不倫・既婚

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理と本気度診断

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「彼は浮気相手である私のこと本気で好きだって言ってくれてる。だけど、なんで離婚しないの?」

「不倫中の浮気相手である私のこと、本気で好きなのかな・・」

とお悩みの女性もいるのではないでしょうか。

言葉では本気で好きと言ってくれていても、離婚が進まないと不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、以下の内容について紹介していきます。

この記事でわかること

  • 浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理
  • 本気の浮気の特徴と本気度診断
  • 既婚男性を本気にさせる方法
  • 夫婦を離婚させる方法

不倫中の既婚男性との関係にお悩みの人は、この記事を読んで、相手の気持ちを理解し、次のステップに進めるよう参考にしてみてください。

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理

浮気相手に本気なのに、妻と離婚をする気配がないと、不安が募りますよね。

「本当は遊ばれているのかな」というネガティブな思いが強くなるばかりで、このまま関係を続けてもよいのか悩んでいる人も少なくありません。

浮気相手があなたに対して本気であることを伝えてくれていたとしても、どこまで信じたらよいのかわからず、このままでは気持ちが不安定な状態が続いてしまうのです。

まずは、既婚男性の正直な気持ちを知ることから始め、そのうえで、あなたがどうしたいのかを考えましょう。

そこで、浮気相手に本気なのに妻と別れない男性の心理について紹介します。

CHECK!

  • 家族への責任感・罪悪感
  • 安定を失うことへの恐怖
  • 子どもへの愛情
  • 社会的立場への影響
  • 経済的な不安
  • 妻への愛情が残っている
  • 不倫相手に本気ではない

既婚男性の心理がはっきりすることで、あなたと既婚男性の関係性を深めるヒントが得られます。

今後、どのような行動に移すべきなのかが明確になるので、まずは既婚男性の正直な気持ちを理解し、関係が進展できるように動いていきましょう。

家族への責任感・罪悪感

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理には、家族への責任感・罪悪感が影響しています。

家族を裏切ることに対する罪悪感から、妻との関係を続ける傾向があるからです。

結婚をしていると、どうしても家族との時間を優先せざるを得ません。

しかし、妻や子どもに対しての愛情が薄れている場合や、家族への罪悪感がないと、家庭よりも浮気相手を優先させる傾向があるのです。

既婚男性が家族への責任感や罪悪感がない場合の、行動例を挙げてみました。

CHECK!

  • 出張だと偽り、浮気相手と旅行に行く
  • 「会社の人と飲み会がある」妻に言っておきながら浮気相手と会う
  • 妻に構わず、連絡の頻度を上げる

もし、既婚男性がこのような行動をしてくれた場合、家庭よりもあなたが優先でいてくれている可能性が高いと考えられます。

リスクを背負ってでも、あなたと過ごす時間を大事にしたいと思っている気持ちが伝わるからです。

しかし、家族への責任感や罪悪感を抱いている場合は、なかなか時間を作ってもらえない傾向があります。

子どもの学校行事への参加や、家族との時間を優先している場合は、家族への夫や父親としての義務を果たそうとしているからです。

そのため、あなたへの気持ちが本気であることを既婚男性が示してくれていても、家族への罪悪感や責任感はそう簡単には消えません。

あなたとの関係を解消するつもりではなくても、夫・父親としての最低限のことはこなそうとしているのです。

安定を失うことへの恐怖

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理には、安定を失うことへの恐怖が挙げられます。

離婚をしようとすることは、現在の安定した生活を大きく壊すことであるからです。

離婚は、経済的な問題、妻との協議、子どもとの関係などに大きな影響を与えます。

これまでの安定を失い、さまざまな負担が生じることを恐れている可能性があるのです。

たとえば、離婚をすることで慰謝料・養育費などの高額な請求がある可能性があります。

慰謝料の相場は数十万〜300万ほどだといわれており、状況によってはそれ以上になることもあり得るのです。

もし、浮気がバレてからの離婚であれば、慰謝料ははね上がり、既婚男性の行いがそのまま高額請求となって返ってきます。

慰謝料の額にもよりますが、大抵は一度で払えるほどの金額は提示してきません。

慰謝料地獄は払い終わるまで続くため、経済的に苦しくなるとわかっている既婚男性は、妻と別れる決断ができないのです。

養育費は、金額や支払う期間によっては慰謝料よりも高額になり、苦しい状況が何年も続きます。

養育費の相場は4〜6万ですが、子どもの人数や年齢によってはさらに上がるのです。

現在の子どもの年齢によっては、十年以上支払いが続くこともあります。

そのため、離婚をしても経済的に豊かで安定した生活は送れず、デメリットが大きいと感じるのです。

また、離婚をするとなると、妻との協議が免れられません。

基本的に、双方が納得しないと離婚は成立しないため、長期戦になることも多く、精神的な負担が長引きます。

子どもの親権問題や面会など、子どもへの配慮をしながら進めていく必要があるため、常に心は不安定なのです。

このように、離婚をすることで経済面・精神面で安定を失います。

現在の生活が大きく崩れてしまう可能性が大きく、なかなか離婚に踏み切れない可能性があるのです。

子どもへの愛情

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理を左右する重要な要素の一つが、子どもへの思いだといえます。

子どもへの愛情や、子どもが両親の離婚によって経験するであろうストレスを考えると、男性は妻との関係を続けることを選択せざるを得ないのです。

子どもへの愛情が深いと、そう簡単に離婚を決断できません。

単に、子どもと離れた生活が考えられないという理由も考えられますが、それ以外にも愛情が深いが故に離婚が決断できない理由があります。

CHECK!

  • 子どもの成長を見届けたい
  • 親権についての話合いなど、見苦しい姿を見せたくない
  • 片親になることで、経済的な不安定が予想され、満足な生活をさせてあげられない

このように、子どもへの愛情が深いと、子どもの幸せを一番に考えてしまうのです。

離婚を切り出すと、奥さんが子どもの親権を譲らない可能性もあり、子どもと暮らせなくなる可能性も十分にあります。

そのため、あなたのことが好きでも、なかなか別れを決断できないのです。

また、両親の離婚によって、子どもに大きなストレスを与える可能性があります。

片親になることへの不安や、寂しさを考えると「両親がそろっていたほうが子どものためになる」と考えているのです。

離婚をしても、実の親であることには変わりません。

子どもに精神的な負担を与えないように、頻繁に会ったり、離婚をしても学校行事に参加をしたりして、親が子どもへ配慮をすることが大切だといえます。

しかし、離婚後の面会や学校行事の参加は、既婚男性の意思だけで決められることではなく、妻が猛反対をしたら子ども心のケアが難しくなるのです。

このように、子どもへの愛情の深さや精神的な影響を考えると、離婚を簡単には決断できない傾向があります。

離婚をすることで子どもにつらい思いをさせてしまうと思うと、離婚を決断する覚悟が持てないのです。

社会的立場への影響

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理には、社会的な影響が大きく関わっています。

男性は社会的な評価や周囲からの視線を気にする傾向があり、それが原因で妻との関係を続けることを選ぶことがあるからです。

男性は、仕事に力を入れている人が多く、今まで積み上げてきたものを崩したくはありません。

昔に比べて現在では、離婚に対してネガティブな印象を持つ人や、珍しいと感じる人は減少傾向にあります。

しかし、決して離婚自体がポジティブな印象に変わってきているとも言い難く、仕事や日常生活に影響を及ぼす可能性がゼロではないのです。

会社の人に離婚がバレると「〇〇さん離婚したみたいだね」「不倫をしてたってうわさも流れてるよ」など、既婚男性が知らないところで話の話題として出ることがあります。

真実ではないことでも、本当にあったことのように人の耳に入るのがうわさです。

既婚男性は、離婚が公になることで社内での立場が悪くなり、白い目で見られている気がして落ち着きません。

その状態が続くと、出勤するだけでも気持ちが沈み、人間関係に影響が出てしまう可能性があるのです。

また、地域社会での評価を気にして、離婚に踏み切れないケースもあります。

近所や子どもの学校などに知られてしまうと、それだけで生活がしにくいのです。

また、離婚をすると、子どもの学校行事に参加をしたときに、周りの人たちからさまざまなことを思われる可能性があります。

「〇〇ちゃんのパパ、学校行事のときは来るんだね」「離婚すると、こういうときにしか子どもはパパと会えなくてかわいそう」など、離婚が原因でさまざまなうわさや憶測が広がるのです。

学校行事に参加をするのは子どものためだとは言え、既婚男性からすれば、周りからの目が気になり、苦痛な時間だといえます。

このようなことを考えると、自分の立場が悪くなり、仕事や日常生活がしにくくなるため、離婚だけは避けたいと考えているのです。

経済的な不安

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理において、経済的な不安が挙げられます。

離婚は通常、財産分割や養育費などの経済的な負担を伴うからです。

本記事の「安定を失うことへの恐怖」でもかるく触れましたが、経済的な不安は拭えません。

支払いが終わるまでの期間を考えると気が遠くなり、新しい生活にも大きく影響を及ぼすのです。

そこで、離婚をしたときに、何がいくらかかるか、金額の相場を簡単にまとめてみました。

CHECK!

  • 慰謝料:数十万〜300万円
  • 解決金:数十万〜300万円
  • 養育費:4〜6万円
  • 財産分与:半分

最低でも、このくらいはかかると思っておきましょう。

なかでも、養育費は子どもの成長具合によって支払期間が大きく変わり、長期的にかかる場合があります。

子どもの年齢にもよりますが、すべての支払いが終わるまでに年単位でかかるのです。

もし、夫婦同士の話し合いでは解決しなかった場合、さらに弁護士費用や裁判費用などがかかります。

離婚は、経済的に余裕がないと、そう簡単には決断ができないのです。

このように、経済的な不安があると、あなたに対して深い愛情があっても「好き」という気持ちだけでは安易に離婚を決められません。

離婚後の新生活にも大きな影響が出るのをわかり切っているため、現状維持を望んでいる可能性が高いのです。

妻への愛情が残っている

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理として、妻への愛情も無視できない要素の一つだといえます。

浮気相手に対して感じる強い感情とは別に、男性は長い間ともに生活を共有してきた妻への愛情を、感じていることがあるからです。

あなたへの愛情が確かなものでも、妻への愛情が消えていなければ、婚姻関係を解消できません。

あなたとの不倫関係の継続を望みつつも、妻への思いが残っている場合は離婚を考えていないのです。

結婚生活が長いと、なかなか離婚に踏み切れない傾向があります。

長い間、お互いを支え合い、一緒に過ごしてきたからこそ、妻に対しての特別な感情があるのです。

もしかすると、既婚男性が妻に抱いている思いは「愛情」よりも「情」に近い可能性があります。

しかし、既婚男性にとって妻は、一度は愛した女性であることには変わりがありません。

妻に対して離婚を考えるほどのネガティブな感情がなく、離婚の決定的な理由が家族への不満ではないため、既婚男性は現状のままで十分だと感じているのです。

このように、妻への愛情が残っている場合、浮気相手が好きであっても、離婚まで踏み切れないケースは多い傾向があります。

妻への思いがある以上、あなたへの愛情が深くても、離婚をする理由にはならないのです。

不倫相手に本気ではない

浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理には、実は不倫相手に本気ではないという事情もあります。

男性は時として、新鮮さや刺激を求めて浮気をすることがありますが、それは一時的な欲求であり、不倫相手への深い感情とは限らないからです。

あなたと不倫を続けているということは、何かしらの理由で、今後も今の関係を続けたいと感じています。

しかし、不倫関係を解消しない理由が、必ずしもあなたへの愛情があるとはいえず、なかには遊びである可能性があるのです。

言葉では、本気だと言ってくれているかもしれませんが、いくらでも言えます。

遊びであっても、あなたとの関係を継続させたい場合は、言葉で愛情表現をして、あなたが自分から離れていかないようにつなぎ止める手段でしかないのです。

また、あなたが遊びであった場合、不倫相手が一人ではない可能性もあります。

結婚をしていながら、人の心をもて遊んでいるような男性は、あなた以外にも不倫相手がいる可能性が十分に考えられるのです。

そのため、不倫相手に本気になりすぎると、あなたがつらい思いをします。

既婚男性からの愛情が怪しいと感じたら、あなたから関係を断つことを含め、今後のことを考えたほうがよいといえるのです。

もし、不安が消えないようであれば、次項で「本気の浮気の特徴と本気度診断」を紹介しています。

既婚男性の行動と照らし合わせて、あなたへの本気度を探ってみてくださいね。

本気の浮気の特徴と本気度診断

既婚男性と不倫関係になると「私のことを本当に好きなのかな」「遊ばれていたらどうしよう」など、常に不安がある人も多いのではないでしょうか。

言葉で愛情を伝えてくれていたとしても、言われたときは心が満たされますが、心のどこかで既婚男性を疑っている人も少なくありません。

その多くは、既婚男性が離婚に踏み切ってくれないからです。

しかし、なかなか離婚をしてくれなくても、既婚男性の行動を見れば、あなたへの思いが本気であるかどうかがわかるのです。

そこで、本気の浮気の特徴と本気度診断を紹介します。

CHECK!

  • 時間をどれだけ使ってくれるか
  • 友人に紹介してくれるか
  • 将来について話しをするか
  • 言動と行動が一致しているか
  • 体の関係がなくても一緒にいてくれるか

既婚男性がこのような行動に当てはまるのであれば、あなたへの気持ちが深く、本気である可能性が高いといえます。

当てはまる項目が少なかったとしても、次のステップに進むための対策を考えられるので、既婚男性の本心を知ることは大切です。

あなたに対する本気度をチェックして、今後どのようにこの恋愛を進めていくべきなのかを参考にしましょう。

時間をどれだけ使ってくれるか

本気の浮気の特徴と本気度を診断する方法の一つに、相手が自分にどれだけの時間を使ってくれるかという観点があります。

家族よりも優先して時間を作ってくれるかで、相手の本気度がわかるからです。

一般的に、既婚男性が不倫をしている場合、家庭を優先にしている傾向があります。

不倫相手を優先にしていると、不倫がバレてしまうリスクがあるため、家族に疑われるような行動を避けようとするからです。

不倫がバレることで、あなたとの関係が解消するだけではなく、家庭まで崩壊します。

既婚男性にとって不倫は、すべてを失いかねないので、あなたと過ごす時間の確保は二の次になりやすいのです。

しかし、そういったなかでもあなたを優先にし、多くの時間を使ってくれる場合は、本気度が高いといえます。

言い換えれば、既婚男性から「リスクを犯してでもあなたに会いたい」と思われているということです。

以下の行動は、あなたへの本気度が高い場合の行動例になるので、ご覧ください。

CHECK!

  • 仕事の帰りに会う時間を作ってくれる
  • 連絡の頻度が高い
  • スキマ時間でも会ってくれる
  • お泊まりをしてくれる

このような行動は、どれもリスクが高く、できれば控えたほうがよいとされる行動ばかりです。

しかし、いつバレるかもしれない状況のなかでも、あなたとの時間を多く作ってくれる場合は、あなたへの本気度は高いと判断できます。

離婚が難しい状況であっても、決してあなたへの思いがないわけではなく、しっかりと強い気持ちを持ってくれているのです。

友人に紹介してくれるか

本気の浮気の特徴と本気度を診断する方法において、相手が自分を友人に紹介してくれるかどうかは重要だといえます。

既婚男性は、自身の大切な人々に認知してもらいたいという意思の表れだからです。

一般的な恋愛であれば、友人に紹介することはよくある話ですよね。

しかし、不倫関係である以上、そうはいきません。

友人に紹介をすることは、不倫をバラしているのと同じことであり、リスクが高いといえるのです。

友人に不倫を知られてしまったら、いつ、どこでバラされるかわかりません。

そのため、あなたを友人に紹介することは、非常に危険な行動なのです。

しかし、不倫という隠すべき恋愛でありながら、あなたを友人に紹介してくれるというのは、離婚してその先まで考えてくれている証拠だと捉えることができます。

あなたへの思いが真剣であるからこその行動であり、既婚男性は不倫が広まる可能性があることよりも、あなたに対しての誠実な思いを貫いているのです。

このように、既婚男性があなたのことを友人に紹介をしてくれた場合、本気度が高いと判断ができます。

あなたへの思いが強いからこそ、将来を見据えた付き合いをしていると考えられ、すぐに離婚が難しいにせよ、あなたとの未来を視野に入れている可能性が高いのです。

将来について話しをするか

本気の浮気の特徴と本気度を診断する方法として、相手が自分との将来について話をしてくれるかどうかも、重要な判断材料になるといえます。

本気でない相手とは将来の話はしたがらないものだからです。

将来を考えていない人に具体的なことを話すと、面倒な状況になってしまう可能性があり、厄介になることが想像できます。

そのため、2人の将来について話すことは、気持ちがかたまっていないと簡単にできることではないのです。

本気ではない相手に深い話をすることは、極めて危険だといえます。

将来についての話は、離婚を匂わせる話題の一つでもあり、あなたも期待をしてしまいますよね。

「将来的に一緒になれる」「奥さんとの離婚を考えてくれている」と、勘違いを引き起こす可能性が高いため、その場しのぎでできる話ではありません。

安易に将来の話をしてしまうと、後日あなたから「いつ一緒になれるの?」と具体的なことを聞かれる可能性があります。

将来の話は、既婚男性にとって自ら首を絞めるうえに、うそを重ねることになるため、本気ではない相手には将来を匂わすような話をできないのです。

既婚男性が将来の話をしてくる場合、離婚を前向きに考えている可能性も高く、あなたへの気持ちが本気であることを示しています。

あなたとの将来を真剣に考えているからこそ話題に出せる内容であり、離婚に向けて準備を進めているケースも否定はできません。

しかし、あなたへの気持ちが本気だとわかったとしても、離婚を急かさずに既婚男性を側で支えてあげることが大切です。

どこまで離婚の話が進んでいるかや、具体的な日程が分からなくても、離婚を催促するのはやめましょう。

言動と行動が一致しているか

本気の浮気の特徴と本気度を診断する方法において、相手の言動と行動が一致しているかどうかは、その人の真剣さを示す大切な指標だといえます。

口だけでなく行動も伴っている場合は、信用できるからです。

既婚男性が口だけなのか、有言実行なのかをチェックしてみましょう。

たとえば、口では離婚すると言っていても、全く行動に起こさない既婚男性は、本気度が低いと考えられるのです。

しかし、なかには離婚が難航していて、思うように進んでいないケースもあります。

そのため「離婚をなかなかしてくれない=言動と行動が一致していない」と思わず「離婚に向けて、しっかりと行動に移してくれているか」で判断をしましょう。

離婚に向けて動いてくれている場合、以下のような行動が見られます。

CHECK!

  • 弁護士に相談をしている
  • 妻との話し合いの進捗情報を報告してくれている
  • 別れさせ屋に依頼をしている
  • 離婚後の新居のめどをつけている

このような行動を起こしてくれている場合、言動と行動が一致しているといえるため、あなたに対する本気度が高いといえます。

既婚男性が、具体的な行動を起こしているかをあなたに伝えてくれている場合は、安心させようとあなたへの配慮である可能性があるのです。

離婚は、妻との話し合いがスムーズにいかず、長期戦になることも十分にあります。

そのため、離婚が成立していない状態が長く続いても、しっかりと行動にうつしてくれているのであれば、あなたへの思いの強さが表れている証拠なのです。

体の関係がなくても一緒にいてくれるか

本気の浮気の特徴と本気度を診断する方法として、相手が体の関係がなくても一緒にいてくれるかどうかが重要な指標だといえます。

体の関係がなくても一緒にいてくれる相手は、自分自身に興味があり、一緒に時間を過ごすこと自体を楽しんでいると考えられるからです。

不倫をしている既婚男性の多くは、体の関係を目的としています。

会うたびに肉体関係を求めてくるような男性は、体の関係を重視している可能性が高く、本気度は低いといえるのです。

この場合は、遊びで付き合っているケースもあり、肉体関係になることに対してあなたが断ったら、関係が終わる場合もゼロではありません。

このような男性は、あなたの気持ちよりも自分の欲を満たすことだけを考えており、快楽を求めています。

言い換えれば、欲が満たされたらすぐに解散し、欲求不満になったら都合よく呼び出してくる可能性があるのです。

もし、体の関係がなくても一緒にいてくれる場合は、あなたに好意を抱いていると考えられます。

結婚している以上、不倫関係であることには変わりがありません。

しかし、普通の恋人のように、肉体関係がなくても楽しい時間を過ごしてくれる場合は、体の関係を重視した付き合いではないといえるのです。

このように、体の関係がなくても一緒にいてくれる既婚男性は、あなたへの思いが本物であると判断できます。

具体的な離婚の話が出ていなかったとしても、あなたへの気持ちにうそはなく、大切にしたいと考えているのです。

既婚男性を本気にさせる方法

既婚男性は、不倫相手に対して、心のよりどころだと感じている人が多くいます。

しかし、その多くは「不倫相手」という立場であることから優先順位が低く、後回しにされがちなのも否めません。

不倫相手が優先されないのには、明確な理由があります。

それは、既婚男性が不倫をバレるのを恐れているからです。

不倫がバレてしまうと、経済的・精神的なダメージが大きく、家庭と不倫の両方を失う可能性が高い傾向があります。

そのため、バレない程度に楽しく、うまくバランスを取りながら関係を維持しているのです。

しかし、そのような既婚男性の対応に、あなたは満足できませんよね。

「私に本気になってほしい」「さらに深い関係になりたい」と思ってしまうのも無理はありません。

どのような関係であれ、縁があって2人は今の関係にたどり着いたのです。

「このまま不倫相手で終わらせたくない」という強い気持ちが湧き出てくるのも、仕方がないことだといえます。

そこで、既婚男性を本気にさせるための有効的な方法を下記にまとめてみました。

CHECK!

  • 自分に本気にさせる
  • 離婚しやすい環境を作る
  • 離婚のきっかけを作る
  • 離婚後の経済的な不安を解消する
  • 社会的評価への対策をする
  • 家族への罪悪感を薄れさせる
  • 彼にとって理想的な未来を想像させる
  • 一緒になりたいという気持ちを伝える

このような行動を意識することで、既婚男性の気持ちがあなたに徐々に向いていきます。

最終的には、既婚男性があなたに本気になり、家庭よりもあなたの優先順位が高くなっていくのです。

既婚男性を本気にさせたいのであれば、さりげなく気持ちがあなたに向くように誘導させましょう。

参考記事:夫婦を別れさせる方法!離婚させたい夫婦がいるあなたに

参考記事:略奪婚を成功させる方法

夫婦を離婚させる方法

既婚男性は、不倫をしてもなかなか離婚への決心がつかないものですよね。

離婚はリスクが大きく、人生が大きく変わるため、そう簡単には決められません。

自分だけではなく、奥さんや子どもの人生を狂わしてしまうと思うと、安易に決断できることではないのです。

また、リスクのほかにも家族への愛情が残っているケースも多く、現在の状況を手放せずにいる既婚男性も少なくありません。

長い間人生をともにしてきた相手であるからこそ、家族は簡単にきれてしまうような浅い関係ではないのです。

しかし、不倫関係に発展すれば、どちらかが本気になってしまうことも想定できたはずですよね。

不倫は、お互いが割り切った関係でつながっていられるわけではないのです。

そういった状況をわかっていながら不倫関係になった以上、あなたは気持ちを止められず、既婚男性の離婚を願ってしまうのも仕方がないことだといえます。

深い関係になるほど、関係を築いた当初と気持ちに変化があるのは珍しいことではなく、当たり前なのです。

そこで、既婚男性を本気にさせる方法を紹介するので、以下をご覧ください。

CHECK!

  • 自分に本気にさせる
  • 離婚しやすい環境を作る
  • 離婚のきっかけを作る
  • 離婚後の経済的な不安を解消する
  • 社会的評価への対策をする
  • 家族への罪悪感を薄れさせる
  • 彼にとって理想的な未来を想像させる
  • 一緒になりたいという気持ちを伝える

参考記事:夫婦を別れさせる方法!離婚させたい夫婦がいるあなたに

参考記事:略奪婚を成功させる方法

このような行動は、夫婦を離婚させたい場合に効果的です。

既婚男性の気持ちを引き寄せてあなたを本気にさせ、そのまま離婚へと意識を向かせていきましょう。

そうすることで、自然な流れであなたとの距離がぐっと縮まり、妻との離婚を前向きに考えるようになるのです。

まとめ

今回は、浮気相手に本気なのに妻と別れない男性心理と、本気度診断について紹介しました。

相手は既婚者という立場である以上、あなたへの思いが確かなものであっても、離婚という流れにはなりにくい傾向があります。

離婚は人生が大きく変わるほどの重要なことであり、すでに築き上げてきた家庭を、そう簡単に手放す決意ができないのです。

しかし、あなたへの思いがしっかりとあれば、既婚男性を離婚に導くことは決して不可能性はありません。

長い時間をかけて、焦らずにゆっくりと既婚男性の心を引き寄せ、離婚に導きましょう。

関連記事