切れないところがあります。

人を好きになる気持ちは誰でも平等にあり、奥さん以外に意識を向けてしまうことはあるのです。

そのため、あなたが既婚男性を好きになって不倫関係になってしまっても、相手を本気にさせることは可能だということがいえます。

あなたの行動次第で、相手の気持ちを本気にさせるきっかけを作れるのです。

既婚男性を本気にさせる女性には、ある共通点があります。

CHECK!

  • 居心地をよくする
  • 簡単に手に入らないと思わせる
  • 信頼を獲得する

既婚男性が本気になる女性は、このような女性が該当します。

これらの要素を満たせば、既婚男性が手放したくないと感じ、さらに大事にしてくれるのです。

しかし、どうすれば既婚男性の気持ちを動かせるのか、そこが重要ですよね。

既婚男性を本気にさせるための具体的な方法を、以下の項目にそって紹介します。

CHECK!

  • 褒める、尊敬する
  • 共感する
  • 共通の趣味を持つ
  • 会う時時間を増やす
  • 穏やかな対応をする
  • 毎回体の関係をもたない
  • ほかの男性の影をちらつかせる
  • 適度な距離感を保つ
  • 秘密を守る
  • 子どもや家族への理解を示す

これらの行動を見せていくことで、あなたの気持ちが伝わりやすいうえに、その気持ちに応えようと既婚男性の意識が変わります。

家庭が大事だと感じている間は、離婚を考えもしません。

既婚男性を本気にさせて、あなたの理想とする未来を引き寄せましょう。

褒める、尊敬する

既婚男性を本気にさせるためには彼を褒め、尊敬することが重要だといえます。

人は認められ、尊敬されることで自己肯定感が高まり、その人に対する親近感や信頼感が増すからです。

褒めたり尊敬の気持ちを示したりすることで、相手は素直に嬉しいと感じます。

同時に、あなたへの印象がよくなり、意識し始めるきっかけになるのです。

男性は自分に自信がない人が意外と多く、上司に怒られたり周りと能力を比べたりするなど、言葉にしないまでも自信を喪失していることがあります。

そのため、褒める・尊敬するといった行為は、既婚男性の喜びや自己肯定感の高まりにつながり、自分に自信が持てるようになるのです。

また、褒めたり尊敬をしたりすることは親近感を与え、仲を深まりやすいといえます。

たとえば「髪切りました?似合ってますね」「〇〇さんみたいな人が直属の上司だったら、みんなついていきますよ」など、具体的に褒めましょう。

プライベートのことを褒めると親近感をもたれやすく、仕事面を褒めることで信頼感が得られます。

仕事面に関しては、、褒めることで尊敬していることも同時に伝えられるのでおすすめです。

人は自分を評価してくれる人に対して、好意を抱きやすいため、既婚男性のよい部分を見つけて積極的に言葉にしましょう。

そうすることで、一緒にいて居心地のよい相手だと感じてもらえるので、既婚男性の心をぐっと引き寄せられるのです。

共感する

既婚男性を本気にさせるには、彼の考えや感情に対して共感を示すことが有効だといえます。

共感を得られることで、心地よくなるからです。

共感は、相手を理解していることを示せるうえに、心地よい空気が流れます。

「自分のことをわかってくれているな」と思ってもらいやすく、既婚男性にとってのよき理解者になれるのです。

既婚男性を本気にさせたい場合、共感力を高めていきましょう。

共感力を高めるためには、以下の方法が有効的です。

CHECK!

  • 既婚男性を理解しようと努力をする
  • 既婚男性の話に真剣に耳を傾ける
  • 自分の意見を押し付けない
  • 既婚男性の気持ちになって発言をする
  • 周囲の人とコミュニケーションを積極的に取り、共感力の向上に努める

このようなことに意識を向けたり、行動したりすることで、共感力を養えます。

特に、物事をハッキリと伝えるタイプの人は、意見が違うとすぐに自分の思いを発信したくなる傾向がありますよね。

しかし、自分の考えをズバズバと言ってしまうと、共感力の向上は期待できません。

無理に既婚男性の意見に合わせるのではなく「既婚男性はどんな気持ちなのだろう」と、相手の気持ちを想像したうえで発言を心がけるのです。

それだけで、共感力は一気に上がります。

共感を繰り返せば、一緒にいて居心地のよい相手だと感じてもらえるため、既婚男性を本気にさせるためには「共感」は非常に大切なのです。

共通の趣味を持つ

既婚男性を本気にさせるためには、共通の趣味を持つことが有効的だといえます。

お互いの関係を深めることができるからです。

相手が既婚者だと、なかなか遊びに行けませんよね。

必然的に家庭が優先になるため、遊びに行く時間をとれないことも多いのです。

しかし、共通の趣味がある場合、遊びに行けなくても楽しめます。

共通の話題で盛り上がれるうえに、仲がよくても周囲の人から怪しまれません。

たとえば、同じ職場だった場合、仲がよいことを周りに指摘されても「趣味が一緒で話が合うんです」と、堂々としていられます。

そのため、職場でも仲がよくても怪しまれないための理由としても使えるため、共通の趣味を持つことは好意を隠すためにも役立つのです。

もし、遊びに行けるのであれば、さらに盛り上がります。

アウトドアが好きならキャンプや自然の多い場所へ、インドア派であれば、レンタルスペースで部屋を借り、のんびり過ごすのもよいですよね。

共通の趣味を持つことは親近感が増すだけでなく、仲間意識が芽生えて居心地がよいと感じてもらえるので、メリットだらけなのです。

現時点で共通の趣味がない場合は、既婚男性の好きなことを探り、そのことについて勉強しましょう。

既婚男性が好きなゲームがあるなら、あなたもやってみることで、ハマる可能性が十分にあります。

ゲームのなかには、お互いが自宅にいながらオンラインで一緒に楽しめるものもありますよね。

会わなくてもオンラインでつながれば、奥さんが家にいる状態でも、怪しまれずに思いっきり楽しめます。

そのため、既婚男性と共通の趣味がない場合は、まずは相手の好きなことをリサーチをすることから始めましょう。

会う時時間を増やす

既婚男性を本気にさせるためには、彼との時間を増やすことが有効的だと言えます。

一緒に過ごす時間が増えるほど、お互いをより深く理解し、強い絆を築くことができるからです。

会う時間を増やすことで、単純接触効果が期待できます。

単純接触効果とは、接点を増やすことで興味を持ったり、好意を抱いたりする心理学の一つです。

短い時間でもよいので、会う時間を増やして、積極的に関わりを持ちましょう。

相手が既婚者であるという点から、プライベートで外で会うのが難しいと感じている人も少なくありません。

職場が同じであれば、休憩時間を一緒に過ごしたり、ランチを一緒に食べたりすることで、仲が深まります。

ランチであれば、大抵の職場は一時間ほどの時間がとれますよね。

そのため、職場であれば二人で過ごせる時間の中でも一番長く、たわいのない話で盛り上がれます。

ランチが難しい状態であれば、既婚男性が残業をしているときに、あなたも残業をして仕事を頑張りましょう。

無理に残業をすると、給料泥棒と言われかねないので、仕事量が多いときに残ったり、既婚男性の仕事を手伝ったりなどして、単純接触効果を最大限に生かすのです。

このように、会う時間を増やすことで物理的な距離はもちろんのこと、心の距離も近づくチャンスだといえます。

既婚男性との仲をぐっと縮められるので、積極的に会う時間を作りましょう。

穏やかな対応をする

既婚男性を本気にさせるには、穏やかな対応をすることが重要だといえます。

相手が安心感を得ることができるからです。

世の中には、言い方がきつい人や怒りやすい人、思い通りにならないと圧をかけて相手の心を誘導する人など、一定数いますよね。

その場の雰囲気が一気に悪くなり、周囲の人も気を遣わざるを得ない空気になるため、感情が表に出やすい人は嫌悪感を抱かれやすい傾向があります。

人によっては、このような人と話しているだけで萎縮してしまい、本来の自分を見失ってしまうのです。

一方で、穏やかな人は、一緒にいるだけで心が落ち着きます。

不満があっても大きく態度が乱れず、常に落ち着いた口調で話し合いができるため、考え方によっては「大人の対応ができる人」とも思われやすいのです。

穏やかな対応は、周囲に癒やしを与える効果もあります。

優しく穏やかな口調で話せば、既婚男性の心が落ち着き「ずっと話していたい」と思われるほどの癒やしを与えるのです。

一緒にいるだけで心地よさを感じるため、あなたのことを「手放したくない」「側にいてほしい」という気持ちが大きくなっていきます。

既婚男性にそのような気持ちが芽生えたら、後戻りはできません。

人は、一度好きになってしまったら、その気持ちは止められませんよね。

既婚男性を本気にさせるには、話し方や接し方が非常に重要になってくるのです。

そのため、どんな状況であっても穏やかな対応を意識して、既婚男性を本気にさせましょう。

毎回体の関係をもたない

既婚男性を本気にさせるには、毎回体の関係をもたないことが有効的だと言えます。

毎回関係を持つと、あなたのことを単なる性的な欲求を満たすだけの存在だと考えてしまう可能性があるからです。

体の関係を持ってしまうと、相手にとって肉体関係がゴールになってしまい、それ以上の関係に進展させようという気持ちが生まれにくい傾向があります。

簡単に手に入らないと思わせることで、相手に追わせることができ、相手があなたに本気で接するようになるのです。

既婚男性と会うたびに、肉体関係を求めてくるようなら、遊ばれている可能性も否定はできません。

特に、毎回会うのが夜だった場合は、その可能性が極めて濃厚だといえるのです。

もし、そのような状態が続くのであれば、しっかりと断りましょう。

あなたの意思をはっきりと伝えることで、本気度が伝わります。

既婚男性が好きだからこその強い思いであるため、その旨を示したうえで、正直な思いを話すのです。

しかし、なかには断る勇気がなかなか出せない人も一定数います。

そのような人は「今度ランチで〇〇に行ってみない?」と、昼間にでかけることを提案してみましょう。

提案をすれば、重い雰囲気になりにくく、既婚男性も嫌な気持ちにならずにすむのです。

また、普段から昼間に会うことが多いのであれば「今度〇〇でイベントをやるんだけど行きたい」と、丸一日外で楽しめるような提案をするのも効果的だと言えます。

既婚男性と昼間に会うのはリスクが高いため、職場や自宅の近くは避け、少し遠出をするつもりで提案する場所は配慮をすることが大切です。

このように、毎回体の関係を持つことで、既婚男性は現状維持で十分だと感じてしまいます。

既婚男性の言いなりになってしまうと、都合のよいときだけ会える遊び相手になってしまうので、ときには体の関係を避ける行動も必要なのです。

ほかの男性の影をちらつかせる

既婚男性を本気にさせるためには、ほかの男性の影をちらつかせることが有効だといえます。

嫉妬をさせ、独占欲を駆り立てることができるからです。

既婚男性は、奥さんがいるのにも関わらず、別の女性を好きになった場合、その人を自分のものにしようという気持ちが働きます。

奥さんのことはパートナーだと考えている人も多く、恋愛対象と考えている人は少ない傾向があるのです。

そのため、奥さんから刺激を感じることはなく、恋愛は恋愛で楽しみたいと考えています。

そのような状態のなかで、あなたがほかの男性の影をちらつかせたら、既婚男性の気持ちは穏やかな状態を保てません。

ほかの男性のところにいってしまう可能性があると思うと、焦りを感じ、あなたに必死になる可能性があるのです。

ほかの男性の影をちらつかせるためには、以下のようなことを取り入れていきましょう。

「この前、〇〇くんからご飯に誘われたんだよね。行こうかなぁ・・・」と、男性に食事に誘われたことを伝える

「最近〇〇くんがね・・・」と男性の名前を会話の中に入れる

「〇〇くんって仕事できてかっこいいよね」と、特定の男性を何度も褒める

既婚男性の前で、別の男性と仲良く話している場面を見せつける

このような行動は、既婚男性の嫉妬心を大きくさせます。

あなたのことをほかの男性にとられたくないという一心で、あなたに対して積極的になる可能性があるのです。

ただし、やりすぎてしまうと、あなたに本気になるどころか、気持ちが離れていく可能性もゼロではありません。

そのため、既婚男性の様子を見ながら、小出しにしていきましょう。

適度な距離感を保つ

既婚男性を本気にさせるには、適度な距離感を保つことが重要だといえます。

一緒にいる時間が増えすぎると、相手があなたの存在を当たり前と感じ、あなたに対する関心が減少する可能性があるからです。

奥さんのように、当たり前にいる存在になってしまうと、そこから進展することがなくなる傾向があります。

毎日一緒に奥さんと過ごすことで安心感はあるかもしれませんが、刺激はありません。

そのため、常に刺激的な関係でいられる距離感を意識し、近すぎず、離れすぎずの距離感を意識しましょう。

具体的には、以下のようなことを意識すると、ほどよい距離感を保てます。

CHECK!

  • 連絡をしすぎない
  • 頻繁に会わない
  • 詮索しない
  • 自分の時間を楽しみ、恋愛に執着しない

このような行動を心がけることで、自然な距離感を維持できます。

相手にとって居心地がよい相手でいながらも、一定の距離感は保つことで、既婚男性から求められるようになるのです。

会うたびに刺激を与えられる存在となり「常に側にいてほしい」と感じてもらえます。

あなたにとっては、適度な距離感を意識するのは、つらいかもしれません。

好きな人とは、できるだけ一緒にいたいと感じる人も多い傾向がありますが、進展を望むのであれば一定の距離を保つことは重要なのです。

秘密を守る

既婚男性を本気にさせるためには、秘密を守ることが重要だといえます。

秘密を守ることで、相手からの信頼を得られるからです。

不倫は、世間からは批判されやすい恋愛であるため、隠し通すことが絶対条件だと言えます。

また、不倫はリスクがある恋愛であるため、信用できない相手とは関係を続けられないのです。

当然のことながら、秘密を守れない人を本気で愛せるはずもなく、不倫には向きません。

既婚男性や家族のことを考えながら行動ができる人が好ましいのです。

では、秘密を守るために意識すべきことを、いくつか挙げてみました。

CHECK!

  • 連絡の頻度や会う回数を既婚男性に合わせる
  • 職場やコミュニティが同じでも、必要以上に接点を持たない
  • SNSへの投稿を控える
  • 詮索をしない
  • 恋愛の話を避ける
  • 既婚男性とほかの人とで態度を変えない

このような行動を意識することで、親密な関係がバレにくく、怪しまれることもありません。

不倫がバレないようにするには「そこまで気をつけないとダメなの?」と思うかもしれませんが、勘のよい人はすぐに不倫関係であることに気づきます。

そのため、不倫が気づかれるであろう行動をできる限りおさえ、既婚男性への配慮が必要だといえるのです。

あなたの立場からすれば、不倫は我慢の連続だと言えます。

しかし、不倫がバレたときのリスクが大きいため、お互いの身を守るためにも、必要以上に慎重な行動を心がけることが本気で愛されるための重要なポイントなのです。

子どもや家族への理解を示す

既婚男性を本気にさせるためには、子どもや家族への理解を示すことが重要だといえます。

子どもや家族への理解を示すことで、相手の信頼を得られるからです。

既婚男性は不倫をしていても、家庭を壊さないように家族へのさまざまな配慮をします。

家族との時間を大切にするために、あなたとの時間よりも家庭を優先する傾向があるのです。

たとえば、帰宅後はスマートフォンをいじらない、休日は子どもと遊ぶなど、家族との時間を大切にします。

そのため、あなたの思い通りにいかないこともありますが、既婚男性は家族に関係がバレないように動いているため、その点は理解を示す必要があるのです。

しかし、我慢ばかりではあなたはつらく、心がもたないですよね。

そこで、既婚男性から本気で愛されるためには、具体的にどのようなマインドでいればよいのかを紹介します。

CHECK!

  • 通常のカップルに比べると会える回数は少ないことが当たり前
  • 返信が早ければラッキー
  • 記念日は会えないのが当たり前
  • 自分の要望がかなわないのは、嫌われたわけではなく家族への配慮である

このようなマインドでいることで、あなた自身も傷つくことが少なく、既婚男性からも「状況を理解してくれている」と思ってもらいやすいといえます。

子どもや家族への理解があれば、既婚男性は安心感を与えられ、あなたへの気持ちがどんどん増すのです。

大前提で、不倫は子どもや家庭にバレていないからこそ、うまくいく恋愛ですよね。

既婚男性の家庭への配慮や立ち回りがうまいからこそ、不倫関係が成立すると考えましょう。

なかには、寂しさに押しつぶされてしまい、既婚男性に不満を言ってしまう女性も少なくありません。

我慢を強いられる恋愛ではありますが、子どもや家族への理解を示す女性は、安心して長期的に付き合える存在であると認識し、既婚男性が本気になりやすいのです。

既婚男性を本気にさせてしまう女性の特徴

既婚男性が別の女性に恋をしたときに、どのような女性に心を奪われやすいのか、気になるところですよね。

奥さんがいるのにも関わらず、別の女性にひかれてしまう場合、その女性には共通した特徴があります。

そのような女性がいると、既婚男性は不倫が悪いことだとはわかっていながらも、気持ちをおさえられなくなるのです。

また、不倫関係が成立をしても、遊び感覚でいる人も既婚男性が一定数います。

そのため、不倫関係になれたとしても、遊びである可能性が否定できないことから、安心ができないのです。

そこで、既婚男性を本気にさせてしまう女性の特徴を紹介します。

CHECK!

  • いつも笑顔の女性
  • 外見が若々しく・好みの女性
  • 癒やしの存在になってくれる女性
  • 聞き上手・褒め上手の女性
  • 体の相性がよい女性
  • 既婚者の立場を理解してくれる女性

参考記事:既婚者男性が離したくない女性

このような女性は、既婚男性にとって手放したくない女性の特徴だと言えます。

そのため、本気になりやすく、徐々に優先順位が家庭から不倫相手に変わっていくのです。

あなたが、既婚男性にとっての理想の女性になることで、真剣に離婚を考えてくれる可能性もゼロではありません。

不倫関係では物足りなくなり、離婚をしてでもあなたと一緒になりたいという気持ちを高められ、将来のことを前向きに考えるきっかけが作れるのです。

既婚男性に遊ばれてしまう女性の特徴

不倫関係が築けても、あなたの思い通りにならないことが多々あります。

関係が進展したからといっても、決して安心感が得られるわけではなく、不安ばかりが大きくなるのです。

既婚男性と付き合う女性の多くは「遊ばれていたらどうしよう」「本当に好きでいてくれてるのかな」というネガティブな気持ちが強くなり、落ち込む人も多くいます。

「不倫はそういうもの」と理解をしながらも、どうしても不安な気持ちは心に残り続けるのです。

そこで、既婚男性に遊ばれてしまう女性の特徴について、紹介します。

CHECK!

  • なんでも言うことを聞いてしまう
  • 自己肯定感が低い
  • 自己主張をしない

このような女性になってしまうと、都合よく扱われてしまう可能性があります。

そのため、今のあなたに当てはまる場合は、行動や考え方を変えていく必要があるのです。

意識をして変えていけば、既婚男性の気持ちを取り戻せるので、まずはどのような女性が遊ばれやすいのかを理解するところから始めましょう。

なんでも言うことを聞いてしまう

既婚男性に遊ばれてしまう女性の特徴の一つとして、なんでも言うことを聞いてしまうという傾向があります。

相手にとって都合のいい扱いを受けてしまうからです。

なんでも言うことを聞いてくれる女性は、相手にとって都合の良い扱いを受けてしまいます。

その結果、体の関係だけになってしまうケースも珍しいことではなく、相手にとって都合よく動いてくれる女性だと認識されてしまうのです。

このような女性は、依存心が強く、優柔不断な女性に多い傾向があります。

好きな人から言われたことを断ると「嫌われてしまうかも」「自分から気持ちが離れてほしくない」という感情が出てしまい、既婚男性の言いなりになりやすいのです。

しかし、なかには不倫相手の純粋な気持ちを利用してくる既婚男性も一定数います。

「俺が言えば断らない」「俺のことが好きだから、なんでも言うことを聞いてくれる存在」だと判断され、結果的に遊び相手と思われる可能性があるので注意しましょう。

既婚男性にとって、思い通りにならない女性は、追いかけたくなる存在だといえます。

なんでも言うことを聞いてくれる女性への愛情は薄く、あなたの純粋な気持ちを利用した既婚男性の本性が出るのです。

そのため、既婚男性の言いなりになっても関係の進展は望めず、現状維持になる可能性が高いので、3回に1回くらいは断る勇気を持ちましょう。

自己肯定感が低い

既婚男性に遊ばれてしまう女性の特徴として、自己肯定感が低いことが挙げられます。

自己肯定感が低い人は、他人から肯定してもらえることで、依存してしまいやすいからです。

既婚男性があなたのことを肯定したり、褒めてくれたりすると嬉しいですよね。

「いつもかわいいね」「いつも側にいてくれてありがとね」など、既婚男性から言われると、相手への愛情がさらに深くなっていきます。

自己肯定感が低いと、自分が必要とされていると感じ、既婚男性から離れられなくなるのです。

しかし、このような女性は、結果として都合のよい存在にされてしまう傾向があります。

既婚男性は、あなたの気持ちをつなぎ止めるために言っているだけで、愛情の深さとは別である可能性が高いのです。

「言葉で愛情表現をしているから大丈夫」と既婚男性が判断し、それ以上の深い愛情を注がない可能性もあります。

いわゆる「ほれたもん負け」という状態になってしまうのです。

また、自己肯定感が低いと、何でもネガティブに捉えてしまいます。

「私なんかと付き合ってくれて・・」というように、自分を低く評価しがちなのです。

自己肯定感が低い女性は、既婚男性のワガママを受け入れてしまい「不満を言ったら嫌われちゃうよね」と、自分をおさえすぎてしまうこともあります。

つらい思いをするのは自分だとわかっていても断れず、心が苦しくても既婚男性に執着をしてしまうのです。

このように、自己肯定感が低いと既婚男性が本気になりにくく、都合のよい相手として扱われてしまいます。

物事をポジティブに考えるように思考を変え、自己肯定感を高めていきましょう。

自己主張をしない

既婚男性に遊ばれてしまう女性の特徴として、自己主張をしないことが挙げられます。

自己主張をしないことで、相手に流されてしまうからです。

不倫は、既婚男性のペースに合わせた付き合い方でないと、長続きはしません。

あなたの思い通りになりにくい恋愛ではありますが、会えないことや連絡の頻度に対して不満をこぼすと、既婚男性にとってはストレスになる可能性があります。

そのため、既婚男性の状況を理解し、我慢が必要な恋愛だといえるのです。

しかし、すべてを受け入れてしまうと、都合のよい女性になりかねません。

自己主張はおさえるべき場面と、伝えるべき場面を見極めたうえで、しっかりとあなたの思いを伝えましょう。

特に、会うたびに肉体関係になる場合は、自己主張をしないと雰囲気に流されてしまい、既婚男性の言いなりになってしまいがちです。

本記事でも紹介をしましたが、体を求められたときに毎回のように受け入れる行為は、デメリットでしかありません。

自分を大切にして、安く売らないことで、都合のよい女性になりにくいのです。

ただし、自己主張をしすぎると、逆効果を生みます。

納得がいかないことに対して、すべて自分の意見を言ってしまうと、既婚男性の気持ちはあなたから離れていく可能性が高いのです。

ある程度は既婚男性に対して理解を示し、受け入れることが大切です。

自己主張とわがままは別物であることを理解し、相手の状況を受け入れつつも、自分の気持ちを大切にしながら付き合っていきましょう。

既婚男性が本気でほれたらどうなる?本気の行動・態度

既婚男性が本気で好きな人にほれた場合、必ずといっていいほど態度に出ます。

人は誰しも好きな人ができると、その人を大事にしたい心理が働き、無意識のうちに態度や行動が変わるのです。

しかし、本記事でも紹介したように、既婚男性のなかには遊び感覚で付き合っている人も一定数います。

そのため、遊びなのか、本気なのかを見極めたうえで、関係を進めていきましょう。

既婚男性が本気でほれているのかどうかの大事なポイントは「行動にうつしているかどうか」です。

言葉で愛情表現をしてくれる既婚男性は多くいますが、遊びで付き合っている場合は、それ以上の愛情表現はありません。

肉体関係を持っている人は「ちゃんと行動で示してくれてる」と勘違いをしてしまう人もいますが、都合よく扱われているだけの可能性があります。

そのため、愛情を言葉で表してくれたうえで肉体関係を持ったとしても、そこに真剣な思いがあるのかどうかは別の話なのです。

では、具体的に既婚男性が本気でほれたらどのような行動や態度をとるのか、下記をご覧ください。

CHECK!

  • 家族よりも優先してくれる
  • 体の関係以外の時間が増える
  • 連絡頻度が増える
  • お金を使ってくれる
  • 将来の話をする
  • 別居をする

このように、目に見えてわかる具体的な態度や行動に移してくれている場合は、あなたに対して本気でほれている証拠だといえます。

遊び相手に対してこのような行動は苦痛であり、本気でほれている相手だからこそ、できる行動なのです。

既婚男性があなたに本気でほれているのかどうかを見極めて、あなたが傷つかない恋愛をしましょう。

まとめ

今回は、既婚男性を本気にさせる方法と、本気にさせてしまう女性の特徴について紹介しました。

相手が既婚者であるという点から、一般的な恋愛よりもハードルの高さを感じますが、あなたの行動次第では既婚男性の気持ちを変えられます。

「居心地のよい女性」「簡単に手に入らない女性」「信頼できる女性」を目指し、あなたの魅力を既婚男性にしっかりと伝えていきましょう。

また、既婚男性はほれている女性に対して、しっかりと態度や行動で表す傾向があります。

あなたが既婚男性の求める女性像になれるように、日々の努力を重ねていけば、あなたが本命に選ばれる確率はぐっと上がるのです。

既婚男性の態度や行動であなたへの思いを探りつつ、奥さんよりも優先順位の高い女性になって、あなたが思い描いている未来に近づけていきましょう。

関連記事