不倫・既婚

お互い好意がある既婚者同士の心理と両思いのサイン

お互い好意がある既婚者同士の心理と両思いのサイン
PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「既婚者同士だけどお互い好意がある気がする・・」

「でもお互い好き同士でもどうしたらいいんだろう・・」

とお悩みの人も多いのではないでしょうか。

お互い好意を感じるけど、既婚者同士だからどうしたらいいか悩むのは仕方がありません。

しかし、暴走して行動に移してしまうと、様々なトラブルに発展してしまいます。

そこでこの記事では、悩めるあなたに向けて以下の情報を紹介していきます。

この記事でわかること

  • お互いに好意がある既婚者同士の心理
  • 既婚者同士の好きサイン
  • 既婚者同士の好意が勘違いかを見極める方法
  • 好意のある既婚者同士が関係を進展させる方法
  • W不倫をするうえでの注意点

まずは、お互いの気持ちの整理と、相手の本心を把握し、その後どういう行動をとるのか考えてみてください。

お互いに好意がある既婚者同士の心理

お互いに好意がある既婚者同士の場合、さまざまな感情を抱えながら生活をしています。

既婚者という立場であるため、思うように恋愛を進められず、気持ちを表に出していない人が多い傾向があるのです。

そのため「お互いの気持ちが不確かだけど、両思いのような気がする」という状況の人が多い傾向があります。

告白ができない状況であるため、心理の探り合いになっていることも多く、相手が今の状況をどう感じているかもわからないのです。

そこで、お互いに好意がある既婚者同士の心理について、紹介します。

CHECK!

  • 現状の関係に満足している
  • 相手からの好意を勘違いしているのではないか
  • 家族への責任を感じている
  • リスクがあるため簡単に行動に移せない

相手の心理を知ることで、今後あなたがどのような行動をすればよいのかがわかります。

気持ちを抑えるべきなのか、このまま進んでもいいのかなど、正しい行動をおこすためにも、相手の心理をしっかりと理解しておきましょう。

現状の関係に満足している

お互いに好意がある既婚者同士の心理として「現状の関係に満足している」と、感じていることがあります。

家族を傷つけずに、ひそかに思いを抱きながらの生活が、心地よく感じるからです。

思いを抱くだけであれば不倫にはならず、友達感覚で関われます。

既婚者同士でも問題がない範囲での付き合い方が楽しいと感じているケースも多く、これ以上の発展を望んでいないのです。

会えたときに楽しく会話ができ、困ったときに相談し合うといった、適度な距離感が心地よいと思っています。

現状の関係であれば不倫のような大きなリスクがなく、やましい関係ではないので、大勢の中でも怪しまれることがなく堂々としていられますよね。

秘密の関係ではないからこそ「バレないように・・・」といった慎重な行動を求められることがないので、お互いが気楽に付き合えるのです。

家族に対しても罪悪感を抱きにくい付き合い方のため、現状がキープできればそれで十分だと思っています。

家族に迷惑をかけず、誰も傷つけない現状に満足をしており、気持ちを隠しながら日常を楽しんでいるのです。

相手からの好意を勘違いしているのではないか

お互いに好意がある既婚者同士の心理として「相手からの好意を勘違いしているのではないか」と思っている人も一定数います。

既婚者同士という関係であるため、お互いの気持ちが分からないことがあるからです。

普段から仲良く話せる関係が築けていると「自分に好意を持っていてくれているのかな」と、思うことがありますよね。

お互いが既婚者という立場である以上、普通の恋愛のような感覚で思いを打ち明けられません。

相手が自分を好きなのか、ただの仲が良い友達なのかがわからず、お互いの気持ちが分かりづらい傾向があるのです。

お互いに好意がある気がしていても、自分だけの勘違いだと困るため、今の関係を維持しようとしています。

相手の気持ちがはっきりしていないため、自分からは動けないのです。

しかし、こういった状態の場合、相手の気持ちがはっきりとわかれば動いてくる可能性があります。

既婚者という立場は、普通の恋愛のように、片思いの状態から自分へ気持ちを向かせることは難しいですよね。

そのため、自分から動こうにしても、お互いが思い合っていることがわからないと行動にうつせないのです。

家族への責任を感じている

お互いに好意がある既婚者同士の心理として「家族への責任を感じている」場合があります。

家族を大事にしている人ほど、このような思いは強く、一歩前に踏み出せないのです。

不倫には、大きなリスクがあります。

関係が進展してしまったら家族を傷つけ、今まで安定していた生活が崩れてしまいますよね。

不倫が家族を巻き込み、不幸にすることを十分に理解しており「これ以上は進んではいけない」と、関係が進展しないようにセーブしているのです。

お互いが思い合っていたとしても、リスクを背負ったり、家族を悲しませるほうがつらいと感じています。

不倫は、自分が知らないところでうわさになっているため、近所や子どもの学校にも広まる可能性があるのです。

うわさは、正しい情報だけが流れるとは限らず、間違った情報が大きくなることも十分に考えられますよね。

一度うわさに流れてしまうと、家族は生きづらさを感じ、外出が怖くなるほど生活に支障がでるのです。

また、不倫は家族の心に大きな傷を作ります。

その傷は、なかなか癒えず、常に心を苦しめる原因になりかねません。

それまでの幸せが一気に崩れ、家族に謝罪をしただけでは済まされないほどの、精神的苦痛を与えることになるのです。

このように、家族への責任感や罪悪感から、お互いが「両思いかも」と感じつつも、あえて一歩踏み出さないようにしています。

結婚した以上、家族を大事にする義務があり、常に理性が働いている状態だといえるのです。

リスクがあるため簡単に行動に移せない

お互いに好意がある既婚者同士の心理として「リスクがあるため簡単に行動に移せない」と考えているケースがあります。

不倫のリスクを背負う覚悟ができておらず、これ以上関係を進めてはいけないと思っているからです。

お互いに気持ちがあると思いつつも、家族への影響や、社会的評価、経済的な問題などから、一歩踏み出せない状況だといえます。

リスクを負うことで、人生が大きく変わってしまい、経済面や精神面で苦しくなることがわかっているのです。

不倫をすれば、家族を傷つけ、家庭が崩壊する恐れがあります。

自分だけの問題ではなくなり、家族の人生までもを不幸にさせるのです。

また、不倫をすれば社会的評価が落ちるのも目に見えています。

周りからの冷たい視線を浴びながらの仕事は、つらいものがありますよね。

なかには、減給や異動、ひどい場合には解雇になる可能性もゼロではありません。

不倫によって、積み上げてきたものがなくなることもあるため、社会的評価が下がるのは大きなリスクだといえるのです。

不倫は、経済面にも影響を及ぼします。

慰謝料は数十万円〜300万円ほどになり、子どもがいれば養育費もかかるのです。

養育費の相場は、6万ほどだと言われていますが、人数や子どもの年齢で金額は変わります。

支払いは長期に渡るため、金銭的苦痛は余儀なくされるのです。

このように、お互いに好意があっても、既婚者という立場から前に進めない可能性があります。

安易に動いてリスクを背負いたくないため、気持ちをセーブしているのです。

とはいえ、既婚者同士であっても、好きであれば距離を縮めたいという思いが出てきてしまうのは誰にでもあり得ることですよね。

もし、諦めきれない場合は、本当に両思いかを確かめる必要があります。

次項で「既婚者同士の好きサイン」を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

既婚者同士の好きサイン

既婚者同士で仲が良くても「自分のことを本当はどう思っているのだろう」と、不安になる人も多いですよね。

お互いの立場を考えた場合、そう簡単に自分の気持ちは伝えられないため、相手の気持ちが分かりづらいのです。

既婚者というだけで、恋愛に発展するとリスクが高まり、一つ一つの行動に慎重さが求められます。

そのため、仲がよく「お互いに思い合っているんだろうな」と感じていても、そう簡単には動けないのです。

そこで、既婚者同士が好きなサインを紹介します。

CHECK!

  • まずは、男性編です。
  • コミュニケーションが多い
  • 体的な接触が多い
  • よくサポートをしてくれる
  • よく褒めてくれる
  • 趣味や個人的な関心事に興味を示してくる
  • 配慮や気遣いが多い

このような対応をしてくる男性は、あなたに好意がある可能性があります。

続いては、女性編です。

CHECK!

  • いつも笑顔で接してくれる
  • よく目があう
  • 個人的なことを話してくれる
  • 自分の話に共感をしめしてくれる
  • よくサポートをしてくれる

男性と同様、コミュニケーションの中で好意を示しているケースが多いですね。

最後に、職場編を紹介します。

CHECK!

  • よく仕事の協力をしてくれる
  • 休憩時間など一緒に過ごす
  • 距離感が近い(パーソナルスペースに入ってくる)
  • 会社以外でのやりとりが増える

職場編は、業務中だけではなく、仕事の合間にも好意を見せている可能性があるのです。

このように、既婚者同士であっても、普段のやり取りの中で好意が表れている瞬間があります。

普段の言動をチェックして、相手の気持ちを探ることで、あなたへの好意が明らかになるのです。

参考記事:既婚者同士の好きサイン

既婚者同士の好意が勘違いかを見極める方法

既婚者同士で好意でどれだけ仲が良くても、場合によっては勘違いである可能性があります。

前項で紹介した「既婚者同士の好きなサイン」で当てはまることが多くても、好意がないケースがあるのです。

お互いに気持ちが分かりづらい関係性であるため、見極めるのは難しいですよね。

そこで、既婚者同士の好意が勘違いかを見極める方法の一例を紹介しますので、下記をご覧ください。

CHECK!

  • 自分にだけ違う対応なのかどうか
  • 相手のパーソナルスペースに入れるかどうか
  • 軽い感じで自分の好意を探ってみる

これらの項目を確認し、相手の好意に間違いがないのかを見極めましょう。

周りに対しても同じ対応をしているのであれば、残念ながら好意を抱かれていない可能性があります。

好きな人へはどこかで差別化を図るケースが多いため、周りと同じ対応であれば、好意が薄いと判断できるのです。

また、人間関係は距離感が大切ですよね。

相手のパーソナルスペースに入れたら、好意を抱かれている可能性が高いと考えられます。

ちなみに、パーソナルスペースとは「第三者に入られたときに不快に感じてしまう領域」のことです。

この領域に入れるかどうかで、気持ちの大きさがわかるので、チェックしてみましょう。

軽い感じで、あなたへの好意があるのかどうかを聞いてみるのも方法の一つだといえます。

冗談っぽく聞いてみれば、重い雰囲気になりにくいので、ぜひ試してみてくださいね。

好意のある既婚者同士が関係を進展させる方法

既婚者同士という関係であっても、好きになってしまったら、関係を進展させたいですよね。

一度好意を抱いてしまったら、その気持ちを抑えるのは難しく「深い関係になりたい」という感情が出てくるのは普通のことです。

現状から抜け出し、関係を進展させたいのであれば、思い切って行動にうつしましょう。

そこで、好意のある既婚者同士が関係を進展させる方法について、下記の項目にそって紹介していきます。

CHECK!

  • 積極的に連絡を取り合う
  • 2人の時間を作る
  • 相手の気持ちを探る
  • 直接気持ちを伝える

これらの行動を実践することで、相手の気持ちが少しずつ明らかになっていきます。

お互いの気持ちがわかれば、次なるステップへと進みやすくなるので、できることから行動にうつしていきましょう。

積極的に連絡を取り合う

好意のある既婚者同士が関係を進展させるためには、積極的に連絡を取り合うことが大切だといえます。

お互いの時間を共有することで、関係を深められるからです。

接点を増やすことで、お互いのことを考える時間が自然に増えていきます。

そのため、積極的に連絡をとることで、相手に自分を印象づけることができ、進展のきっかけになるのです。

たとえば、一日の終りにメッセージを送るところから始めましょう。

「おつかれさま」「今日も一日暑かったね」など、軽い感じを出していくことがポイントです。

最初から恋愛要素を出していくと、相手に引かれてしまう可能性があります。

日常会話を意識していくことで、徐々に仲を深めていけるのです。

慣れてきたら、休日の過ごし方を聞いてみるなど、相手の状況を少しずつ探っていきましょう。

連絡のやり取りが続けば、その後の進展が期待できます。

会えていないときでもお互いを意識する状況を作ることで、仲を深められるのです。

積極的に連絡を取り合い、関係の進展を目指しましょう。

2人の時間を作る

好意のある既婚者同士が関係を進展させるためには、2人だけの時間を作ることが有効的だといえます。

共有の時間を持つことで、より深い絆を形成し、お互いの理解を深めることができるからです。

2人の時間を作るのであれば、ランチやデートに誘うなど、直接的に会う時間を作りましょう。

大勢でいるよりも落ち着いて話ができるため、より関係性を深められるのです。

2人だけの時間が作れたら、家庭内の不満が出てきたり、相談し合ったりできますよね。

周りに人がいる環境で話しづらい深い話ができるようになるため、2人の時間を作ることで進展が望めるのです。

その時間が楽しいものになれば、次の約束が期待できます。

最初はランチだったとしても、一緒にいる時間が心地よいものとなれば、デートも受け入れてもらいやすいのです。

また、接点が増えることで単純接触効果が期待できます。

単純接触効果とは、接点が増えることで相手に対して好意や興味が出てくる心理の一つです。

そのため、できるだけ一緒にいる時間を増やして、あなたへの好意をさらに大きいものにしていきましょう。

相手の気持ちを探る

好意のある既婚者同士が関係を進展させるためには、相手の気持ちを探ることが必要だといえます。

相手がどういう関係を望んでいるかを把握できるからです。

関係を深めていくには、相手の気持ちが大切ですよね。

お互いが同じ思いを抱いていないと、進展が難しいのです。

相手の気持ちを探る方法として、不倫についての話題を会話の中に盛り込む方法があります。

不倫についてどう考えているのか、相手の気持ちが探れるからです。

ただし、あくまでも自分たちのことを話すのではなく「仮の話」として話題に入れることをおすすめします。

たとえば、不倫のドラマをネタにしてみると、相手の気持ちを探りやすいですよ。

CHECK!

  • 「今テレビでやっている〇〇ってドラマ見てる?」
  • 「見てるよ。不倫のやつでしょ?」
  • 「そうそう。実際に既婚者を好きになると、ドラマみたいに本当に気持ちを抑えられなくなるのかな」
  • 「どうだろうね。でも、好きになったら仕方ないのかもよ?」

このように、不倫をネタに話を広げることで、相手が不倫に対してどう考えているのかが見えてきます。

否定的な意見が返ってきたら「もし既婚者を好きになったとしたら、プラトニックな関係を望むってこと?」と、聞いてみましょう。

不倫に対して相手がどのように考えているかで、あなたへの気持ちや、今後の進展が期待できるのかどうかを探れます。

「プラトニックの関係を望む」という回答が返ってきたら、

「やっぱりドラマだから成立するんだよね。自分たちのような既婚者同士の恋愛は難しいよね」

と伝えてみましょう。

自分たちのことを意識させるきっかけを作れるうえに、重い空気が流れそうになっても「仮の話ね」と最後に付け加えることで、気まずい空気を避けられます。

お互いが好意を抱いていたとしても、相手が何を望むかがわからないと、関係を進められません。

相手の本心を知ることは、今後の関係性を深めていくうえで、大切なことなのです。

直接気持ちを伝える

好意のある既婚者同士が関係を進展させるためには、直接気持ちを伝えることが大切だといえます。

相手に自分の正直な気持ちを理解してもらえるからです。

本記事で関係性を進展させる方法を紹介しましたが、なかなか進展が望めなかったり、相手の気持ちが見えにくかったりと、スムーズにいかないこともありますよね。

本来であれば、お互いが既婚者であるため、慎重に進めていく必要があります。

しかし、相手との関係が進展しない場合は、直接的に伝えてみるのが効果的だといえるのです。

相手に気持ちを伝えることで、あなたの本気度を伝えることができ、相手が真剣に向き合ってくれます。

既婚者同士であるため、お互いの家庭を壊さないことを条件に進展させたいことを伝えれば、相手からの理解を得られやすいのです。

とはいえ、相手も自分の立場や家族のことを考えたときに、理性が働く可能性があります。

相手があなたとの進展を望んでいないケースもあるため、どのような答えが返ってきても受け入れる覚悟がある場合は、気持ちを伝えて相手の本心を確認しましょう。

W不倫をするうえでの注意点

既婚者同士の恋愛はリスクが多く、なにかとハードルの高い恋愛だといえます。

普通の恋愛と違い、バレてはいけない恋愛であることから、注意すべき点が多いからです。

常に四方八方に気を遣い、行動に慎重さが求められます。

思い通りにならないことも多く、決して楽しいだけの恋愛ではないのです。

しかし、好きになったら進展させたいという思いが強まり、その気持ちを大事にしていきたいですよね。

そういった人に向けて、W不倫をするうえで注意すべき点を紹介します。

CHECK!

  • 慎重に行動する
  • 相手のプライバシーを尊重する
  • 相手の考えを大切にする
  • 不倫のリスクを理解する

W不倫が成立した場合、これらのことに注意するだけで、長く付き合いを継続させられます。

注意点を理解したうえで進めていかないと、進展しても大きなトラブルに発展しやすいので、しっかりと理解をしておくことが大切です。

慎重に行動する

W不倫をするうえでは、 慎重に行動することが重要だといえます。

これは、行動が外部にもれることによる影響を最小限に抑えるためです。

SNSやメールのやりとりは、自身で削除しない限り残ってしまいますよね。

第三者の目に触れてしまう可能性が高く、W不倫がバレてしまう原因になりかねません。

たとえば、SNSは第三者の目に触れてしまうと、拡散されてしまうことがあります。

拡散されると、自身の投稿が大勢の人の目に止まり、SNS上でフォローし合っていない知人にもバレてしまう可能性があるのです。

一方で、メールは拡散されるということはありませんが、配偶者に見られてしまうケースがあります。

メールは便利なツールではありますが、不倫がバレた原因に挙げられることがあるほど、メールは危険なのです。

そのため、お互いが家庭持ちであることから、いつ配偶者に見られてもおかしくない状態だといえます。

W不倫をする場合は、あらかじめバレる要因となるものを排除していかないと、続けていくのが難しい関係性だといえるのです。

このように、お互いが既婚者である場合は、一つ一つの行動に慎重さが求められます。

不倫がバレないように、さまざまな方面で配慮をしていきながら進めて行く必要があるのです。

相手のプライバシーを尊重する

W不倫をするうえでは、相手のプライバシーを尊重することが必要だといえます。

相手があなたと安心して付き合うためです。

W不倫は、お互いが家庭持ちであるため、お互いの家族への配慮が欠かせません。

家族への配慮は、既婚者との関係を長く続けていくためには必要不可欠であり、相手のプライバシーを尊重することにもつながるのです。

特に気をつけたいのが「お互いが詮索しすぎないこと」だといえます。

詮索しすぎてしまうと、相手が負担に感じることも多く、関係を続けていくのがしんどいと思われてしまうのです。

お互いのプライバシーを壊してしまうような行動は、強いストレスを感じ、よい関係を築いていけません。

家族がいる身であることを理解し、心地よい関係を築いていくことが大切なのです。

また、連絡の頻度にも意識を向けましょう。

連絡が多いと、不倫の事実が配偶者にバレてしまう可能性が高まります。

毎日一緒に過ごしている配偶者であれば、パートナーのクセや行動をある程度は把握していますよね。

日常生活の中で普段はしていないような行動やちょっとした言動で、不倫を疑われやすくなるのです。

その一つが、連絡の頻度だといえます。

「最近スマートフォンによく通知がきてるな」「スマートフォンをテーブルに置かなくなったのはなぜだろう」など、怪しいと思われてしまうのです。

小さな行動の変化にパートナーが気づくと、不信感を持たれる原因になるため、連絡の頻度が多くなりすぎないようにしましょう。

このように、W不倫の場合、相手のプライバシーを尊重するような行動が求められます。

お互いのストレスにならないように、適度な距離感で関わることが大切なのです。

相手の考えを大切にする

W不倫をするうえでは、相手の考えを尊重することが大切だといえます。

お互いの信頼関係を維持するためには、重要なことだといえるからです。

W不倫は、お互いの価値観を大事にすることで、信頼関係をより深められます。

相手がどういう付き合い方を望んでいるのか、家族との関係をどうしたいかを理解して尊重することで、長期的な付き合いが可能になるのです。

W不倫は、求めていることや考え方の違いで、大きなトラブルに発展しかねません。

一番怖いのは、不倫がバレてしまうことですよね。

バレてしまうと、お互いの人生が大きく変わってしまうため、失敗が許されない恋愛だといえます。

そのため、相手の考えを大切にできない人は、不倫向きではないと判断できるのです。

このように、W不倫になった場合、相手の思いを汲み取って尊重することで、長期的な付き合いが実現します。

しかし、自分の意見だけを押し通す行為や自分勝手になるなど、よい流れを乱してしまうと相手にとって負担になりかねません。

あなたの言動によって、関係の継続が困難になるケースもあるので、注意をしましょう。

不倫のリスクを理解する

W不倫をするうえでは、不倫のリスクを理解することが重要だといえます。

不倫にはさまざまなリスクを伴うからです。

不倫のリスクはさまざまですが、特に精神的・経済的な負担が大きい傾向があります。

そのため、W不倫を望むのであれば、不倫のリスクを理解したうえで進めていかなければいけないのです。

不倫がバレることで、仕事や家庭に大きな影響を及ぼします。

信用をなくし、今まで築き上げてきたものがすべて崩壊する可能性が高いのです。

職場で不倫がバレてしまった場合、減給や異動、重い処分の場合は左遷や解雇がくだされることもあります。

異動や左遷で環境が変わっても「不倫をした」といううわさは広がって、移動先にも知れ渡っている可能性は十分にあるのです。

同じ会社に務め続ける場合は、周りから「不倫をした人」という白い目で見られ続けることになるため、精神的な苦痛は免れません。

解雇になった場合は、すべてを失います。

どれだけ仕事で好成績を残していたとしても、その頑張りを評価されることはなく、会社から追い出されるのです。

職を失えば収入がなくなり、年齢が上がるほど再就職は難しい傾向があります。

そのため、解雇になると人生が大幅に狂い、精神的にも経済的にも苦しい状況になるのです。

また、家族にバレてしまった場合、慰謝料が発生します。

慰謝料の相場は、数十万〜300万円ほどですが、W不倫の場合は通常の二倍の支払いを要求されることもあるのです。

自身が離婚した場合、配偶者から慰謝料の請求があるだけではなく、不倫相手の配偶者からも慰謝料を求められる可能性があります。

そのため、ちょっとした気の緩みから始まった不倫が、後に支払い地獄へと生活が一変するのです。

このように、不倫のリスクは非常に重く、人生を台無しにします。

家庭や仕事の環境が悪化する可能性や、慰謝料請求などの法的な問題に巻き込まれる可能性があるため、関係が進展する前に本当にそれでよいのか考える必要があるのです。

まとめ

今回は、お互い好意がある既婚者同士の心理と両思いのサインについて紹介しました。

既婚者同士は、第三者に恋心を抱いても、なかなか感情を表せません。

しかし、日常の行動を観察してみると、意外なところで好意が抑えきれずにもれていることがあるので、相手の行動をチェックしてみましょう。

もし、W不倫を望んでいる場合は、お互いが家庭持ちであることやリスクが多い恋愛であることを十分に理解する必要があります。

不倫は、失敗が許されない恋愛であるため、お互いの愛情だけで継続できる簡単な恋愛ではないのです。

W不倫があなたにとって本当に価値がある恋愛なのかを今一度考え、後悔しない選択をしてくださいね。

関連記事