復縁

元嫁に未練がある男性の特徴・見抜き方!未練を断ち切らせる方法やNG行動も紹介!

元嫁に未練がある男性の特徴・見抜き方!未練を断ち切らせる方法やNG行動も紹介!
PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「彼氏が元嫁に未練がある気がする・・」

「旦那が離婚した元妻に未練がありそうだけど、どうしたらいいんだろう」

とお悩みの人もいるのではないでしょうか。

バツイチ男性と恋愛や結婚をしている人は、どうしても元奥さんの存在が気になりますよね。

しかも、男性側の態度によっては、「ひょっとして未練があるんじゃないか・・」と不安な気持ちになってしまうでしょう。

確かに、男性は女性に比べ、過去のパートナーへの未練を残すことがあると言われています。

しかし、もちろん未練があるように見えても、全く未練がないという男性もいるのです。

そこで、この記事では、以下の内容について紹介していきます。

この記事でわかること

  • 元嫁に未練がある男性の特徴・見抜き方
  • 元嫁への未練を断ち切らせる方法
  • 元嫁に未練を感じた場合のNG行動

相手の思いを勘違いしてしまうと、2人の関係にヒビが入ってしまうこともあるので、この記事を読み、状況を改善できるように参考にしてみてください。

元嫁に未練がある男性の特徴・見抜き方

彼氏や旦那がバツイチだった場合「元嫁への気持ちがまだ残っているのでは?」と不安になってしまうことがありますよね。

彼氏や旦那の行動から元嫁への未練が感じられることも多く、彼女や現在の奥さんに対しての愛情はありつつも、心の中に元嫁の存在が残っているケースも少なくありません。

しかし、元嫁に未練があるように見えても、本当のところはわからずにモヤモヤしている人も多いのではないでしょうか。

まずは、元嫁に対して未練があるかどうかを明確にすることから始めていきましょう。

そこで、元嫁に未練がある男性の特徴・見抜き方について紹介します。

CHECK!

  • 元妻と比較をしたり、話しをよく出す男性
  • 元妻と頻繁に連絡を取る男性
  • 元妻からのプレゼントや思い出の品を残している男性
  • 元妻のSNSをチェックしている男性
  • 元妻への過度の責任感を持つ男性

これらの行動は、元嫁に未練があるときの代表的ともいえる行動だといえます。

元嫁への思いがどれくらいあるのか、チェックしましょう。

元妻と比較をしたり、話しをよく出す男性

元妻に未練がある男性は、現在のパートナーと元妻を比較する傾向があります。

未練のある人は、意識的にも無意識的にも、過去のパートナーを思い出すことが多いからです。

好きなことや興味のあることについて話をしていると、楽しいですよね。

それと同じで、元妻に対して未練がある場合、あなたと比較をし、元妻を評価することがあるのです。

「元嫁の料理は~」「元嫁だったら~」など、家事や男性への対応に関して、元嫁と比較するような発言がでる場合は未練がある可能性があります。

比較をした際に、あなたを褒めるのであればまだしも、元妻を褒めるようなことがあれば未練の表れだといえるのです。

女性の立場からすれば、新しい彼女や奥さんの前で元妻の話をすることは、控えてほしい話題の一つですよね。

男性にとっては、一度は生活をともにした相手であるため、なかなか忘れられないのかもしれません。

しかし、すでに別れた相手であるのにもかかわらず、話題に出すのは配慮が足りないと言われても仕方がない行動の一つです。

そのため、普段何気なく話している会話の中に、元妻と比較をしたり話題があがったりするのであれば、要注意です。

元妻と頻繁に連絡を取る男性

元妻に未練がある男性は、頻繁に元妻と連絡を取る傾向があります。

未練のある人は、その相手とのコミュニケーションを切りたくないと感じるからです。

通常であれば離婚をした場合、よほどのことがなければ連絡を取り合うことがありません。

よほどのこととは、不倫や不貞行為が原因で別れた場合です。

たとえば、慰謝料のことや子どものことなど、不倫によって別れた場合は、離婚をしても何かしらのつながりがあると考えられます。

そのため、元妻との離婚の原因によっては、未練ではない可能性があるのです。

しかし、元妻との別れが不倫や不貞行為でなければ、頻繁に連絡をとる行為は疑わしい行動の一つだと考えられます。

元妻とやり取りをする必要がないため、本来であれば連絡をとる目的がないはずです。

そういった状況の中で、元妻と必要以上に電話やLINEのやり取りをしている場合は、未練が残っていると判断できます。

今の彼女や奥さんを大切にしつつも、一度婚姻関係を結んだ相手であるため、忘れられずにいる可能性があるのです。

元妻からのプレゼントや思い出の品を残している男性

元妻に未練がある男性は、元妻からのプレゼントや思い出の品を大切に保管している傾向があります。

これらの物品は過去の関係を象徴するものであり、それらを手放すことができない人は、その関係に未練があることを示している可能性があるからです。

人からもらったものの中には、どうしても捨てられないものが一つや二つはありますよね。

その多くは、単に使い勝手がよいといった理由もありますが、なかには思い出が詰まっているものも含まれます。

元妻からのプレゼントや思い出の品を日常的に使っているのであれば、使い勝手のよさで残している可能性も否定はできません。

しかし、使うこともせずに残している場合は、男性にとってどうしても捨てられない思い入れのある物だといえるのです。

なかでも、2人で撮った写真やイニシャルが入った小物などは、未練が残っている可能性は高いといえます。

一度は愛情を注ぎ、自分を愛してくれた人です。

別れたとはいえども、そう簡単に忘れられずにいるケースも決して珍しいことではありません。

元嫁との出来事を思い出として処理しきれず、プレゼントや思い出の品を保管しているのです。

元妻のSNSをチェックしている男性

元妻に未練がある男性は、元妻のSNSを頻繁にチェックする傾向があります。

未練がある人は、元パートナーの現在の生活や感情状況について知りたいという欲求が強く、SNSを通じてその情報を得ようとするからです。

SNSを見ている場合、元妻の現状を把握したいと考えています。

Instagramは、写真つきで楽しい様子を投稿している人が多いため、新しい彼氏の存在がわかる投稿をしているかもしれませんよね。

SNSはリアルタイムで気軽に投稿できることから、投稿内容で現状を把握しやすく、既婚男性は元妻の投稿を待ち望んでいるのです。

また、TwitterはInstagramに比べて、投稿できる文字数が短く設定されています。

Twitterではそのときに思ったことをリアルタイムにつぶやけるので、気軽に自分の思いを投稿できるのです。

そのため、離婚したときの心情や、後悔のツイートがされている可能性も否定できません。

CHECK!

  • 離婚して急に寂しくなった
  • 前のように戻れたらいいのに

このように、Twitterでは今の正直な気持ちが投稿されている可能性があるため、男性が元妻に対して未練があるとすれば、SNSのチェックは外せないのです。

もし、このようなツイートがされていたら、男性は元妻にアプローチをかけて復縁を申し込む可能性もあります。

SNSのチェックは、元妻の近況を知る目的以外にも、復縁を望んでいるのかなど、元妻の正直な気持ちを知るためでもあるのです。

このような行動は、未練がなければしません。

そのため、頻繁に元妻のSNSをチェックしているようであれば、未練がある可能性が高いと判断できるのです。

元妻への過度の責任感を持つ男性

元妻に未練がある男性は、元妻に対して過度の責任感を持つ傾向があります。

元妻に対する罪悪感や義務感を強く感じているからです。

離婚をした原因が男性側になった場合、元妻へ責任を感じている場合があります。

たとえば、男性側の不倫や不貞行為、暴力やギャンブルなどで別れた場合は、申し訳なさが常に心の中にあり、責任を感じやすいのです。

男性側からすれば「自分のせいで家庭が壊れた」という思いは消えません。

奥さんへの思いは常に心から離れることがなく、未練として残ってしまうのです。

もし、元妻との間に子どもがいれば、罪悪感や責任を強く感じています。

子どもにとっては大人の都合で離婚しているため、片親になってしまった事実を受け止めるには時間がかかる傾向があり、大きな衝撃として残るのです。

そのため、子どもがいる場合は大きな責任を感じている可能性が高く、未練として残っていることが考えられます。

未練が残っている場合、元妻が困っているときは、手を差し伸べることもあるかもしれません。

一度助けてくれたら、元妻は何かあると元旦那を頼るくせがつき、連絡をしてきます。

男性は、未練があれば元妻の力になりたいと思ってしまい、あなたという存在がいても元妻を助けようとするのです。

このように、元妻への過度の責任感を持つ男性は、未練が残っている可能性が高いといえます。

あなたに対しての愛情がありつつも、元妻への思いは完全にはなくなってはいないのです。

元嫁への未練を断ち切らせる方法

男性が元嫁への未練を抱いている場合、なんとかしてその思いを断ち切らせたいですよね。

今愛情を注ぐべき相手は元嫁ではなく、あなただからです。

とはいえ、人の気持ちを変えるのはそう簡単なことではありません。

ましてや、男性にとっては生活をともにし、一度は愛した女性ですよね。

その女性を完全に忘れさせることは、きっかけを作らないと難しいといえるのです。

そこで、元嫁への未練を断ち切らせる方法を紹介します。

CHECK!

  • 正直な気持ちを伝える
  • 時間をかけ、あなたとの思い出で元妻との思い出を上書きさせる
  • 元妻への接触を制限する
  • 別れさせ屋を使う

この方法を試すことで、元嫁への気持ちが徐々に薄れていく効果が期待できます。

元嫁への強い思いが徐々になくなるように、思い切って行動にうつしましょう。

正直な気持ちを伝える

元妻への未練を断ち切らせる方法の一つは、自身の感情を正直に伝えることが大切だといえます。

自分の感情を素直に伝えることで、相手の対応の改善を求めることができるからです。

彼氏や旦那と、これから先も長く関係を続けていきたいのであれば、あなたの思っていることを正直に伝えましょう。

モヤモヤしたり、嫌悪感を抱きながらの付き合いは精神的にも悪く、いずれ衝突の原因になりかねません。

元妻に未練がなかったとしても、心のなかで気にかけている可能性があるため、早い段階で衝突の原因となり得る問題を消滅させるのです。

あなたの正直な思いを男性が知ったら、少しずつ変わってくれる可能性があります。

現在の対応を見直し、元妻との関係を改めるきっかけになるのです。

男性は、あなたを苦しめていることに気づいていないケースがあります。

そのため、あなたの気持ちを打ち明けて話し合い、よりよい関係を築いていきましょう。

時間をかけ、あなたとの思い出で元妻との思い出を上書きさせる

元妻への未練を断ち切らせるための方法は、新しい思い出を作り、元妻との思い出を上書きさせることが効果的だといえます。

新しい経験や思い出は、古い記憶を上書きし、元妻への気持ちをなくさせることができるからです。

心に残っている思い出は、そう簡単には消えません。

鮮明に残っているほど忘れられず、男性にとっては濃い思い出だといえるのです。

そういった男性の気持ちを変えるには、あなたとのよい思い出を積み重ねて、元妻への思いを薄れさせましょう。

離婚後すぐには難しいかもしれませんが、時間をかけて思い出を上書きさせることで、徐々に元嫁への気持ちや関係の変化が期待できます。

そのためには、ポジティブな楽しい思い出を作ることがポイントです。

けんかばかりの日々や、つまらない日常を繰り返せば「元妻と一緒にいたときのほうが楽しかった」と思われてしまいます。

男性と一緒にいるときは、笑顔で楽しく、最高の時間を過ごしましょう。

ただし、思い出はただ増やしていくだけでは効果がありません。

思い出は「増やす」というより「より強く記憶に残る」という点にフォーカスすることが大切です。

男性にとってあなたとの記憶に残る楽しい思い出が積み重なれば、自然と過去の思い出が上書きされ、元妻への思いが徐々に薄れていきます。

時間はかかりますが、あなたの努力次第では男性の気持ちを変えられるので、一緒に過ごす時間を思いっきり楽しみ、男性の気持ちを引き寄せましょう。

元妻への接触を制限する

元妻への未練を断ち切らせる方法の一つは、元妻への接触を制限することが効果的だといえます。

頻繁な接触は未練が残りやすくなるからです。

接点が多いと、別れる前の楽しかったことを思い出し、復縁したい気持ちが出てきてしまう可能性があります。

このままの状態が続くと未練ではすまず、元妻への思いが再燃することもあるため、早めに話し合いをすることが大切です。

過度に元嫁への存在を気にしている場合は、連絡や会う回数を減らすように伝えてみましょう。

上から目線で伝えるのではなく、あくまでもお願いするような言い方で伝えることがポイントです。

あなたが言っていることが正論だとしても、高圧的な態度で伝えれば、男性の気持ちはあなたから離れていきます。

伝え方に注意をすれば、男性はあなたの気持ちをしっかりと受け取ってくれますよ。

また、SNSで元妻とつながっているのであれば「フォローを外してほしい」と伝えてみましょう。

SNSは、元妻の投稿がチェックできるだけではなく、メッセージのやり取りもできます。

そのため、お互いがアカウントを知っていれば、いつでも連絡がとれる状況なのです。

このように、元妻との接触を制限することで、男性が行動を改めてくれる可能性があります。

ただし、無理やり遠ざけようとすると自分たちの関係性が悪くなるケースがあるため、正直な気持ちを伝えたうえでお願いをしてみましょう。

別れさせ屋を使う

元妻への未練を断ち切らせるには、別れさせ屋を利用することが効果的だといえます。

プロの手により元妻との関係を終わらせることで、未練を断ち切ることができるからです。

別れさせ屋は、依頼者の要望をかなえるために、さまざまな作戦を練って動いてくれます。

豊富な経験やノウハウがあるからこそ、素人では難しい状況であってもうまく対応し、要望をかなえてくれるのです。

別れさせ屋に依頼をすれば、下記のようなことをしてくれます。

CHECK!

  • 男性側に別れさせ屋の工作員が接触し、元妻への本心を引き出してくれる
  • 元妻にハニートラップを仕掛けて新しい恋人を作る

このような工作員の行動は、男性の心のなかにある元妻への思いを、薄れさせてくれるのです。

別れさせ屋に依頼をした場合の金額は、数十万から200万が相場で、うまくいけば成功報酬が加算されます。

ある程度のまとまった金額はかかりますが、素人が動くよりも高確率で成功が期待できるのです。

とはいえ、絶対にうまくいくという保証はどこにもありません。

そのため、100%成功するとは思わず、別れさせ屋との話し合いを重ね、不安要素がなくなったら依頼をしましょう。

元嫁に未練を感じた場合のNG行動

男性が元嫁に未練を感じている場合、その気持ちをなんとかして自分に向かせたいですよね。

しかし、感情に任せて動いてしまうと今の関係性が悪くなってしまい、逆効果になることもあるのです。

正しい方法を知ったうえで、正確に動くことが大切だといえます。

よりよい関係を築くために、成功率を上げ、男性の気持ちをあなたに引き寄せていきましょう。

そこで、元嫁に未練を感じた場合のNG行動を紹介します。

CHECK!

  • 感情的になる
  • 元妻を批判する
  • 過去を引き合いに出す
  • 無理やり元妻と遠ざけようとする
  • 1人で抱え込む

このような行動を避けることで、失敗する確率を下げられます。

これらのNG行動を理解したうえで、焦らず、落ち着いて行動していきましょう。

感情的になる

元妻に未練を感じた場合のNG行動の一つは、感情的になることだといえます。

感情的になると冷静な判断ができなくなり、適切な対話が難しくなるからです。

「元妻との接触を制限する」でもお伝えしましたが、あくまでもお願いをする姿勢を崩さないことがポイントだといえます。

感情的になってしまうことで、デメリットが多く、よいことが一つもないのです。

たとえば、感情的になると、以下のことが予想されます。

CHECK!

  • 冷静な話し合いができない
  • 男性を怒らせてしまう
  • 関係性が悪化する
  • 冷静な判断ができない
  • 男性を傷つけてしまう可能性がある
  • 「元妻のときのほうがよかった」と思われてしまう
  • 問題の解決が難しくなる

このように、悪いことばかりがおこってしまい「元妻への未練をなくしてほしい」という本来の目的を見失う可能性があります。

男性があなたにとって納得のいかない対応をしても、まずは男性の気持ちを受け止め、冷静に対応しましょう。

元妻を批判する

元妻に未練を感じた場合のNG行動の一つは、元妻を批判することだといえます。

元妻を批判することは、パートナーの感情を逆なでする可能性があり、元妻への未練を引き立ててしまう可能性があるからです。

元妻とは別れたとはいえ、悪口を言われると、男性に不快な思いを抱かせてしまう可能性があります。

男性にとって、元妻は一度は愛情を注いだ女性です。

その女性を批判することは、男性にとって嫌悪感を抱く原因になりかねません。

元妻のことを言うのであれば、まずは元妻への共感を示しましょう。

元妻が男性に頻繁に連絡をしている場合は「元妻もきっと寂しいんだよね。気持ちはすごくわかるんだけど・・」というような感じで伝えます。

共感をしつつ、やんわりと本音を濁すようなイメージです。

ただし、否定をしすぎると男性との間に重い空気が流れる可能性があるので、安易に否定をしないように注意が必要だといえます。

過去を引き合いに出す

元妻に未練を感じた場合のNG行動の一つは、過去を引き合いに出すことだといえます。

過去を引き合いに出すことは、現在の関係に影響を与え、パートナーの元妻に対する思いを引き立ててしまう可能性があるからです。

元妻との話を男性から聞いているのであれば、過去のことだと捉え、話題には出さないようにしましょう。

過去の元妻との結婚生活での失敗や問題などを引き合いに出すことで、相手を不快にさせてしまうことがあるのです。

前の奥さんって料理があまり得意じゃなかったんでしょ?

前の生活では、奥さんとの会話がなくてコミュニケーションが少なかったんだよね?

このように、過去の生活での問題を出すことで、相手の機嫌を損ねてしまう可能性があります。

あなたが料理ができるのであれば、元妻よりも料理が得意なことをアピールできますよね。

しかし、元妻と比較することは逆効果になるケースもあり、男性の気分はよくありません。

奥さんとの会話が少なくてコミュニケーションが少なかったとしても、触れないようにしましょう。

「私なら毎日楽しく会話のやり取りを大事にするのに」と思っていても、過去の奥さんとの出来事を引き合いに出すのは、男性にとってよい気分ではないのです。

家庭があれば問題の一つや二つ、必ずといっていいほどあります。

それを一つずつ掘り起こし、引き合いに出されてしまったら、男性はあなたといるのがつらく感じてしまう可能性があるのです。

そのため、過去を引き合いに出すことは避け、現状をよいものにしていけるように、あなたができることを一つずつしていきましょう。

無理やり元妻と遠ざけようとする

元妻に未練を感じた場合のNG行動の一つは、無理に元妻との距離を遠ざけようとすることだといえます。

強制的に関係を断とうとすると、パートナーが反発し、元妻に対する未練をより一層強めてしまう可能性があるからです。

まずは、大前提で、元妻への思いが未練として残ってしまうのは仕方がありません。

もともとは、生活を一緒にしていた関係ですよね。

その関係を解消したとはいえ、気持ちの整理がつかないのは珍しいことではないのです。

そのため、無理やり元妻と遠ざけようとせず「徐々に元妻への気持ちが薄れてくれたら嬉しいな」というマインドでいたほうが、今の関係が悪くならずにすみます。

無理やり関係を遠ざけようとすると、かえって反感をかってしまうのです。

自分のパートナーがバツイチならではの悩みではありますが、男性の気持ちを無理やり動かそうとしてはいけません。

記事内で紹介した「元嫁への未練を断ち切らせる方法」を落ち着いて実行し、男性の気持ちを理解しながら焦らずに動いていきましょう。

1人で抱え込む

元妻に未練を感じた場合のNG行動の一つは、問題を1人で抱え込むことだといえます。

問題を共有せずに1人で抱え込むと、ストレスが増えてしまうからです。

悩んでしまうと、どんどん悪い方向に考えてしまいます。

思考がネガティブになり、男性との明るい未来が見えなくなってくるのです。

そのため、友人や知人など信用できる人に相談し、1人で抱え込まないようにしましょう。

女性は、誰かに話をしたときに共感が得られると、精神的に安心ができます。

味方ができたような感覚になり「自分は間違ってないのかな」と、前向きに考えられるようになるのです。

友人や知人から具体的なアドバイスがなくても、話を聞いてもらい、心を軽くすることが大切だといえます。

「無理やり元妻と遠ざけようとする」でもお伝えしましたが、元妻への未練が残ってしまうことは仕方がないことです。

しかし、男性の元妻に対する未練が悩みのタネになってしまうことも珍しいことではありません。

あなたが悩んでいるのは当然のことであり、苦しい気持ちが心に残っているのは自然なことです。

とはいえ、その精神状態が続くのは、とてもつらいですよね。

悩んだら、1人で考えずに友人や知人に話を聞いてもらい、ストレスをためないようにしましょう。

まとめ

今回は、元嫁に未練がある男性の特徴・見抜き方について紹介しました。

離婚をしたとはいえ、元妻に未練がある人は意外と多い傾向があります。

しかし、あなたの立場からすれば、毎日モヤモヤしてしまい、気になって仕方がないですよね。

その気持ちを相手に知ってもらうために、本記事で紹介した方法で、慎重に行動にうつしていきましょう。

行動にうつすときは、感情のままに動かないように注意が必要だといえます。

控えるべき行動を理解したうえで、あなたの気持ちを上手に伝えることが大切なのです。

関連記事