別れる方法

別れたいのに別れてくれない彼氏の特徴としつこい時の別れ方、心理を徹底解説

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「別れてくれない彼氏ってどんな特徴があるの?」

「別れたいのに彼氏が別れてくれない・・。どうして?どしたら別れられるの?」

とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。

結婚していない恋人同士なら、別れ話をすれば簡単に別れられるのが普通です。

しかし、別れ話をしても別れを断固として拒否し、家や職場に押しかけてきたりするしつこい彼氏もいます。

そんな不安な状態を抱えている人にむけて、この記事では以下の内容を解説していきます。

この記事でわかること

  • 別れてくれない彼氏の特徴
  • 別れてくれない彼氏の心理
  • 別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法
  • 別れる際の注意点

彼氏との関係にお悩みの人は、彼氏がストーカー化してしまう前に別れられるようこの記事を参考にしてみてください。

別れてくれない彼氏の特徴

別れたいと思っても、別れを受け入れてもらえないと困ってしまいますよね。

別れてもらえず「そのまま付き合い続けるのもなんか違うよね・・」と思いつつ、交際が続いている人も少なくありません。

しかし、話し合いの度に言い争いになったり、終わりの見えないやり取りが続くのはつらく、精神的にもダメージを受けるのです。

このような男性には、いくつかの共通の特徴があります。

どんな人に多い傾向があるのか、別れてくれない彼氏の特徴について、見ていきましょう。

CHECK!

  • 依存心が強い
  • 独占欲が強い
  • 自己中心的
  • 対人スキルが乏しい

このような男性は、一人の女性から離れられず、一度始まった恋愛に執着する傾向があります。

しかし、これらの行動は「自分が幸せになる方法」であり、あなたへの思いやりがありません。

一方的な愛情から離れるためにも、まずは別れてくれない彼氏の特徴について、しっかりと頭に入れておきましょう。

依存心が強い

依存心が強い彼氏は別れてくれない傾向にあります。

一人で生活することを避ける傾向があるからです。

依存といってもさまざまですが、好きな気持ちが大きすぎるが故に、彼女から離れられないケースがあります。

どんなときでも彼女を優先にし、自分の時間を犠牲にしてしまうような人は、彼女から告げられた別れを受け入れられないのです。

一緒の時間を過ごす時間が多かった人は、依存心が強く出る傾向があり、彼女に別れ話を持ちかけられても理解できません。

「こんなに愛情を注いでいるのに?」「俺は別れたくない」など、相手の気持よりも自分の気持ちを優先に考え、彼女への思いやりがないのです。

また、生活費など経済的な支援を彼女がしていた場合も、依存心が強くでる場合があります。

たとえば、同棲していた場合、家賃や食費など、彼女の方が多く支払っているケースは別れられないのです。

同棲をする理由で多いとされるのが、愛情などの気持ちの部分であると考えられます。

しかし、なかには「一人暮らしよりも経済的にラクになる」と考えている人も少なくありません。

彼女ありきの生活が当たり前になってしまうと、失うのが怖いと感じ、離れられないと感じます。

そのため、彼女から生活費などの経済面での支援があった場合は、別れを告げられても拒むのです。

独占欲が強い

独占欲が強い彼氏は別れるのをためらう傾向があります。

彼らはあなたを独占し続けたいと考えているからです。

嫉妬心が強い人には「誰かに渡したくない」「自分の彼女でい続けなければ納得できない」などの思いが、人一倍強い傾向があります。

このような人は「嫉妬心が強い=愛情が深い」と感じている人が多く、相手の幸せよりも自分の幸せを一番に考えている可能性があるのです。

その場合、彼女が別れたいと思っていても彼氏には関係ありません。

自分の気持ちを最優先にしたい彼氏は、別れたい彼女の気持ちよりも、関係を継続させたい自分の気持ちを大切にしたいと考えています。

そのため、独占欲が強い彼氏とは別れ話をしても平行線になる可能性もあり、一筋縄ではいかないのです。

別れを告げたら、場合によっては、独占欲が次第に束縛や支配欲になるケースがあります。

彼女と別れたくない気持ちがさらに強まり、ゆがんだ愛情がエスカレートしてしまうのです。

このように、独占欲が強い彼氏に別れを告げても、簡単に別れられないケースも少なくありません。

独占欲を正当な愛情だと思い込んでいる彼氏の思考が変わらないと、別れを素直に受け入れてもらいづらいのです。

自己中心的

自己中心的な彼氏は、別れを受け入れにくい傾向があります。

彼らは自分の欲望を優先し、自分の感情を尊重してもらいたいという願望が強いからです。

自己中心的な彼氏は、あなたから別れを求められることに納得がいきません。

自分が別れたくないと思っているため、相手にも同じことを求めるのです。

特にB型男性や、モラハラ気質のある男性には多く見られます。

B型男性は、自己中心的なうえに、マイペースです。

もともと、接しやすく冷めやすいタイプでもあるため、冷めたタイミングであれば別れを受け入れてくれる可能性があります。

しかし、彼女に対する愛情が深いうちは、別れを告げられても拒否をするのです。

また、モラハラ気質の男性も、別れるのが難しいタイプだといえます。

モラハラ気質の人は、別れを告げたときに脅迫や強い言葉で怒鳴る可能性があるのです。

自分の思い通りにならないと、相手に圧力をかけて反論できないように、自分のペースにもっていこうとします。

彼女がどう思おうが、自分の思うがままに行動する傾向があり、自分の意見を押し通そうとするのです。

このように、自己中心的な彼氏は、あなたの思いが届きにくく、なかなか別れを受け入れてくれない傾向があります。

自分のことが一番だと考えているため、あなたの気持ちがどうであれ、自分の幸せを優先にするのです。

対人スキルが乏しい

対人スキルが乏しい彼氏は、別れを受け入れにくい傾向があります。

彼らは新しい人間関係を築くのが困難で、既存の関係を保持したいという願望が強いからです。

対人スキルが乏しいと、彼女以外の関わりがほとんどありません。

コミュニケーションが苦手な人にとって、新しい人間関係を築くのは難しく、人によっては人付き合いがわずらわしいとすら思っています。

そのため、新たに人間関係の輪を広げる気がなく、現状がうまくいっていればよいと感じているのです。

そういったなかで、彼女から別れを告げられると、急に不安を抱きます。

もともと、友人が少なく、ほかのコミュニティとの関わりがない男性にとって、彼女との別れは大きなダメージとなるのです。

人付き合いが少なく、彼女とのつながりが唯一の関わりであった場合、彼女とのつながりがなくなることを恐れています。

彼女が自分のもとから去っていくことで人付き合いがなくなり、本当の独りになってしまうのです。

このように、対人スキルが乏しいと、彼女との別れを受け入れられない可能性があります。

コミュニケーション能力が低い男性は人間関係を広げるのが苦手であるため、彼女を失った後に孤独を感じ、彼女に執着しやすいといえるのです。

別れてくれない彼氏の心理

別れるのが難しい場合、いくら彼女が思いを伝えても、なかなか受け入れてもらえないケースがあります。

彼女の言い分を理解しつつも、彼氏には譲れない思いがあるからです。

別れたい彼女からすれば、すんなり受け入れてもらい、スムーズに関係の終わりを迎えたいですよね。

しかし、彼氏の中ではあなたへの思いが強い分、彼女からの別れを受け入れられないのです。

そこで、別れてくれない彼氏の心理について紹介します。

CHECK!

  • とにかく好き
  • 1人になりたくない
  • とりあえずキープしたい
  • 別れの理由が納得いかない

彼氏の心理を分析することで、あなたへの本心がわかります。

なかには、あなたへの愛情が薄れているのにも関わらず、別れたくないと言っているケースもあるので、しっかりと見極めましょう。

とにかく好き

とにかく好きという理由で別れてくれない彼氏の心理は、深い愛情に由来しています。

愛情が強いほど、恋人との別れを受け入れることが難しくなるからです。

誰でも、好きな人との別れはつらいですよね。

彼氏は、あなたから別れを告げられたとき、まさにその状態であるといえます。

あなたへの深い愛情があるからこそ、関係を断つことができないのです。

特に、仲がよいと思って続けていた関係が、あるとき急に別れを告げられた場合、彼氏は驚きとショックが大きいですよね。

愛情が深く、好きな気持ちが大きいと、彼女からの別れを簡単には受け入れられません。

このような場合は、別れるのにも時間がかかり、一苦労です。

彼氏は別れを受け入れてしまうと、時間がたってから後悔する可能性があります。

「何で別れを受け入れてしまったのだろう」と後悔し、未練が残るのをわかり切っているのです。

そのため、今の関係を崩したくないと考えており、別れを受け入れない姿勢を貫こうとします。

あなたの気持ちを素直に受け入れられず、深い愛情が落ち着くまでには時間がかかり、すぐに別れを決断できないのです。

一人になりたくない

一人になりたくないという理由で別れてくれない彼氏の心理は、孤独への恐怖からきています。

一人になり孤独になることを想像し、それを避けようとしているからです。

彼女と別れると、生活が下記のように一変します。

CHECK!

  • 彼女からの連絡が来ない
  • 仕事が休みの日にやることがない
  • 同棲している場合は、部屋が広く感じる

このような日常の変化に耐えられず、孤独を感じます。

彼女と毎日のように連絡をとっていた場合は、別れてしまうとスマートフォンに通知がきません。

休みの日は、デートの予定がなくなり、一人の時間が多くなるのです。

また、同棲している場合は、彼女がいなくなっただけで部屋が広く、殺風景に感じます。

このように、彼女が自分の元から去った後は、心に穴がポッカリと空いたような感覚を味わうのです。

一人になったことでの寂しさを埋めるものがなく、あなたからの別れを受け入れられません。

そのため、別れを受け入れた後の孤独に耐えきれず「あなたを離したくない」と感じるのです。

とりあえずキープしたい

とりあえずキープしたいからという理由で別れてくれない彼氏の心理は、安定した状況を望んでいる可能性があります。

新しい彼女ができるまでのキープとして、考えているからです。

この場合、別れてもいいと考えていますが、彼女がいない期間を作りたくないと思っています。

決して彼女への愛情が深いわけではなく、自己中心的な考え方が出ているのです。

そのため、好きな人ができればあなたから離れてくれる可能性がありますが、そうではない限りは別れを受け入れるつもりはありません。

とりあえずキープしておきたいと考えている人は、以下のようなことを考えています。

CHECK!

  • 新たな出会いを求めるのは面倒くさい
  • 自分の都合のよいときだけ彼女を利用したい
  • フリーになりたくない

このような彼氏の心理は、自分のことしか考えていない自己中心的なものですよね。

キープをしておくことで、自分の欲求を満たせます。

自分の気持ちを最優先にし、彼女の気持ちを考えていないのです。

別れの理由が納得いかない

別れてくれない彼氏の心理として、別れの理由が納得のいっていないケースがあります。

理由が不明確、または納得がいかない場合、別れを受け入れるのが難しいからです。

この場合、別れる理由によっては真剣に考え直してくれる可能性があります。

そのため、別れに対して不満があるわけではなく、あくまでも別れる理由が明確ではないことが問題なのです。

たとえば、以下のような別れの理由は、彼氏にとって納得がいかない可能性があります。

CHECK!

  • あなたに私はふさわしくない
  • あなたのために別れる
  • 好きだけど別れる

これらの理由には、共通点があります。

どの理由も「彼氏は悪くない」ということです。

彼氏の浮気や、性格の不一致、時間のすれ違いなどが理由であれば、受け入れてくれる可能性があります。

あなたからすれば、彼氏の心のダメージを最小限に抑えるための配慮なのかもしれません。

しかし、彼氏と本気で別れたいと思うのであれば「なぜ、そう思ったのか」を詳しく説明しましょう。

あなたに私はふさわしくない→なぜ、彼氏にふさわしくないと思ったのか

あなたのために別れる→彼氏のためとは具体的に何?

好きだけど別れる→好きなら別れなくてもいいよね

彼氏のこのような疑問をクリアにするためには、納得させるための理由付けが必要だといえます。

別れの理由が納得がいかないものであれば、あなたの主張は彼氏に受け入れられないのです。

別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法

彼氏が別れてくれない場合、もしかすると今まであなたがしてきた行動は、効果が薄い方法で別れを切り出している可能性があります。

別れを受け入れてくれない彼氏に受け入れてもらうには、あなたの本気度を伝える必要があるのです。

彼氏のなかには「別れを認めなければ関係が修復するかもしれない」と思っている人も少なからずいます。

そのため、しっかりとあなたの意志を伝えて、別れを受け入れてもらうために、うまく誘導させるのです。

そこで、別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法について、紹介します。

CHECK!

  • 直接会う、または電話で別れを伝える
  • 明確に別れる意思を伝える
  • 相手が納得できる理由を伝える
  • 友人に協力してもらう
  • 別れ話後は徹底的に無視する

このような方法で別れを告げることで、別れに対しての真剣な思いが届きやすいといえます。

あなたの本気を彼氏に感じ取ってもらい、関係に終止符を打ちましょう。

直接会う、または電話で別れを伝える

別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法として、直接会うまたは電話で別れを伝えることが挙げられます。

あなたの言葉を受け入れやすくなるからです。

直接対話することで、誤解を防ぎ、あなたの気持ちを正確に伝えられます。

LINEなどのメッセージだけでは、相手が納得できないことも多く、気持ちが伝わりにくいことがあるのです。

会話は、自分の温度を相手に伝えやすい手段の一つだといえます。

声のトーンや話し方で、あなたの本気度が伝わりやすいのです。

一方で、LINEやメールなど、文章であなたの思いを伝えようとすると誤解を招く可能性があります。

言葉の選択によっては、相手に強い思いが伝わらないことも多く、人によっては「面と向かってはっきり言ってほしい」と感じる人も少なくありません。

大事な話だからこそ、面と向かって伝えた方が、誠意が伝わるのです。

このように、直接会う・電話で別れを伝える方法は、彼氏へ思いが伝わりやすい方法として有効だといえます。

LINEやメールなどの文章のみのやり取りは、お互いが冷静な状態でやり取りできる分、あなたの真剣な思いが伝わりにくいこともあるのです。

そのため、別れたい意思が固まっているのであれば、しっかりと相手と向き合って直接気持ちを伝えましょう。

明確に別れる意思を伝える

別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法として、明確に別れる意思を伝えるという方法があります。

あいまいな表現では相手が希望を持ち、別れを受け入れない可能性があるからです。

別れるためには、明確に伝えないと、相手に疑問ばかりが残ります。

「何で別れる必要があるの?」「納得がいかないよ」など、あなたの気持ちを理解できずにすれ違いがおこるのです。

たとえば「私たち別れたほうがいいの」というように、別れる原因が明確になっていないケースは、なかなか受け入れてもらえません。

それだけを言われても彼氏が納得できないのも無理はなく、具体性に欠けるのです。

また、このような言い方は彼氏ではなく、あなたに原因があるようなニュアンスにもとれますよね。

「このまま一緒にいたら、あなたを傷つけてしまう」「あなたをダメにしてしまうから」と言われているようで、あなたの思いを彼氏はすんなりと受け入れられないのです。

そのため、別れるときは「別れたい」とはっきり意思表示をすることが大切だといえます。

あいまいな言葉で別れを告げても、彼氏は疑問が残るばかりなので、納得できないのも当然のことだと言えるのです。

相手が納得できる理由を伝える

別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法として、相手が納得できる理由を伝えるという方法が挙げられます。

相手が別れを受け入れやすくなるからです。

なんとなく「別れようかな」と思って別れる人はいません。

あなたが「別れたい」と思うのには、必ず理由があります。

その理由を明確にし、相手に伝えることで、理解を得られやすいのです。

では、どのような理由が適しているのか、まずは悪い例から紹介します。

私みたいな女とは別れた方がいい

ほかにいい人がいるよ

このような言い方は、相手の気持ち次第では解決できそうだと思わせてしまいます。

理由に明確さがなく、抽象的な表現では相手を納得させることができないのです。

次に、よい例を見ていきましょう。

CHECK!

  • 価値観があわないから別れてほしい
  • 一緒にいると疲れるから別れてほしい

こちらの別れ方のポイントは、二つあります。

一つ目は、はっきりと「別れたい」という意思を伝えていることです。

あいまいさがなく、ストレートな思いが伝わりやすいため、相手を誤解させることがなく有効的だといえます。

二つ目は、具体的な理由が添えられていることです。

彼氏が別れを受け入れられないのには、理由が明確ではないことが挙げられます。

「別れの原因が何か」をはっきりさせることで、相手の理解を得やすく、正直な思いが相手の心に届きやすいのです。

このように、別れる際は、相手が納得できる理由を明確にさせたうえで、伝えることが大切だといえます。

あいまいにすればするほど、相手を混乱に招き、別れ話がスムーズにいかない原因となるのです。

友人に協力してもらう

別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法の一つに、友人に協力してもらうという方法があります。

第三者を介入させることで、相手を冷静にさせ、話し合いができる状態にしやすくなるからです。

話し合いをする際に、友人に協力してもらうことで、相手の気持ちを落ち着かせる効果が期待できます。

あなたから別れ話をつきつけられたときに彼氏は混乱をし、冷静さを失う可能性があるのです。

また、友人などの第三者が加わることで、いざとなったときに助けてもらえます。

たとえば、彼氏が納得できずに激しい口調で言い争いになったときに、間に入ってもらい心を落ち着かせてもらえるのです。

話し合いがヒートアップしてしまうと、人は感情的になりやすい傾向があるため、そのような状況になったときにも冷静さを取り戻してくれます。

もし、彼氏の感情が抑えきれずに手をあげてきても、友人が証人としてすべてを目撃していますよね。

そのため、彼氏からの暴力や傷つけ合う言葉のやり取りなどが行われにくく、安全を確保しながら冷静な話し合いが実現しやすいのです。

このように、友人に協力してもらうことで、話し合いがスムーズにいく可能性を高まります。

自身の安全を守るためにも、友人に協力をしてもらうことは有効的だと判断でき、心の負担を最小限に抑えられるのです。

別れ話後は徹底的に無視する

別れたいのに別れてくれない彼氏と別れる方法として、別れ話後は徹底的に無視するという方法が挙げられます。

連絡を取ると、彼があなたに対する希望を持ち続けてしまう可能性があるからです。

別れ話の後に連絡をすることで、相手は「まだ自分に気があるのかな」と、ポジティブに捉える可能性があります。

このような場合「復縁の可能性を匂わせている」と言われても仕方がありません。

相手に誤解を招いてしまう可能性があるため、別れた後は、完全に接点を持たないことが大切なのです。

相手に復縁の可能性がないことを理解してもらうには、別れ話後は連絡を無視することも効果的だといえます。

別れてから連絡がきても返信をしないことで、あなたの意志のかたさを伝えられるため、連絡がきても無視をする覚悟が必要です

もし、相手への連絡に応えてしまった場合、相手の思うツボになりかねません。

相手が調子に乗ってしまい「このままおし通せば復縁できる」と思われてしまうのです。

本当に別れたいのであれば、別れ話後の連絡は断ち、相手からのアクションも無視をし続けるようにしましょう。

ただし、相手が納得しない状態で無視をしてしまうと、ストーカー化してしまうこともあります。

相手が納得できる理由と、明確に別れたいということを伝えることが、トラブル回避につながるのです。

そのため、この方法を実践するのであれば、あいまいな別れ方をせずに自分の意志をはっきりと伝えたうえで実行しましょう。

リスクを最小限に抑え、自分の身を守ることを第一に考えた別れ方を心がけることが大切なのです。

別れる際の注意点

別れる際は、いくつかの注意点があります。

注意点を理解しておくことで、さまざまなリスクを回避できるからです。

前項でもお伝えしたように、自分の身を守ることを最優先に考える必要があります。

相手を怒らせてしまうと、あなたに害を与えてくる可能性があるのです。

そこで、別れる際の注意点について紹介します。

CHECK!

  • 別れ話の場所はちゃんと選ぶ
  • 冷静に話し、相手を怒らせない

この方法を実践することで、あなたが受ける害を最小限に抑えられます。

スムーズに別れ話を進めるためには、一工夫が必要なのです。

別れ話の場所はちゃんと選ぶ

別れる際の注意点として、別れ話の場所をちゃんと選ぶということが挙げられます。

場所が、その後の話し合いの雰囲気や結果に大きく影響を及ぼすからです。

別れ話は、二人だけの密室を作らないことが大切だといえます。

別れ話は、相手にとって予期せぬ出来事ですよね。

納得のいかない展開に感情的になりやすく、暴力などの力や圧で丸め込まれてしまう可能性があるのです。

そのため、別れ話をする際は、自宅や個室を避けて場所を選びましょう。

人が周囲にいるところが理想的です。

たとえば、カフェやレストランなど、2人きりにならずに人の出入りがあるところが好ましいといえます。

可能であれば、一番奥の席ではなく、店の真ん中あたりの席や、働いているスタッフが目につきやすい席がおすすめです。

誰かに見られているという意識のもとで話し合いを進めれば、相手の冷静さを保ちやすい状況が作れます。

相手が感情的になりにくく、暴力などの手をあげるなどの行動にうつせないような状況を自らつくることで、害を及ぼす可能性を意図的に下げるのです。

このように、別れ話をする際の場所選びは非常に重要だといえます。

大きなトラブルを招きにくい状態を作ることで、自分の安全を確保ができ、スムーズに別れ話を受け入れてもらいやすいのです。

冷静に話し、相手を怒らせない

別れる際の注意点の一つに、冷静に話し、相手を怒らせないということが挙げられます。

相手を怒らせると、話がこじれてしまい、別れを受け入れてもらうことが難しくなる可能性があるからです。

人は、同じことを言っていても、伝え方によって相手の捉え方が変わります。

たとえば、別れる際に「さっきから別れてって言ってんじゃん」と感情的になってしまうと、相手の気持ちを高めるスイッチを入れてしまうケースがあるのです。

そのため、別れを告げる際は「〇〇だから別れてほしい」と理由を添えたうえで、冷静に話しましょう。

特に怖いのが、感情的に話すと相手が逆上して怒りを買い、報復やストーカー化してしまう恐れがあるということです。

相手が理解をしてくれないことに腹を立て、あなたが感情的になると、別れ話がスムーズにいかないことに加えて、別れた後も不安が残ります。

あなたが感情的になって別れを告げたことで、相手に嫌悪感を抱き続ける原因を作ってしまうと、別れてもあなたに害がある可能性があるのです。

別れを告げる際は、相手の嫌な部分やダメだったところを感情的に伝えないようにしましょう。

相手を刺激するようなことを避けるように、言葉選びや言い方に注意すれば、冷静に別れ話を進められます。

別れ話は、けんかではありません。

お互いが新たな道に進めるための話し合いであることを忘れずに、感情的にならないように、常に冷静な対応を心がけましょう。

まとめ

今回は、別れたいのに別れてくれない彼氏の特徴と別れ方・心理を徹底的に解説しました。

別れを受け入れてくれない彼氏には、何かしらの理由があります。

まずは「なぜ、別れを受け入れてくれないのか」をしっかりと分析をし、そのうえで効果的な別れ方を実践することが大切です。

しかし、別れ方といってもさまざまですが、注意すべき点があります。

間違った方法を実践してしまうと、別れ話がスムーズにいかないうえに、別れた後にも害を受ける可能性があるのです。

そのため、別れ話をする際はリスクを最小限におさえたうえで、相手に理解を求めましょう。

関連記事