復縁

元旦那を忘れる方法!離婚後に元旦那のことが忘れられない場合の対処法

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「元旦那のことが忘れられない・・・」

「離婚した元旦那が忘れられなくて苦しい・・。吹っ切る方法が知りたい」

とお悩みの女性もいるのではないでしょうか。

離婚したからといって、好きだった相手のことを簡単に忘れることは難しいですよね。

しかし、その思いをいつまでも引きずるのはつらいため、どうにかして吹っ切りたいものです。

そこでこの記事では、離婚後に元旦那を忘れられない人に向けて、忘れるための方法を紹介しています。

また、元旦那があなたに未練があるかを確かめる方法も紹介しているので、今後の自分の方向性を決めるうえで参考にしてみてください。

元旦那を忘れる方法

離婚をしても、なかなか元旦那に対する思いが消えず、悩んでいる人が一定数います。

お互いが納得して別れたはずなのに、後になって未練が押し寄せてくるケースも少なくはありません。

無理に忘れようするほど苦しくなるばかりで、元旦那が頭から離れずにつらいと感じてしまうのです。

そこで、元旦那を忘れる方法について紹介します。

この記事でわかること

  • 新しい出会いを探す
  • 趣味や仕事に打ち込む
  • 友人と話す
  • 相手の嫌なところを思い出す
  • 幸せな将来を想像する
  • 時間が解決してくれるのを待つ

このような行動を意識することで、元旦那への未練が薄れる効果が期待でき、前に進めるきっかけが作れます。

元旦那を忘れられない人は、自分から行動することで苦しい状況から抜け出せるので、ぜひ参考にしてくださいね。

新しい出会いを探す

新しい出会いを探すことは、離婚した元旦那を忘れる有効な手段だといえます。

元旦那以外に好意を向けることができれば、自然と忘れられるからです。

元旦那を忘れられない背景には、元旦那に依存をしてしまったり、ほかに頼る人がいないということが挙げられます。

そのため、新たな出会いにより頼れる存在ができれば、未練を断ち切れるようになるのです。

新たな恋愛に目を向ける方法はたくさんありますが、いくつか紹介します。

CHECK!

  • 友人や知人の紹介
  • 婚活パーティーへの参加
  • 社会人サークルへの入会
  • ボランティア活動に参加
  • 習い事を始める

新しい出会いを求める場合、まずは多くの人と接点を持つことが大切だといえます。

友人や知人など、信頼している人からの紹介であれば、安心できますよね。

紹介される前に、友人や知人が「この人なら〇〇さんに紹介しても大丈夫」という思いがあってこそなので、よい人と出会える可能性が高いのです。

また、それ以外の4項目についても、新しい出会いが期待できます。

とはいえ、なかには自分の知らない人ばかりがいる空間に行くこと自体に抵抗がある人もいますよね。

しかし、そのコミュニティに参加している人たちは、同じ目的であることを忘れてはいけません。

婚活パーティーに参加している人は、結婚を前提とする付き合いができる人を探している人が大半です。

社会人サークルやボランティア、習い事についても同様のことがいえます。

同じ目的で参加をしている人たちであれば、初対面でも話す内容に困りません。

仲を深めやすい環境が整っているため、新しい出会いにつながりやすいのです。

趣味や仕事に打ち込む

趣味や仕事に打ち込むことも、元旦那を忘れるための効果的な手段だといえます。

趣味や仕事に集中することで、心の中に存在する元旦那のことを考える機会を減らせるからです。

好きなことに熱中していると、そのことだけで頭がいっぱいになり、楽しい時間が過ごせます。

元旦那のことを考えずに過ごせれば、徐々に未練が薄れていくので、趣味や好きなことに割く時間を増やしていきましょう。

趣味で料理教室に通っている場合、そこの生徒と仲良くなるチャンスができますよね。

料理の勉強もしつつ、同じように料理教室に通っている生徒との仲を深められるので、一石二鳥なのです。

最近では、料理ができる男性も多く「料理教室は女性が通う場所」という認識が薄れつつあります。

そのため、男性が参加している場合もあるため、趣味に打ち込むことは新しい恋愛にもつながりやすいのです。

また、仕事に打ち込むことも、あなたにとってプラスに働きます。

元旦那のことを忘れるための手段ではありますが、仕事に打ち込むことでスピードが上がり、それによって社内での評価も一気に上がるのです。

評価が上がれば、給料や昇進につながる可能性もあり、結果的に仕事のモチベーションが上がりやすいといえます。

趣味と同様、仕事に集中することで恋愛にもつながりやすいので、意欲的に仕事に打ち込みましょう。

「〇〇さんってあんなに仕事ができる人だったけ?」「最近の〇〇さん、頑張ってるよね」など、よい意味でイメージを変えられるのです。

今まで、あなたを何とも思っていなかった異性から、注目をされるきっかけが作れます。

周囲の人たちがあなたに意識を向けるようになるため、仕事への情熱は恋愛でもよい方向に進みやすいのです。

このように、趣味や仕事に打ち込むことで、元旦那への思いを薄れさせる効果が期待できます。

場合によっては、次の恋愛に進むきっかけになることもあるので、一度元旦那から離れて趣味や仕事に集中して取り組みましょう。

友人と話す

友人と話すことは、離婚した元旦那を忘れる助けになることがあります。

話すことで気持ちがラクになったり、客観的な意見で自分の現状と向き合えたりするからです。

悩みや不安は、誰かに吐き出すことで心が軽くなる傾向があります。

共感をしてもらえたり、ストレスから解放されるケースがあるからです。

第三者からの共感は、安心感を覚え、自分に味方がいることを実感できます。

自分のつらさを理解してもらえるだけで、心の中にあるモヤモヤやしんどいと感じる気持ちが薄れるのです。

精神的な負担が軽減され、下がり気味な気持ちが上向きになる効果もあるので、どんどん吐き出していきましょう。

また、友人に話すことで、アドバイスがもらえる可能性があります。

第三者は物事を客観的に捉えて判断ができるため、あなたが気づけなかった改善点が見つかる可能性があるのです。

改善点がわかれば、これからどのように行動すべきなのか、大きなヒントが得られます。

自分だけで考え込んでいたら出てこなかったような的確なアドバイスによって、前に進むきっかけがもらえるのです。

仮に、あなたにとってよいアドバイスがもらえなくても、話を聞いてもらえるだけで、心が落ち着きます。

心の回復が早いほど元旦那への執着が消え、新しい恋愛へに進もうと、気持ちが自然に前を向いていきますよ。

このように、悩みやつらいことがあったら、遠慮せずに言葉にして吐き出しましょう。

友人に聞いてもらえれば、それだけあなたの気持ちがラクになり、元旦那への思いが徐々に薄れていくのです。

相手の嫌なところを思い出す

元旦那の嫌なところを思い出すことは、彼を忘れるための有効な戦略だといえます。

元旦那の悪いところを思い出すことで、離婚が正解だったと思えるからです。

別れた人に対して未練を抱く場合の多くは、楽しかったことや、よい思い出ばかりを思い出してしまうケースが大半だといえます。

しっかりと別れを受け入れていると「懐かしい思い出」として処理できますが、未練があるとそうもいきません。

思い出すたびに、別れたことへの後悔や復縁を願う気持ちが強くなるのです。

元旦那のことを忘れるためには、相手の嫌なところを思い出すようにしましょう。

離婚の原因がどちらにあった場合でも、相手の嫌なところを思い出すことで「離婚したことが正解だった」と元旦那への気持ちを見つめ直せるからです。

離婚をした理由はさまざまですが、何かしらの不満があったからですよね。

どうしてもあなたが元旦那に対して譲れない部分があったからこそ、別れを決意し、離婚に至ったのです。

金銭感覚の違い、性格の不一致、不倫など、なぜ別れたのかを改めて考えてみましょう。

悪いことばかりが頭に浮かべば、元旦那への思いも少しずつ薄れ、離婚したことへの未練がなくなっていくのです。

もし、元旦那から告げられた別れであっても、時間をかけて悩んだ結果、一度は別れを受け入れています。

「本当は好きだったけど、別れを告げられたから素直に受け入れた」というように、自分の意思に関係なく、相手の判断にすべてを委ねる人はそう多くはないはずです。

あなたにも元旦那の嫌な部分で思い当たることがあったからこそ、離婚を受け入れ、今の道を選んでいます。

離婚に至った経緯を思い出し、自分の判断が間違っていなかったことを再確認することが大切なのです。

このように、相手の嫌なところを思い出すことで、好意を薄れさせる効果が期待できます。

離婚に至った経緯をもう一度よく考え、自分が下した決断に自信を持ちましょう。

幸せな将来を想像する

幸せな将来を想像することは、元旦那を忘れ、前に進む力となることがあります。

元旦那と離婚したことで、新たな幸せを得られる可能性ができたと思えるようになるからです。

離婚をすると未練が残りがちですが「もし、このまま婚姻生活を続けていたら・・・」を考えてみましょう。

離婚をした原因が元旦那の暴力だとしたら、苦痛と我慢が永遠に続きますよね。

そのため、未練で押しつぶされそうになっても、あなたの判断は間違っていないのです。

元旦那を忘れるためには、幸せな将来を想像してみましょう。

これから待っている未来に期待を寄せて、新しい生活に希望を持つことが大切なのです。

未来に向けて明るく、ポジティブな思考でいるように心がけるように意識をし、決して離婚を決断した自分を責めてはいけません。

「好きな人と結婚して一軒家に住みたい」「新しい旦那さんとの子どもは◯人ほしい」など、どんなことでもいいのです。

離婚したことで、幸せな将来が訪れる可能性は無限に広がります。

自ら幸せになるチャンスをつぶす必要はないのです。

新しい恋人との出会いや将来の旦那との楽しい生活など、幸せな将来を思い描くことが、前に進むための大きな一歩だといえます。

また、元旦那に離婚の原因があった場合は、その悩みがなくなったことで、子どもにも幸せな未来が訪れることを想像しましょう。

復縁をしたら、うまくいかずに夫婦げんかが絶えない日々が続くケースも否定はできません。

元旦那が子どもに対して優しく接していたとしても、両親のけんかは子どもにとってはストレスです。

子どもが大人になっても「毎日のように親がけんかをしていた」という、ネガティブな記憶として子どもの中に残ってしまう可能性があります。

夫婦仲は、子どもの幸せに大きな影響を与えるのです。

このように、幸せな将来を想像することで「離婚は間違っていなかった」と思えるように思考が変わります。

未練を抱き続けていても現状は変えられないため、新しく迎える幸せな未来に向けて、思考と行動を変えていく必要があるのです。

時間が解決してくれるのを待つ

元旦那が忘れられない場合、時間が解決してくれることを待つことも大切だといえます。

時間がたつことで、感情が薄れていくからです。

人間は、時間の経過とともに感情が鈍化する特性をもっています。

心理学における「適応レベル現象」や「ヘドニックトレッドミル」に関連し、人間が長期的に見て大きな幸せや不幸を感じ続けることは難しいのです。

適応レベル現象とは、現実と期待の差を埋めるために、前向きに環境を変えようとすることを指します。

ヘドニックトレッドミルは幸せが長続きしないことを表しており、言い換えれば「一時的に幸せに感じてもその感覚に慣れると幸福感が薄れる」ということです。

結局は、幸せで心が満たされても、その感情は一定の基準レベルに戻るといわれています。

現在がつらくても、時間の経過とともにその未練は次第に薄れるというわけです。

離婚をしたら、しばらくの間は物事が手につかなかったり、未練で心が苦しくなってしまいます。

そういったときこそ気晴らしに旅行に行ったり、好きなことでリフレッシュしたりして過ごしましょう。

日々の生活に楽しいと思えることを取り入れていくだけで、自然に心が癒えていきます。

気づいたときには元旦那への執着が消え、過去の結婚生活がよい思い出として頭の中で処理されているのです。

このように、元旦那②未練がある場合は無理に忘れようとせず、好きなことをして楽しく過ごすことに意識を向けましょう。

そうすることで、自然に元旦那への感情が薄れ、つらさが徐々に軽減されていくのです。

元旦那の未練のサイン

離婚をした後、元旦那があなたに対してどのような感情を抱いているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

あなたに未練があっても、元旦那の本心がわからないと、心のなかでモヤモヤが続くばかりですよね。

もし、元旦那があなたに未練があったとする場合、共通のサインを出してきます。

元旦那があなたに対して未練があるなら復縁の道を検討ができますが、未練がなければ諦めるきっかけになるため、しっかりと見極めるための材料になるのです。

そこで、元旦那の未練のサインについて紹介します。

CHECK!

  • 頻繁に連絡がある
  • あなたや子どもの近況を尋ねてくる
  • 謝罪や改善の意志を示す
  • 感情的に接してくる

元旦那の行動がこれらに当てはまる場合、あなたに対して未練がある可能性が高いといえます。

日頃の何気ない言動に、あなたに対する特別な意味が込められている可能性があるため、しっかりと見極めて元旦那の本心を探っていきましょう。

頻繁に連絡がある

元旦那が頻繁に連絡をしてくるのは、元妻に対する未練の一つのサインだといえます。

離婚後も頻繁に連絡をとる行動は、相手への思いがまだ続いている可能性があるからです。

離婚後なのにも関わらず、頻繁に連絡をしてくる場合は「あなたとのつながりを大事にしたい」と考えている傾向があります。

もし、離婚後に連絡が途切れてしまったら、このまま疎遠になってしまう可能性もゼロではありません。

離婚をするということは、どちらかに不満があり、一緒に生活をしていくことが難しくなったからですよね。

とはいえ、未練がある人にとっては、唯一のつながりである連絡のやりとりがなくなることを恐れているため、自分から連絡を送っているのです。

そもそも、興味・関心がなければ頻繁に連絡をしてきません。

連絡が頻繁にある場合は、あなたとの婚姻生活を過去の思い出として処理しきれていないのです。

このような男性は、食事などのアプローチをするタイミングを狙っています。

あなたの反応を見て自分に未練があると感じ取れたら、次のステップに進もうと計画をしている可能性は十分にあるのです。

頻繁に連絡のやり取りをしていれば、あなたが元旦那のことを考える機会が増えるため、自分のことを忘れられずにすむとも考えています。

常に自分のことを意識させることで「いつか自分のところに戻ってきてくれるのでは」と、わずかな可能性にかけているケースもあるので、連絡の頻度に注目しましょう。

あなたや子どもの近況を尋ねてくる

元旦那があなたや子どもの近況を尋ねてくるのは、元妻への未練のサインだといえます。

あなたや子どもの生活について気にかけ、近況を尋ねる行動は、彼がまだあなたや家族に関心を持っている証拠だからです。

離婚をした場合、通常であれば、必要最低限のやりとりしかしませんよね。

たとえば、話す内容が慰謝料や養育費のことなどであれば、未練ではない可能性があります。

しかし、あなたのことや子どもの近況を尋ねてきたり、話す話題が毎回のように家族のことだった場合、別れた後でも強い関心があることを意味しているのです。

話題のなかで子どもに関することが多い場合は、父親としての子どもに対する愛情である可能性があります。

子どもにとって実の父親である以上、子どもの成長を知る権利や常に見守っていたい気持ちがあることは、珍しいことではないからです。

とはいえ、未練が残っていることを悟られないように、父親としての愛情だと見せかけているケースも否定はできません。

そのため、ほかの行動も合わせてチェックをしたうえで、未練があるかどうかを判断しましょう。

その一方で、話の内容があなたに関することであれば、離婚後にあなたへの未練が残っている可能性が高いといえます。

あなたの異性関係を探っているケースがあり、ひそかに彼氏の有無をチェックしていることも十分に考えられるのです。

もし、あなたに新しい彼氏ができた場合、平然を装っていても心の中は残念な気持ちがあふれます。

復縁の道が閉ざされたと判断をした元旦那は落胆し、現実を受け止められず、望みを失うのです。

しかし、あなたに彼氏がいないと知れば、復縁の可能性が十分にあると前向きに捉えます。

あなたの今の生活や状況をさりげなく聞くふりをして、彼氏の有無を確認しているのです。

人によってはあなたに直接聞かず、SNSをチェックしている可能性もあるので、足跡が残るSNSに関しては自分のページを閲覧した人を確認してみましょう。

元旦那は、SNSで日々の生活をチェックをしつつ、男性を匂わせる投稿や自分に対しての気持ちが書かれていないかどうかを気にしているのです。

このように、あなたや子どもの近況を尋ねてきたり、SNSでチェックしているようであれば、あなたへの未練が強く残っている可能性があります。

関心がなければ訪ねてくるような内容ではありません。

子どもの内容が中心であれば、父親としての親心である可能性も否定はできませんが、あなたのことがメインであれば未練の表れだといえるのです。

謝罪や改善の意志を示す

元旦那が謝罪や改善の意志を示すのは、元妻への未練の明確なサインだといえます。

過去について後悔をしている可能性があるからです。

冷静になり、過去のことを謝罪したり、改善の意志を示すことは、やり直したいと考えている可能性があります。

関係の修復を望んでいなかった場合、別れたあとに謝罪や改善の意思をわざわざ伝える必要がありません。

今後は関わらないであろう人に対して、謝罪や改善の意思を伝える可能性は低いのです。

離婚した後にどちらかが復縁を望む場合、誠意のある行動で相手に受け入れてもらう必要がありますよね。

元旦那は、自分の否を認めて謝罪をし、同じことを繰り返さないように改善したことを具体的に説明をしようと考えています。

そうすることで、お互いの信頼関係が取り戻すきっかけとなり、告げられた側は復縁に対して前向きに考えやすくなるのです。

謝罪をした際に、具体的な復縁の話がなくても、いずれあなたとの婚姻生活を取り戻したいと考えています。

以前のような楽しい生活に戻るための最低限の行動だと考え、謝罪や改善の意思を示してきた場合は、あなたとの復縁を望んでいる確率が高いのです。

このように、謝罪や改善の意思を示す行動は、あなたへの未練が残っている可能性が判断できます。

自分の非を認めて二度と同じことをしないことを伝えれば、復縁の可能性が高まると考えているため、あなたが復縁を望んでいるのであればその気持ちに応えましょう。

感情的に接してくる

元旦那が感情的に接してくるのは、元妻への未練のサインだといえます。

関心がない相手には、感情的にならないからです。

大前提で、関心がない人に対しては、関わろうとはしません。

距離を置こうとして、自分から離れていく傾向があります。

無関心だからこそ、あなたに対して感情的に接してくることはなく、接点自体を拒否するのです。

その一方で、感情的に接して来られた場合「嫌われているからこそ、優しく接してもらえないのでは?」と思ってしまいがちですよね。

しかし、実際はそうとも限らないのです。

離婚後、孤独や寂しさを感じている場合、感情をあらわにしてくることがあります。

この感情は、言い換えれば「元の関係に戻りたい」と思っている可能性が高く、感情を抑えられずに表に出てしまった状態だといえるのです。

元旦那自身も、本当は素直に「復縁をしたい」という気持ちを言葉にして伝えたいと思っています。

しかし、あなたが自分に対してどのような感情を抱いているのかわからない状態で、復縁をしたい気持ちをあらわにできません。

拒否をされたら傷つき、今後は接点すら持ってもらえない可能性もゼロではないからです。

元旦那があなたに関心があっても、ストレートな思いを伝えて拒絶されたら、心が折れてしまいますよね。

そのため、元旦那から感情的に接してこられても、決して嫌われているのではなく、関心があるからこその態度だといえるのです。

このように、離婚してある程度期間がたっても相手から感情的な対応をされる場合は、未練がある可能性が高いと判断できます。

未練がなければ無関心になり、感情的な対応をすることは少ないため、元旦那があなたにどのように接してくるかで本心がわかるのです。

元旦那と復縁する方法

一度は好きになって結婚をしたものの、どうしても婚姻生活を続けるのが難しいと感じてしまい、離婚をして別々の道に進む夫婦も多くいます。

しかし、離婚後の復縁は恋人同士の破局後によりを戻すのとは違い、難易度が高めであることは言うまでもありません。

とはいえ、あなたの行動次第では、元旦那との復縁は可能です。

何もしないでじっとしているようでは復縁の期待はできませんが、正しい方法を理解し、復縁率を高めていきましょう。

そこで、元旦那と復縁する方法を紹介します。

CHECK!

  • 冷却期間を置く
  • 別れの原因の分析と対策
  • 復縁したい意志を伝える

このような行動を起こすことで、元旦那に復縁を受け入れてもらえる確率を一気に高め、あなたの理想としていた形に近づけます。

悩んでいるだけでは、状況は変わりません。

元旦那が復縁を受け入れてくれるような女性を目指し、誠意を持った対応が復縁につながるのです。

冷却期間を置く

元旦那と復縁するためには、冷却期間を置きましょう。

時間を置くことで、お互いが冷静になれるからです。

離婚をしてすぐにアプローチをかけても、よい方向には進みません。

離婚直後は感情的になりやすく、冷静な対応や判断ができないからです。

冷却期間を設けることで、冷静さを取り戻せるため、正常な判断ができます。

感情が高ぶってしまうと、言い争いになったり関係の悪化につながったりする可能性が高いため、、離婚直後のアプローチは適切なタイミングではないのです。

冷却期間は、半年程度が理想的だといえます。

半年という期間は、お互いが冷静に過去を見つめる時間として、ちょうどよい期間なのです。

この半年間は、ただじっとして穏やかに過ごす期間ではありません。

自分と向き合う時間をとったり自分磨きをしたり、復縁をするための準備期間として、決して無駄にすることのないようにしましょう。

半年間もあれば、考え方や見た目の美しさを大きく変えられます。

考え方を変えるのは容易ではありませんが、少しだけ物事をポジティブに考えるようにするだけで、周りからの見られ方が変わるだけでなく、自分も明るくなれるのです。

ネガティブな思考は気分が下がりやすく、その場の雰囲気もどんよりとした空気が流れます。

思考や発言は、周りに伝染するため、ポジティブ思考を身につけましょう。

また、常に心に余裕が持てる女性になることも大切です。

心に余裕があると、周りの人に優しくなれるだけでなく、自然に笑顔が増えます。

笑顔が多い女性には人が寄ってくる傾向があり、周りからも好かれやすいため、元旦那からも魅力的な女性にうつるのです。

冷却期間の間に、外見を磨く努力も必須だといえます。

特に、時間をかけないと効果が出にくいダイエットやスキンケアなどがおすすめです。

毎日、コツコツ続けていけば、効果は少しずつ表れます。

努力を積み重ねていけば、半年後には見違えるほど美しくなっていますよ。

このように、冷却期間は復縁を望む人にとって、非常に重要な期間だといえます。

冷却期間中は復縁をするための準備期間であるため、積極的に行動にうつして、より魅力的な女性を目指しましょう。

別れの原因の分析と対策

元旦那と復縁するためには、別れの原因の分析と対策が必要だといえます。

別れの原因となった問題が解決できなければ、同じことを繰り返すため、復縁を受け入れられないからです。

復縁を望むのであれば、「離婚に至った経緯」と「同じことを繰り返さないための対策」を明確にする必要があります。

そうすることで、復縁の成功率を高めるだけではなく、復縁成立後も良好な関係を築きやすいのです。

もし、あなたが原因で別れた場合は、しっかりと改善ができるように努力をしましょう。

たとえば、あなたが旦那に対する扱いが雑になってしまったことが原因で離婚に至った場合は、言動を見直す必要があります。

相手に対して思いやりを持ったり、感謝の気持ちを伝えたりするなど、相手に対しての言動を改めるのです。

あなたが元旦那に優しく、丁寧な対応ができれば、元旦那は復縁を前向きに考えてくれます。

別れの原因を分析し、対策までわかっていれば、元旦那の心を動かせるのです。

もし、元旦那が原因で離婚に至った場合は、必ずしも復縁後に幸せな生活が送れるとは限りません。

仮に、復縁ができたとしても、離婚の原因になった部分の改善がされていない可能性があるからです。

その場合、あなたがどれだけ元旦那の言動に耐えられるかが、関係を長続きさせるポイントだといえます。

言い換えれば「改善されなくても耐える覚悟が持てるのか」ということです。

復縁ができても、同じ理由で別れを迎える可能性がゼロではありません。

「好き」という気持ちだけではどうにもならず、あなたがまた同じことで苦しむ可能性があるのです。

そのため、元旦那の悪い部分が改善されていなかった場合、耐える覚悟があれば復縁に向けて準備を進めましょう。

しかし、耐える覚悟ができていないのであれば、必ずしも幸せになれるとは限らないため、諦める必要があるのです。

復縁したい意志を伝える

元旦那と復縁するためには、素直に復縁したいと伝えましょう。

相手が復縁を考えるきっかけになるからです。

「復縁をしたい」という正直にストレートな気持ちを伝えることで、相手に思いが伝わりやすいといえます。

どのような方法よりも誤解を招きにくいため、あなたの思いを素直に伝えましょう。

元旦那に気持ちを伝えることは非常に勇気がいりますが、相手からのアクションを待っているだけでは状況は変わりません。

元旦那との連絡が途絶えずに続き、以前のような仲になれたとしても、それ以上の進展がないケースもあります。

そのため、元旦那に復縁を考えるきっかけを与えるためにも、あなたから行動をして本心を伝える方が復縁率を高められるのです。

しかし、復縁をしたい意思を伝える前に、やっておくべきことがあります。

前項でも紹介した「冷却期間を置く」「別れの原因の分析と対策」をしっかりと実行することです。

冷却期間を置いたり、別れの原因の分析や対策を考えたりすることは、復縁をするにあたり必要不可欠だといえます。

復縁をする準備が整っていない状態で、復縁したい意思を伝えても、悪い結果を招く可能性を高めるだけなのです。

そのため、やるべきことをやった後に謝罪と対策を伝え、そのうえで復縁を意思を示すようにしましょう。

このように、復縁したい意思を伝えることで、元旦那に復縁について考えてもらえるきっかけが作れます。

ただし、ただ思いを伝えればよいわけではなく、復縁の準備を行ったうえで誠意を見せることが成功につながるのです。

まとめ

今回は、元旦那を忘れる方法や、離婚後に元旦那のことが忘れられない場合の対処法について紹介しました。

元旦那の未練がある場合、相手を忘れることは容易ではありませんが、あなたの行動次第で未練を断ち切れます。

一人で悩まず、積極的な行動が未練を断ち切るカギとなるので、まずは自分から動いていきましょう。

元旦那のことがどうしても忘れられない場合、復縁は可能ですが、しっかりとした準備が必要です。

感情のままに動いてしまうと、あなたの思い描いていた未来が遠のき、復縁できる状態ではなくなってしまいます。

一度、結婚をしている場合の復縁はハードルが高いことは否めません。

しかし、準備をしっかりとしたうえで復縁へと進めていけば成功率を大幅に上げられるので、焦らずに進めていきましょう。

関連記事