別れる方法

離婚後の未練を断ち切る方法5選と元旦那との復縁が難しい別れ方

離婚後の未練を断ち切る方法5選と元旦那との復縁が難しい別れ方
PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「離婚したけど元旦那に未練が残っている。どうにかして未練を断ち切りたい」

「離婚後の未練をどうやったら断ち切れるんだろう」

とお悩みの人も多いのではないでしょうか。

離婚という大きな決断をしたものの、相手に未練が残り、後悔をしてしまうこともあるでしょう。

また、離婚後の孤独感や生活へのストレスから、元夫との楽しかった出来事を思い出し、未練を感じることは少なくありません。

しかし、過去は美化されるもの。

離婚という大きな決断を決めたきっかけを思い出し、冷静に自分の気持と向き合ってください。

この記事では、そうした未練を抱えた人向けに、未練を断ち切る方法について紹介をしています。

現在の状況を整理し、自分がどうすべきかを決める参考にしてみてください。

未練を断ち切る方法

離婚をすると、別れて時間がたってから、後悔することがあります。

「なぜ、別れてしまったのか」「復縁したい」という思いが込み上げ「離婚を決断したことが間違っていたのでは」と思ってしまうのです。

とはいえ、離婚の多くは「これ以上は一緒にはいられない」という理由があっての決断ですよね。

なかには、一時的な感情で離婚をする人もいます。

しかし、過去から積み上げられてきた思いが爆発したり、どうしても理解できないことがあったりと、自分の中で考え抜いて出した結論であることがほとんどです。

そういった状況であっても、元旦那に対しての思いは簡単には消えず、日々苦しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そこで、未練を断ち切る方法について紹介します。

CHECK!

  • 新しい恋人を作る
  • 趣味や仕事にうちこむ
  • 相手との接点を完全になくす
  • 相手の悪いところを思い出す
  • 友人と話す

これらの行動を実践するだけで、未練を断ち切れる可能性が高まり、元旦那への思いが少しずつ落ち着いてきます。

離婚後に未練や後悔が押し寄せてくることは、決して珍しいことではありません。

しかし、なぜ離婚をしたのかを思い出し、新しい未来に進むためには確実に未練を断ち切る必要があるのです。

新しい恋人を作る

離婚をした元旦那への未練を断ち切るためには、新しい恋人を作ることが有効だといえます。

新しい恋人を作ることにより、過去の思い出や感情から解放できるからです。

元旦那のことばかりを考えていると、気分も落ち込みやすく、現状からはなかなか抜け出せません。

そのため、新しい恋人を作って、元旦那への気持ちをほかの異性に向ける努力をしましょう。

積極的に行動をすることで、新しい恋人ができるチャンスが高まり、視野が広がるのでおすすめです。

では、具体的に新しい恋人を作るための具体的な方法を紹介します。

CHECK!

  • 婚活サイトに登録する
  • マッチングアプリに登録する
  • 飲み会には積極的に参加する
  • 犬を飼う

婚活サイトやマッチングアプリは、出会いを求めている人が大半ですよね。

あなたと同じ目的で登録している人が多い分、よい出会いに期待ができるのです。

実際に、婚活サイトやマッチングアプリで出会って結婚につながったケースが多く挙げられています。

そのため、さまざまなサイトを見比べて、自分に合ったものを選べば、ステキな出会いを引き寄せることが可能なのです。

初対面の人と仲良くなれるか不安な人は、友達との飲み会に参加をして、交流を深めていくことが出会いにつながります。

友達から紹介を受けたり、顔見知りだけどあまり話せなかった人と仲良くなれたりと、チャンスが転がっているのです。

友達からの誘いであれば、全員が初対面になることはないので、緊張せずにすぐ打ち解けやすい環境であるため、飲み会には積極的に参加しましょう。

新しい恋人を作るために、犬を飼うことも出会いにつながります。

犬には、お散歩がつきものですよね。

毎日同じ時間帯に同じルートで散歩をしてみてください。

必ずといっていいほど、毎回のように会う人がいます。

一人で散歩をするよりも、犬と一緒にいるほうが、お互いが話しかけやすい状態が作れるのです。

「ワンちゃんかわいいですね」「いつもこのルートをお散歩しているんですか」など、犬がきっかけになって仲良くなるチャンスが巡ってきます。

犬を飼っているだけで、共通の話題が生まれるため、新しい恋人が見つかる可能性を広げられるのです。

このように、新しい恋人を作るためには、積極的に行動することが大切だといえます。

家でじっとしていると、元旦那のことを思い出しては未練で苦しくなるので、新しい恋人を作るために自ら行動をおこすことが重要なのです。

趣味や仕事にうちこむ

離婚をした元旦那への未練を断ち切るためには、趣味や仕事に打ち込むことが重要だといえます。

元旦那以外のことに目を向けることで、過去の関係に執着しなくなるからです。

趣味や仕事にうちこむことで、下記のようなメリットがあります。

CHECK!

  • 元旦那のことを考える余裕がなくなる
  • 趣味に没頭できる
  • 仕事を頑張ることで、会社からの評価が上がる

趣味や仕事にうちこむことで、作業に集中し、その間は元旦那のことを考えずにすみます。

元旦那のことを考える時間が減れば、少しずつ気持ちが落ち着いてくるのです。

物事にうちこむと、思っている以上に時間がたっていることが多く、気が紛れます。

気持ちが落ち込むことがなく、趣味や仕事のことだけを考える時間を強制的に作るのです。

特に、趣味は自分が好きなことであるため、楽しく過ごせます。

趣味に没頭できる時間は、リラックス効果も期待できるため、ストレスの発散にもつながるのです。

未練や後悔があると、ネガティブな感情ばかりで疲れてしまいますよね。

そのため、趣味に費やす時間を多めにとって、元旦那への執着から離れることが大切なのです。

また、仕事にうちこめば、社内での評価が上がります。

「最近〇〇さん頑張っているよね」「〇〇さんの仕事のペースが上がってきた」など、周りからの見られ方がよい方向に変わっていくのです。

評価が上がった状態を維持すれば、お給料に反映されたり、出世の道も開けます。

あなたに寄せる職場での信頼が厚くなるうえに、元旦那への思いが薄れていくため、一石二鳥なのです。

このように、趣味や仕事にうちこむことで、元旦那への未練が少しずつ薄くなっていきます。

元旦那への思いをほかのものへと移すことで、徐々に気持ちが和らいでいくのです。

相手との接点を完全になくす

離婚をした元旦那への未練を断ち切るためには、相手との接点を完全になくすことが重要だといえます。

相手との接触を避けることで、過去の感情や思い出に引きずられることを防げるからです。

元旦那と何かしらでつながっていると、さまざまな期待をしてしまいます。

「元旦那から連絡がくるかもしれない」「私に対して元旦那も未練があるかもしれない」など、自分にとって都合よく考えてしまい、相手から離れられないのです。

そのため、元旦那とは縁を切るつもりで、接点を完全になくすことが大切だといえます。

接点を持ち続けてしまうと、元旦那が日々の生活に悪影響を与え、あなたの精神的なつらさが消えないのです。

相手との接点を完全になくす方法の一つは、連絡を取らないことが重要であるといえます。

もし、どちらかに慰謝料や養育費の支払いがある場合は、全額支払い終わるまでは連絡先を残しておいたほうが無難です。

しかし、そういった状況ではない場合、可能であれば連絡先の消去も視野に入れ、強制的に連絡が取れない状況を作りましょう。

また、SNSなどチェックを完全にやめ、元旦那への思いを断ち切ることも大切です。

特に、SNSは結婚していたときの楽しかった思い出が投稿されている場合があります。

元旦那に気持ちが残っている状態で投稿を見てしまうと、楽しかった過去を思い出し、余計に復縁願望が強くなるのです。

人によっては、あなたに関する投稿をしている可能性もあります。

「元奥さんと復縁をしたい」「元奥さんとの思い出の場所に来た」というような投稿を見てしまったら、元旦那への思いがますます強くなる一方ですよね。

そのため、相手との接点があると忘れようとしても難しく、あなたは感情に振り回されます。

強い気持ちを持って相手との接点を完全になくすことは、未練を断ち切るための近道だといえるのです。

相手の悪いところを思い出す

離婚をした元旦那への未練を断ち切るためには、相手の悪いところを思い出すことが有効だといえます。

相手の悪いところを思い出すことにより、過去を美化することを防げるからです。

過去を思い出すときは、よかったことばかり思い返すことがあります。

楽しかったことや二人がハマっていたことなど、未練があるときほど思い返してしまうのです。

よかったときの出来事は、過去を美化することにつながり、未練を断ち切れない原因になりかねません。

もし、相手からもらったプレゼントや写真などが残っている場合は、目につかないところに閉まったり断捨離をしたりして、あなたの視界に入らないようにしましょう。

プレゼントや写真は、元旦那との思い出がつまった代表的なものですよね。

過去の楽しかった出来事を、完全に思い出として処理できるのであれば問題はありません。

しかし、未練として強く残っている場合は、相手への思いを断ち切れない原因となっているのです。

元旦那への未練を断ち切るには、相手の悪いところを思い出すことで、徐々に未練が薄れていきます。

たとえば「時間にルーズだった」「自己中心的な部分があった」「高圧的だった」など、相手の好きになれなかった部分を思い出すのです。

相手の悪いところを思い出すようにすれば「なぜ別れたかったのか」と、忘れかけていた離婚を決意した理由を再確認できます。

離婚の理由を思い出せば「復縁しても同じことの繰り返しになる」という気持ちになり、未練を断ち切るきっかけになるのです。

友人と話す

離婚をした元旦那への未練を断ち切るためには、友人と話すことが有効だといえます。

共感してもらったり、助言してもらったりすることで、気持ちの整理ができるからです。

未練でつらい気持ちが残り続けている場合は、友人に話すことで、気持ちをラクにしましょう。

未練で苦しんでいる間は、心が不安定になり、少なからずストレスを感じています。

友人に話せば、ストレスから解放され、心が軽くなるのです。

特に女性は、周りからの共感を得たい気持ちが強い傾向があります。

「つらいよね」「その気持ちわかるよ」と、自分の気持ちをくみとってもらえるだけで、女性は安心感を得られるのです。

また、友人から助言を受けたら、素直に受け止めましょう。

「元旦那と復縁しても、あなたがつらいだけだよ」「復縁が成立しても、同じことが繰り返されだけじゃない?」など、あなたの求めていないことを言われるかもしれません。

しかし、友人などの第三者は、物事を客観的に見たうえであなたに助言をしているため、非常に参考になる言葉なのです。

友人からもらった言葉の一つ一つを大切に受け止め、自分の気持ちを整理して、本当はどうするべきなのかをじっくりと考えることが必要だといえます。

友人に話したうえで自分と向き合えば、どの方向に進むべきなのかが少しずつ見えてくるのです。

つらい思いを自分の中にため込まず、すべてを吐き出して、ストレスや不安から自分を解放してあげましょう。

ネガティブな感情やつらい気持ちをため込んでいても、現状から抜け出せません。

未練を断ち切るためには、友人に話を聞いてもらい、少しずつ前を向いていくことが大切なのです。

復縁が難しい別れ方

元旦那との復縁が難しい別れ方として、相手を否定して別れた場合が挙げられます。

相手の性格や存在を否定して別れると、相手には遺恨が残っているからです。

一時的な感情による別れの場合は、復縁の見込みはあります。

しかし、別れる際に相手の悪いところなどを否定したり、性格や存在を否定するようなことを伝えたりしている場合は、相手に恨みが残り、復縁ができる可能性は低いのです。

そこで、相手に恨みが残る別れ方について、具体的な例を以下に挙げてみました。

CHECK!

  • 「家事や育児に協力してくれなった」など、家庭内の不満
  • 「毎日のように怒鳴りちらしてきて、うんざりだよ」など、日々の態度を指摘
  • 「家で何もしないし、いる意味ある?」など、存在を否定するような発言

このようなことを言われてしまったら、元旦那のプライドが傷つき、あなたに対しての悪い感情しか残りません。

円満離婚であれば「結局別れたけど楽しい時期もあったし、今思えばよい奥さんだったのかも」と、ポジティブな印象が少なからず残ります。

しかし、あなたが相手の悪い部分や性格・存在の否定をすることで、「元妻を許さない」「別れて正解だった」と、ネガティブな感情ばかりが残り続けるのです。

ひどい場合、離婚の怒りや恨みがおさまらず、報復を計画する人も一定数います。

別れ方一つで、人生が大きく変わるといっても過言ではないくらい、離婚をしたときの状況は重要なのです。

復縁が難しい別れ方をした場合、あなたに未練があるとは考えにくいといえます。

すでに新しい恋愛に前向きになっている可能性も高く、あなたと過ごした日々は完全に過去のものと処理をされているのです。

もし、元旦那に新しい彼女ができたら、再婚率は高いと判断ができます。

元奥さんであるあなたが彼女との比較対象になり、彼女がよく見えるだけではなく、あなたが悪者にされているケースもゼロではないのです。

このように、別れ方によっては復縁が難しく、新しい恋人を探す方が幸せになる可能性は極めて高いといえます。

復縁が難しい別れ方をした状態で、一度離れてしまった相手に思いを寄せていても、元旦那はあなたへの気持ちを再燃させることはほぼゼロに近いと考えられるのです。

元旦那が見せる未練のサイン

離婚をしても、別れ方によっては復縁を望める場合があります。

前項で紹介した「復縁が難しい別れ方」でなければ、復縁の希望はあるのです。

もし、元旦那に未練がある場合、復縁はしやすいですよね。

元旦那が未練があるのかどうかを判断し、復縁できるように進めていきましょう。

そこで、元旦那が見せる未練のサインについて紹介します。

CHECK!

  • 連絡が頻繁にくる
  • 近況を知りたがる
  • 文句を言ってくる

元旦那がこのような行動を見せてきたら、未練のサインだと判断できます。

あなたが復縁を望んでいるのであれば、チャンス到来です。

元旦那が見せる未練のサインを見逃さないようにアンテナを張り、相手の行動から本心を探っていきましょう。

連絡が頻繁にくる

元旦那が元妻への未練を示すサインの一つは、連絡が頻繁にくることが挙げられます。

元妻への感情や思いが残っていると考えられるからです。

たとえば、連絡の内容が離婚後の慰謝料や養育費の件などであれば、未練だとはいえません。

元旦那は、必要最低限の連絡をしているだけだからです。

しかし、日常生活や仕事のことなどが頻繁に来るようであれば、未練のサインである可能性が高いといえます。

未練がなければ連絡をとる必要がなく、内容によっては送る相手があなたでなくても問題ないからです。

そのため、あえてあなたに連絡をしてくるということは離婚後も「あなたとつながっていたい」という思いが消えていないと判断できます。

別れた後もあなたへの思いが強く残り、元旦那の心の中では、以前のような関係に戻りたいと思っているのです。

一度や二度ではなく、頻繁に連絡が来る場合は、あなたへの気持ちが残っている可能性が濃厚であり、復縁のタイミングを伺っているケースも否定はできません。

タイミングがきたら、復縁に向けて新たな行動に移すことを考えており、それまではあなたをつなぎ止めておきたいと考えているのです。

また、元旦那があなたに連絡をすることで、その都度あなたは相手を思い出します。

離婚をしたことが完全に過去のことになってしまうと、ふとしたときに元旦那を思い出す程度になってしまうのです。

頻繁に連絡をしていれば、元旦那に対して忘れるどころか、相手への意識が高まります。

連絡のやりとりでつながりを途切れさせなければ「復縁ができるかもしれない」という、わずかな期待をしているのです。

近況を知りたがる

元旦那が元妻の近況を知りたがることも、未練を示すサインの一つだといえます。

彼が元妻の生活や状況に興味を持ち、元妻とのつながりを維持したいと思っている可能性があるからです。

大前提で、興味のない人の生活や状況は、知りたいとは思いません。

なぜなら、興味のない人の情報は、必要のないデータとして捉えているからです。

そのため、元旦那があなたの現状を知りたがるのは、紛れもなくあなたへの未練だと判断できます。

あなたの近況を情報収集して、つながりを維持すると同時に、恋愛事情を探っている可能性があるのです。

近況を知るためにはいくつか方法がありますが、なかでも、SNSは第三者にバレにくく、本心を隠したまま方法収集ができます。

特に、あなたと会えない状況である場合、SNSは場所を問わずにチェックできるので有効的な方法なのです。

投稿内容を見て、あなたの元気に楽しそうな様子を確認して安心する一方で、新しい彼氏の有無をチェックしている場合があります。

あなたに新しい彼氏がいる場合は、復縁への希望が閉ざされるため、このまま思い続けてもよいのかの判断材料にしている可能性があるのです。

場合によっては、新しいアカウントを作り、偽名であなたの投稿にコメントを残しているかもしれません。

あなたの様子をSNSで確認しながら、何かしらのつながりをもっていたいと感じているのです。

また、共通の知人にあなたの近況について聞いている可能性もあります。

共通の知人であれば、その知人が元旦那との離婚後にあなたと会っているケースがあるため、近況が知れると考えているのです。

なかには、あなたに直接聞いてくる場合もあります。

前項で「連絡が頻繁に来る」を紹介しましたが「最近はどう?」というような近況を確認する内容であれば、未練が残っている可能性が高いと考えられます。

興味があるからこそ聞いてくる内容でもあるため、元旦那があなたの近況を知りたがっている場合は、あなたへの思いを完全に断ち切れていないと考えられるのです。

文句を言ってくる

元旦那が元妻に対して文句を言ってくることも、未練を示すサインだと考えられます。

関心がなければ文句を言ってこないからです。

一般的に、無関心の人とは、そもそも関わろうとは思わないですよね。

しかし、未練がある場合は、ささいなことでも文句を言ってくることがあります。

文句などの感情を見せる場合は、あなたに未練があると考えられ、愛情の裏返しなのです。

特に、あなたの異性関係に文句を言ってきた場合は、未練がある可能性が濃厚だといえます。

ほかの男性にとられてしまう焦りから、感情的になっているケースがあるからです。

たとえば「男の趣味悪くない?」「昔からそういう男好きだよね」と、異性関係に対して文句を言ってくる場合があります。

裏を返せば「その男はやめて俺のところに戻ってきて」という、あなたへのメッセージが込められているのです。

離婚後に会う機会があった場合、身だしなみやあなたについての文句を言ってきた場合も、同じことが言えます。

「メイク変えた?前のほうがよかった」「相変わらず物事をはっきり言うよね」など、あなたが嫌悪感を抱きかねないことを言ってくる場合、未練である可能性が高いのです。

特にメイクは、少し変えたくらいでは男性は気づかない人が多いため、細かい部分までよく見てくれている証拠でもあります。

性格に対する文句も、興味がない人に対しては、思っていても本人の前では言わず、陰でネタにされて終わるのです。

元旦那の文句は、あなたの立場からすると一見、腹立たしく思えます。

しかし、興味があるからこその発言であって、未練の象徴だと判断できるのです。

離婚後に復縁する際に考えるべきこと

離婚をした後、まだ相手に未練がある場合、どうにかして「復縁ができないかな」と考えてしまいますよね。

しかし、仮にお互い未練があったとしても、すぐに復縁はおすすめできません。

「好き」という気持ちだけで関係が戻っても、同じように別れてしまう可能性があります。

そのため、離婚後に関係を戻したいのであれば、二度と別れを繰り返さないために、強い覚悟や周りからの理解が必要になるのです。

そこで、離婚後に復縁する際に考えるべきことを紹介します。

CHECK!

  • 別れる原因になった問題は改善されたか
  • 同じ状況になっても耐えられる覚悟はあるか
  • 子どもからも理解が得られるか

このように、復縁の際はしっかりと考えておくだけで、同じ過ちを繰り返さずにすみます。

また、子どもがいる場合は、自分たちの幸せよりも、まずは子どもの気持ちを大事にすることが大切なのです。

別れる原因になった問題は改善されたか

離婚後に元旦那と復縁を考える際には、別れる原因になった問題が改善されたかを考慮する必要があります。

元旦那との関係が別れの原因となった問題が未解決のままでは、同じ問題が再発する可能性があるからです。

まずは、復縁の前に、どのような経緯で離婚に至ったのかを考えてみましょう。

離婚をした理由を明確にし、改善されているのかを確認するのです。

たとえば、離婚をした原因が、あなたの夜遊びが原因だったとします。

その場合、あなたの夜遊びが改善されていないと、復縁は期待できません。

離婚をしてから一度も夜遊びをしていない、以前は夜遊びを週3回していたが、今は月に1回と決めているなど、改善が見られないと元旦那は受け入れてくれないのです。

もし、離婚の原因が元旦那だった場合も、同様のことが言えます。

元旦那の問題だった部分が改善されているようなら、復縁をしたら幸せになれる可能性がありますが、改善されていない場合は復縁のタイミングとしてはまだ早いのです。

過去の問題が解決されないまま復縁しても、同じことを繰り返します。

離婚後にお互いの気持ちが戻りつつあっても、離婚の原因となっている問題が放置されていたら、別れるのが目に見えているのです。

離婚当時の状況を思い出し、また同じ状況になりそうであれば、復縁しないほうが幸せな可能性があります。

同じ失敗を繰り返さないためにも、離婚をした理由を改めて整理し、問題が再発する恐れがあるなら、新たな恋に目を向けた方があなたのためだといえるのです。

同じ状況になっても耐えられる覚悟はあるか

離婚後に元旦那と復縁を考える際には、同じ状況になっても耐えられる覚悟があるかを考慮する必要があります。

復縁後にも同じような問題が発生する可能性が高いからです。

前項では「離婚の原因となった問題が解決されたら復縁が望める」と紹介しました。

しかし、一部の夫婦は、再婚をしても別れるケースがあります。

「前回離婚したときと同じ状況になってしまい、耐えられなかった」というのが、別れの原因となる場合があるのです。

たとえば、離婚した原因が、元旦那の酒グセの悪さが原因だったとします。

離婚後は飲酒の量をおさえるように努力し、一日一本と決めて、適切な量を守っていたのです。

しかし、日頃のストレスがたまってしまい、飲酒の量が増え、前回離婚したときよりも多い量のアルコールを摂取するようになってしまいました。

もし、このような状態になったとき「あなたがこの状況に耐えられる覚悟があるのか」ということです。

一度は飲酒を制限し、改善するように努力をしても、何かのきっかけで気持ちが爆発をすると、その勢いは止まりません。

人間は、どれだけ悪いクセがあっても改善できるように努力をし、それが習慣化されたら直せます。

しかし、悪いクセは厄介で、いつ、どんなときでも再発する可能性は誰にでもあるのです。

そのため、一度は改善されたとしても、復縁後に以前と同じような状況になる可能性は高いといえます。

そうした際に、自分が耐え続けられる覚悟があるなら、復縁を選択肢に入れても問題はありません。

もし、以前と同じ状況になることが耐えられないのであれば、復縁は諦めましょう。

元旦那のことが離婚後も変わらずに好きでいたとしても、復縁をせずに未練を断ち切る努力をすべきだといえるのです。

子どもからも理解が得られるか

離婚後に元旦那と復縁を考える際には、子どもからも理解が得られるかを考慮する必要があります。

復縁が子どもにとって、ストレスや混乱を招く可能性があるからです。

子どもにとって両親の離婚は、精神的なダメージが大きく、つらい出来事だといえます。

子どもによっては離婚をしたことで、名字や住む場所が変わってしまった子もいますよね。

自分の意思に関係なく、身の回りの環境の変化に子どもは戸惑いを隠せず、ストレスを抱えていた可能性があるのです。

そういったなかで、両親が復縁するとなった場合、まずは子どもに相談をしましょう。

精神的負担や混乱を招かないように、子どもへの配慮を優先的に考え、復縁に対する理解を得る必要があるのです。

両親の復縁について子どもの考えを聞き、賛成をしてくれるようなら復縁の話を前向きに進めても問題はありません。

しかし、復縁することに前向きではない状況で話を進めてしまうと、子どもにストレスがかかり、悪影響を及ぼす可能性があります。

子どもからすれば、親の都合で別れたり復縁したりすると「大人のせいで振り回されている」と捉えてしまい、信用をなくす原因にもなるのです。

そのため、復縁をするのであれば子どもからの理解を得て、お互いが納得したかたちで話を進めていきましょう。

このように、復縁をする場合は、自分たちだけの幸せを優先にするのではなく、子どもの意見を尊重したうえで決めることが大切だといえます。

大人の事情で子どもに迷惑をかけていることを忘れずに、子どもの心のケアをしっかりとしながら、慎重に進めていく必要があるのです。

離婚した元旦那と復縁する方法

離婚をした後に、未練が残り続けていると、徐々に復縁願望が強くなっていきますよね。

元旦那への思いが消えないと、ほかの人に目を向ける努力をしても恋愛をする気持ちがおきにくく、元旦那のことばかりを考えてしまうのです。

もし、どうしても諦められないのであれば、復縁をするために具体的な行動に移していきましょう。

家から出ずに一人で思いつめていても、状況は変わらないのです。

そこで、離婚した元旦那と復縁をする方法について紹介します。

CHECK!

  • 冷却期間をおくこと
  • 自分が離婚の原因なら謝罪し、改善を伝える
  • 素直に復縁したいという気持ちを伝える

これらの行動を実行することで、復縁できる確率が上がり、あなたの誠意が伝わりやすいといえます。

復縁をしたいのであれば、まずは冷静になり、その後の丁寧なアプローチで相手の気持ちを引き寄せることが重要なポイントなのです。

冷却期間をおくこと

離婚した元旦那と復縁をするためには、冷却期間をしっかりおきましょう。

お互いが冷静になるためには時間が必要だからです。

離婚をしてからすぐに復縁をせまると、正常な判断ができないことがあります。

どちらかが冷静さを取り戻せていない状態で復縁の話をしても、二人の仲が余計にこじれてしまい、復縁できる確率を下げてしまうのです。

そのため、離婚をしたらある程度のまとまった時間を離れて過ごし、しっかりと冷却期間を置きましょう。

冷却期間は、最低でも半年以上おくことで、復縁の成功率を高められます。

お互いが感情的な状態では復縁はうまくいかないため、長めの期間をとることが大切なのです。

この冷却期間を無駄にせず、復縁に向けてしっかりと準備をしましょう。

具体的に冷却期間に何をすればよいのかを紹介します。

CHECK!

  • 離婚の原因を分析する
  • 内面や外見を磨く

まずは、なぜ離婚をしてしまったのか、分析をしましょう。

前項の「別れる原因になった問題は改善されたか」でも紹介しましたが、離婚をした原因を思い出し、問題となる部分を改善することで復縁率が高まります。

もし、元旦那が原因で別れたとしても、あなたが完璧な奥さんだったかと考えた場合、おそらく一つや二つは問題点があったはずです。

離婚の原因にはならなかったにせよ、元旦那から言われていた問題点があれば冷却期間中に改善し、よりステキな女性を目指しましょう。

内面や外見を磨くことも重要なポイントだといえます。

内面を磨く場合、心に余裕をもつことが大切です。

心に余裕が生まれると、人に優しくできるため、元旦那に対しても広い心で受け止められます。

また、家事で生かせる資格を取って、日常生活を充実させるのもおすすめです。

食育アドバイザーや健康食コーディネーターなどを取得すれば、日々の料理に役立てられます。

外見を磨く場合、一番変化が期待ができるのはダイエットです。

冷却期間を半年以上あけることを考えると、ダイエットをするには十分な期間だといえます。

食事管理をあわせてすることで、体の中からキレイになれるため、より健康的になれるのです。

そのうえで、メイクの研究をすれば、さらにステキな女性に変われますよ。

冷却期間は、冷静さを取り戻すだけの時間ではありません。

半年以上という長い間を無駄に過ごさず、効率よく時間を使い、復縁成功率を高めていきましょう。

自分が離婚の原因なら謝罪し、改善を伝える

離婚した元旦那と復縁をするためには、謝罪し、改善を伝えましょう。

復縁をするのであれば、過去の問題を清算しないと受け入れてもらえないからです。

もし、あなたが原因で離婚に至った場合、自分の否を認める必要があります。

そのうえで、しっかりと謝罪をし、元旦那に誠意を見せることが大切なのです。

具体的には、自分が変わったことを伝えることで、元旦那の信頼を取り戻せる可能性が高まります。

復縁をしたい一心で改善をしたことを伝えれば、あなたの気持ちが心に響き、復縁を前向きに考えてくれやすくなるのです。

たとえば、あなたが家事をおろそかにしていたことが原因で別れた場合、家事をしっかりとこなしていることをアピールしましょう。

この場合、言葉で伝えるだけでは真実味がないケースがあるので、写真で見せると効果的です。

ただし、数枚写真を見せただけでは「どうせ、このときだけでしょ?」と思われてしまう可能性があります。

そう思われないように、対策としてSNSに投稿しておくと便利です。

「ケーキを作ってみた」「部屋中を掃除したらピカピカになった」など、写真つきであなたの日常をSNSに残しておくと、日頃の努力がより伝わりやすいといえます。

日常的に更新をすれば、日々の習慣になっていることが証明でき、説得力が増しますよ。

このように、復縁をしたいのであれば、自分の否を認めたうえで改善したことを伝えると、本気度が伝わり、元旦那の心に響きやすいのです。

過去の問題を清算をしないまま復縁することは難しいので、しっかりと謝罪や反省する気持ちを示し、元旦那へあなたの誠意を見せていきましょう。

素直に復縁したいという気持ちを伝える

離婚した元旦那と復縁をするためには、素直に復縁したいという気持ちを伝えましょう。

自分の正直な気持ちをストレートに伝えて、復縁をしたい意思を示すことが大切だからです。

素直な気持ちを元旦那に伝えることは、シンプルでありながら、ダイレクトに誠実さが伝わる方法だといえます。

一度は別れた相手だからこそ、ストレートな思いが心に響きやすく、元旦那も復縁を受け入れやすいのです。

ただし、元旦那と復縁を望む場合、本記事で紹介した方法を試せていない状態で気持ちを伝えるのは、おすすめはできません。

以下の項目を行動にうつせたか、チェックをしましょう。

CHECK!

  • 別れる原因となった問題点が解決されているのか
  • 同じ状況になっても耐える強い覚悟はあるのか
  • 子どもがいる場合、子どもの考えを尊重したうえで復縁を決めているのか
  • 冷却期間を無駄にせず、自身の魅力を高めるために努力ができたか

復縁をしたい一心で元旦那に思いを伝えても、これらの行動ができていなかった場合、成功率が下がる可能性があるのです。

元旦那との関係を修復をしたい一心で焦って行動に移しても、よい結果は生まれません。

しかし、これらの行動は、元旦那の信頼を得るための行動だといえます。

復縁を目指すためには結果を急がず、確実にやるべきことをやってから素直な気持ちを元旦那に届けることで、成功率を上げられるのです。

このように、元旦那に復縁したい気持ちを素直に伝えることで、相手も真剣に受け止めて考えてくれます。

ただし、あなたの誠実さを伝えるには、素直な気持ちを伝える前の準備が必要であることを忘れてはいけません。

しっかりと準備をしたうえでストレートに伝えれば、元旦那も前向きに考えてくれやすくなるのです。

まとめ

今回は、離婚後の未練を断ち切る方法5選と、元旦那との復縁が難しい別れ方について紹介しました。

離婚をしてから、未練が残ってしまうケースは、決して珍しいことではありません。

そのため、未練を断ち切る方法を実践したうえで、それでも気持ちが元旦那にあるなら、復縁に向けて準備をしましょう。

ただし、復縁をするには、成功率を高めるための準備が必要です。

そのうえで、冷静さを取り戻し、丁寧にアプローチをしていけば、元旦那も復縁を前向きに考えてくれる可能性があります。

復縁をしたいのかどうか、あなたが今感じている正直な思いを大切にし、後悔をしない選択をしてくださいね。

関連記事