復縁

離婚した男が後悔したことまとめ!後悔する男性、しない男性の特徴

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「離婚した男性は後悔するのだろうか?」

「離婚後に男性はどんな後悔をするのだろうか」

とお悩みの人もいるのではないでしょうか。

自分から妻に離婚を切り出したにもかかわらず、離婚を後悔する男性は少なくありません。

離婚してからやっぱり、別れなければよかったとならないように、この記事では以下の内容を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 離婚した男が後悔すること
  • 離婚して後悔する男性の特徴
  • 離婚しても後悔しない男性の特徴
  • 離婚しても後悔しないためにできること

離婚でお悩みの人は、この記事を参考に、離婚について今一度考えてみてください。

離婚した男が後悔すること

まず、離婚した男性がどんなことを後悔しているのか確認してみましょう。

主に次の8つが挙げられます。

CHECK!

  • 子どもに会えない
  • 経済的影響
  • 嫁の苦労がわかった
  • 寂しい
  • 相手のよさに気づいた
  • 社会的な立場
  • 離婚しても問題が解決しなかった
  • 新しいパートナーが見つからない

それでは、以下で詳しく解説していきます。

子どもに会えない

子どもがいた場合、離婚した男性がまず後悔することは、わが子に会えないということです。

親権が母親の手に渡ってしまえば、子どもと今まで通りに接触することは難しくなるからです。

奥さんに愛情がなくなって離婚したとしても、多くの男性は、子どもに対する愛情は変わりません。

ところが、日本ではほとんどの場合母親が親権を持ち、父親は月に1回など、事前に夫婦で話し合って決めた頻度や場所で、子どもと面会交流をするのが一般的です。

しかし、子どもの成長は本当にあっという間。

そのため、少し会わないうちにどんどん成長していくわが子を見て「ずっとそばで成長を見ていたかったな・・」とつらくなり、離婚を後悔する男性は少なくありません。

なかには「子どもにいつか忘れられてしまうんじゃないか」「会いたくないと言われるんじゃないか」と不安を感じる男性もいます。

また、会えないことで自分がつらくなるだけでなく「子どもにも寂しい思いをさせてるんじゃないか・・」と心配にもなり、離婚を後悔する気持ちが募っていくのです。

このように子どもに会えないことは、離婚した男性が後悔する大きな要因だと言えます。

経済的影響

経済的影響を受けて離婚を後悔する男性もいます。

離婚をすると、子どもの養育費や慰謝料、財産分与など、新たな経済的負担が発生し、生活が苦しくなることがあるからです。

まず、未成年の子どもがいる場合、親権を持たなかった親は毎月養育費を支払わなければなりません。

養育費の金額は、双方の収入や子どもの人数・年齢などによって決定されますが、平均で毎月6万円ほどかかります。

詳しくは、裁判所の「養育費・婚姻費用算定表」をご覧ください。

また、財産分与といって、結婚している間に築かれた財産は、基本的には夫婦で折半します。

これは奥さんが専業主婦で収入を得ていなかった場合も同様です。

さらに、自分の不倫やDV、モラハラなどが原因で離婚することになった場合は、奥さんに慰謝料を支払わなければなりません。

また、それ以外の何らかの理由で離婚したいけれど奥さんが応じない場合は、解決金、いわゆる手切れ金を支払うことがあります。

こうした慰謝料や解決金はそれぞれ数百万円となることが多く、離婚後の生活に支障をきたしかねません。

(参考記事:離婚弁護士ALG「離婚慰謝料の相場はいくら?原因別の相場や金額の決め方」)

特にそれまで共働きだった場合などは、こうした経済的影響が重くのしかかります。

このように経済的影響を受けて、離婚を後悔することもあります。

嫁の苦労がわかった

離婚して初めて嫁の苦労がわかり、後悔する男性も少なくありません。

家庭での役割分担や家事の重要性を理解しないまま離婚する人も多く、奥さんが果たしていた役割の価値を、離婚後にやっと理解できるようになるからです。

昔より減ってきてはいるものの、家事を奥さんに丸投げしている人もそうめずらしくはありません。

それどころか、奥さんに対して

「ねえご飯まだー?俺が帰ってくるまでに準備しといてって言ったじゃん」

「え、おかずこれだけ?」

「ここほこりたまってるよ。日中暇なんだから掃除くらいしといてよ」

「ずっと子どもと遊んどけばいいんだからいいよなーお前は」

「うるさいなー、早く泣きやませろよ(子どもが泣いているときに)」

など、自分は何もしていないのに文句だけは一丁前に言う男性もいますよね。

そういう人が離婚するとどうなるでしょうか?

今まで当たり前のように奥さんがやってくれていた料理や洗濯、掃除や片づけ、子育てや、そのほかたくさんの見えない家事、名もなき家事の存在に気づくのです。

そして、こうした家事を自分でやってみて初めて、奥さんがどれだけ大変な思いをしながらやってくれていたのかが、ようやくわかるのです。

特に子どもがいたり、共働きだったりした場合はなおさらですよね。

こうして今までの嫁の苦労と、離婚後の自分の生活が楽でないことに気づき、離婚を後悔するのです。

寂しい

離婚後の後悔の一つとして、寂しさを感じることも挙げられます。

離婚をすれば、今まで当たり前のようにそばにいた奥さんや子どもがいなくなり、急に寂しさが襲ってくるからです。

家族みんなで暮らしているときは、家族の予定に合わせて行動したり、子どもが騒がしかったりすることで「1人の時間がほしいな・・」と感じる人も少なくありません。

そのため、離婚直後は「やっと自由になれたー!」と開放感に浸り、楽しい1人時間を満喫する人もいます。

しかし、離婚後しばらくすると、

CHECK!

  • 家に帰っても誰も出迎えてくれない
  • シーンとした部屋でひとりぼっち
  • インスタント食品やコンビニ飯ばかり
  • 落ち込んだときに励ましてくれる人がいない
  • 病気になっても看病してくれる人がいない
  • 楽しそうな家族連れとは対照的に、自分の隣には誰もいない

という現実に直面します。

そして、それまで当たり前にいた家族を失って初めてそのありがたさに気づき、寂しくなるのです。

こうした寂しさを感じることも「離婚を思いとどまればよかった・・」と後悔する大きな要因の1つだと言えます。

相手のよさに気づいた

相手のよさに気づくことも、離婚を後悔する要因の1つです。

結婚しているときは見えてこなかった奥さんのよさやありがたさに、離婚して初めて気づくことがあるのです。

夫婦として一緒に暮らしていると、相手の悪いところが目につくことはよくありますよね。

しかし、離婚して1人暮らしをしたり、ほかの女性と付き合ったりしているうちに、

料理は苦手だったが、自分が仕事から帰ったらいつも温かい料理を用意してくれた

真面目で融通がきかなかったが、お金の管理や子どものしつけをしっかり行ってくれた

大ざっぱな性格だったが、落ち込んだときには誰よりも明るく励ましてくれた

など、奥さんのよかったところが次々と思い出されるのです。

こうして離婚して初めて相手のよさに気づき「なんであんなにいい妻と別れてしまったんだろう・・」と後悔する人もいます。

社会的な立場

離婚がきっかけで社会的立場が悪くなったことを後悔する男性もいます。

離婚はときに人間関係やキャリアにまで影響をおよぼすことがあるからです。

離婚すると「不倫が原因で別れてたりして・・」「家事育児できなさそうだもんねー」といった、事実とは異なるよからぬうわさが立つこともめずらしくありません。

そうなると友人や会社の同僚などからの評判が下がり、人間関係がギクシャクしたり、重要な仕事を任せてもらえなくなったりと、生活に悪影響が出てくることがあるのです。

このように社会的な立場が悪くなることも「やっぱりやめておけばよかった・・」と離婚を後悔する要因の1つです。

離婚しても問題が解決しなかった

離婚する原因となった問題が、離婚後も解決しなかったことで後悔する男性もいます。

離婚は一部の問題は解決できるかもしれませんが、すべての問題を解決できるわけではなく、場合によっては別の問題が発生してしまうことさえあるからです。

たとえば、仕事が生きがいだった人が、家族に縛られて思うような働き方ができなくなったことが原因で離婚し、一時的に自由の身になったとします。

しかし、そもそも仕事がうまくいかないのは家族のせいだけではありませんし、離婚後は家事を1人で行う必要があるため、かえって負担が増えることも少なくありません。

それどころか、一家の大黒柱として家族を支えるという使命も見失い、仕事どころか人生にすら生きがいを感じられなくなることもあるのです。

また、離婚後に新しい恋人ができたとしても、モラハラや浮気など、自分側に問題があった場合は、また同じことになる可能性が高いですよね。

このように、結婚しているときに感じていた問題が離婚後も解決しなかった場合「何のために離婚したんだろう・・」と後悔する男性もいます。

新しいパートナーが見つからない

新しいパートナーが見つからず、離婚を後悔する男性もいます。

離婚後に新しいパートナーを見つけたり再婚したりするのは容易ではなく、自分が期待したように関係が進展しないことがあるからです。

たとえば、新しいパートナーを見つけようと合コンや婚活パーティーに行ったとしても、バツイチであることを明かした瞬間、急に相手にされなくなるケースがあります。

また、それでも結婚したいと言ってくれる相手が現れたとしても「バツイチなんて、素行に問題があるんじゃないか」と、相手の両親に結婚を反対されることもあるのです。

一度離婚すると、このように新しいパートナーを作ることが自分が思っているよりも難しく「やっぱり妻とちゃんと向き合えばよかった・・」と後悔する男性もいます。

離婚を後悔する人の特徴

それでは、離婚を後悔する人にはどのような特徴があるのでしょうか?

次のような人は、離婚後に後悔する可能性が高いと考えられます。

CHECK!

  • 感情的になって別れた人
  • 子どもを大切にしている人
  • 経済的に不安定な人
  • 相手に依存していた人

順に確認していきましょう。

感情的になって別れた人

感情的になって別れた人は、離婚を後悔する傾向があります。

怒りや悲しみといった強い感情を持ったままでは冷静な判断ができず、その感情が冷めたあとに、自分の下した決断を後悔することがあるからです。

たとえば、ささいなことが原因でけんかになり、その場の勢いで「もう別れよう」と言って離婚してしまったとします。

そのときは「あんなやつと別れられてせいせいした」と思うことすらありますが、時間がたつにつれ「離婚までしなくてもよかったかも・・」という気持ちが募ってくるのです。

そして、最終的には「なんであんなことで別れてしまったんだろう」「もっと時間を置いてから考えればよかった」と、後悔することも少なくありません。

特に、男性は離婚しても経済的に困らないことも多いため、女性よりも一時的な衝動に駆られて離婚してしまう傾向があるのです。

こうした一時的な感情で別れを選んだ人は、離婚を後悔する傾向が見られます。

子どもを大切にしている人

子どもを大切にしている人も、離婚を後悔しやすいと考えられます。

離婚すると、子どもとの関係が希薄になったり、子どもが親の離婚により精神的なダメージを受けたりすることがあるからです。

前述したように、離婚後は母親が子どもの親権を持つことが多く、男性はわが子と自由には会えなくなるため、子どもを大切に思っている人には非常につらい状況だと言えます。

また、親が離婚したことにより、子ども自身も家族で一緒に暮らせなくなったことや名字が変わったことに対して、精神的にショックを受けるケースも少なくありません。

そんなわが子の気持ちを考えると、自分のせいでつらい思いをさせて申し訳ない、と離婚を後悔する人もいるのです。

このように子どもを大切にしている人も、離婚を後悔しやすいと言えます。

経済的に不安定な人

離婚を後悔する人の特徴として、経済的に不安定ということも挙げられます。

経済的に不安定な人は、離婚によって生活がより一層困窮してしまうからです。

もともと低収入で、共働きで何とか生活していた人が、離婚して養育費や慰謝料を支払うようになれば、生活が苦しくなることは目に見えています。

特に奥さんのほうが収入が多かった場合はなおさらですよね。

このように経済的に不安定な人も、離婚を後悔する傾向があります。

相手に依存していた人

相手に依存していた人も、離婚を後悔しやすいと言えます。

相手に依存して生活していた人は、相手を失って初めて、日々生活を営んでいくことの難しさや、1人でいることの寂しさを痛感するからです。

たとえば、料理や洗濯、掃除や片づけ、家計の管理や各種手続きなどの家事を奥さんに任せっぱなしだった場合、仕事をしながら自分で一から覚えなければなりません。

また、共働きで経済的に支え合っていたのであれば、その分生活も苦しくなります。

そして、自分が悩んでいるときや落ち込んでいるときにいつも奥さんに支えてもらっていたのであれば、その精神的な支柱も失うことになるのです。

離婚して初めて、こうした奥さんの存在の大きさに気づく人は少なくありません。

このように奥さんに依存していた人は、離婚を後悔する可能性が高いと考えられます。

離婚を後悔しない人の特徴

それでは、一方で離婚を後悔しない人にはどのような特徴があるのでしょうか?

次のような人は、離婚しても後悔はしにくいと考えられます。

CHECK!

  • 計画的に離婚を決めた人
  • 経済的、生活力的に自立している人
  • 子どもがいない、子どもとの関係を維持できる人
  • 新しいパートナーがいる、すぐ見つけられる人

こちらも順に見ていきましょう。

計画的に離婚を決めた人

離婚を後悔しない人の大きな特徴として、計画的に離婚を決めたことが挙げられます。

自身の置かれている状況や将来を考慮し、感情的にではなく計画的に離婚を決めた人は、自ずと後悔する余地が少なくなるからです。

離婚後の子どもとの関係性や面会の頻度、自分1人きりの生活などをしっかりと検討し、見通しを立てたうえで離婚したとします。

そうすれば、離婚後に「もっと子どもに会いたい・・」「ずっと1人でいるのがこんなに寂しいなんて思わなかった」といった想定外の事態が起こりにくいですよね。

したがって、計画的に離婚を決めた人は、離婚を後悔することが少なくなるのです。

経済的、生活力的に自立している人

経済的、生活力的に自立している人も、離婚を後悔する可能性は低いと言えます。

経済的に自立している人は離婚後も生活の基盤が崩れることがありませんし、生活力がある人は新しい生活にもスムーズに移行できるからです。

経済的に自立していれば、養育費の請求や財産分与にためらわずに応じることができ「こんなにお金がかかるなら離婚しなければよかった」と後悔することは少ないですよね。

また、離婚する前から家事を日常的に行い、その大変さを知っていたら「仕事と家事を両立するのがこんなに大変だったなんて・・」と思うこともほぼありません。

このように経済的、生活力に自立している人は、離婚しても後悔しにくいと言えます。

子どもがいない、子どもとの関係を維持できる人

子どもがいない人や、子どもとの関係を維持できる人も、離婚を後悔しにくいと考えられます。

子どもがいなければそもそも親権問題は起こりませんし、子どもとの関係を維持できれば、離婚によって生じる子どもへの罪悪感が最小限で済むからです。

たとえば、離婚後も子どもと週に1回面会交流の機会を持てれば、普通の父親とそこまで変わりなく、わが子と接することができますよね。

また、頻繁には会えなくてもLINEや電話ができるのであれば、子どもと気軽に連絡がとれ、親子の関係を維持できます。

したがって、子どもがいない人や子どもとの関係を維持できる人は、離婚しても後悔しにくいと言えます。

新しいパートナーがいる、すぐ見つけられる人

離婚を後悔しない人の特徴として、新しいパートナーがいる、もしくはパートナーをすぐ見つけられる、ということも挙げられます。

そういう人は離婚しても、寂しさや恐怖感を抱きにくいからです。

すでに新しいパートナーがいる人であれば、離婚によって生じた寂しさや孤独感、恐怖感などを、そのパートナーが穴埋めしてくれますよね。

また、パートナーはいなくても、親しくしている独身男性がいたり、自分に自信があったりしてすぐに見つけられそうという人も、そうした感情は自ずと最小限に抑えられます。

そのため、新しいパートナーがいる人、もしくはすぐ見つけられる人は、離婚しても後悔しにくいのです。

離婚しても後悔しないためにできること

それでは、離婚後に後悔するのを防ぐために、何かできることはあるのでしょうか?

次の3点を考えたうえで離婚に踏み切れば、後悔する可能性は低いと言えます。

CHECK!

  • 離婚後の生活を考える
  • 子どもとの関係を考える
  • 新しいパートナーを見つけられるか考える

以下で詳しく解説します。

離婚後の生活を考える

離婚しても後悔しないようにするには、離婚後の生活を考えることが重要です。

離婚後、自分がどのように生きていくのかを想像することで、後悔を最小限にとどめられるからです。

離婚すれば家族で暮らしていたときのような仕事や遊びの制限はなくなりますが、喜びや感動、悲しみや苦しみを分かち合う人もいなくなります。

子どもにも自由には会えなくなりますし、事実上は親子であっても、そうは言い難い関係になる可能性もありますよね。

養育費や慰謝料の支払い、財産分与などで、経済的に苦しくなるリスクも伴います。

離婚したことでよからぬうわさが立ち、会社での立場が悪くなって仕事に何らかの影響が出る可能性も否定できません。

こうした離婚後の生活と、あなたが離婚したいと思う原因を天秤にかけ、離婚すべきか否かを総合的に考えましょう。

そうすれば離婚したとしても、後悔するのを防ぐことができます。

子どもとの関係を考える

子どもとの関係を考えることも、離婚後の後悔を防ぐための大切なポイントです。

子どもとの関係を維持する方法を事前に検討しておけば、離婚後もそれまでと変わらない良好な関係を保てるからです。

たとえば、子どもとの面会交流を週に1回など、高頻度で設けてもらうようにしたり、養育費のほかに将来的な経済支援を買って出たりできますよね。

そうすれば、普通の家庭の親子とそう変わらない親子関係を維持でき、子どものメンタルや教育に与える影響も最小限で済みます。

このように子どもとの関係を考えたうえで離婚すれば、離婚後に後悔する可能性が低くなるのです。

新しいパートナーを見つけられるか考える

離婚後に新しいパートナーを見つけられるかどうかもよく考えましょう。

新しいパートナーを見つけられそうであれば、離婚しても孤独感が抑えられ、後悔するのを防げるからです。

結婚して数年以上経過していた場合、あなたもその分年をとっているため、自分が思っているより魅力が減少していて、新しいパートナーが見つからない可能性もありますよね。

また、すでに新しいパートナーがいる、つまり、不倫相手がいる場合は、その人があなたの離婚を本当に望んでいるかどうかも確認しなければなりません。

不倫相手はもしかすると、あなたとは遊びで付き合っていて、あなたが離婚したところであなたと結婚するつもりはない可能性もあるのです。

したがって、離婚する前に、新しいパートナーを見つけられるかどうかはよく考えておきましょう。

まとめ

この記事では、離婚した男性が後悔することや、離婚を後悔する人・しない人の特徴、離婚後の後悔を防ぐための対策を紹介しました。

いったん離婚のことを考え始めると「今すぐにでも離婚したい」と思う人も少なくありません。

しかし、一度離婚すると簡単にはやり直せないため、離婚してから後悔しても遅いのです。

あなたが自分の置かれている状況を冷静に、客観的に見つめ直し、後悔のない、最善の判断を下せることを願っています。

関連記事