別れさせる方法

離婚させる方法!奥さんと不倫中の既婚男性を別れさせたい場合の具体的対策

離婚させる方法!奥さんと不倫中の既婚男性を別れさせたい場合の具体的対策
PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「既婚者を離婚させる方法が知りたい!」

「不倫中の既婚男性を嫁と絶対に別れさせたい!」

と考えている女性もいるのではないでしょうか。

好きになった男性を今の奥さんから奪い、男性を自分のものにしたいという感情は誰にでもあります。

しかし、夫婦を別れさせることは簡単なことではありません。

ですが、不可能というわけでもありません。

そこでこの記事では、以下の内容について詳しく解説していきます。

この記事でわかること

  • 不倫相手を離婚させる方法
  • 略奪婚をする上で必要な覚悟

不倫で悩んでいる女性は、この記事を参考に、自分がどうしたいのかを明らかにし、後悔しない人生を送れるよう参考にしてみてください。

不倫相手を離婚させたい!どうしたら離婚してくれるの?

不倫相手が奥さんとの離婚を考えていない場合、離婚をする決定的な理由がないことや、リスクを負いたくない気持ちがあるからだと考えられます。

離婚は人生を大きく変えると言っても過言ではありません。

安易な気持ちで離婚に踏み出せないのです。

また、離婚をすることで、少なからずリスクを背負います。

そのため、リスクに対する不安を和らげると同時に、リスクを背負ってでも一緒にいたいと感じてもらう必要があるのです。

そこで、不倫相手がどうしたら離婚をしてくれるのかを紹介します。

CHECK!

  • 離婚の障害を理解し、取り除く
  • 離婚の障害よりもあなたとの結婚が魅力的であると思わせる
  • 離婚を決断するきっかけを作る

これらを意識して行動することで、不倫相手の気持ちがあなたに傾きだし、離婚を意識し始めます。

焦らずにゆっくりと時間をかけて行動すれば、不倫相手の気持ちを動かせるのです。

一つずつ、詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

離婚の障害を理解し、取り除く

不倫相手を離婚させるためには、まず離婚の障害を理解し、取り除く必要があります。

離婚にはさまざまな障害があり、それが離婚できない原因になっているからです。

カップルの破局とは異なり、離婚は罪悪感やリスクが伴います。

離婚は、自分だけの問題ではありません。

残された家族や、離婚後の新しい家族へ迷惑をかけるうえに、自身にも精神的苦痛が待ち構えています。

そのため、あなたが離婚への障害に理解を示し、懸念材料を取り除くことで、離婚に前向きになってもらいやすいのです。

離婚の障害とは、以下のようなことが挙げられます。

CHECK!

  • 子どもへの罪悪感
  • 妻への罪悪感
  • 経済的な問題
  • 世間体(会社、近所、両親など)

離婚をすることで精神的・経済的に大きな影響がでます。

不倫相手が苦しいときこそ、あなたがどれだけフォローし、力になってあげられるかがポイントです。

支えになるだけではなく、あなたも一緒に頑張ることをさりげなく伝え、不倫相手の気持ちをあなたに引き寄せていきましょう。

子どもへの罪悪感

既婚男性が感じている不倫の障害として、子どもへの罪悪感があります。

既婚男性は、子どもが離婚によって精神的ダメージを受けることや、親権問題に巻き込まれることを懸念しているからです。

子どもが小さかったり、子どもとの関係が良好な場合は、子どもへの影響や罪悪感を感じることが多い傾向があります。

親の事情で両親がバラバラになってしまうのは、子どもにとっては衝撃が強く、精神面での影響が大きいのです。

幼稚園や学校でいじめの対象になる可能性もゼロではありません。

小さい子どもは、良し悪しが分からず、何でも言葉にします。

学校や幼稚園の保護者に事情を知られてしまったら、子どもたちの間でも話題になる可能性があるのです。

「パパとママは別れたの?」「パパはほかの女の人のところに行っちゃったんでしょ?」と子どもが言われたら、親としては心が痛みます。

離婚の理由が父親の不貞行為だと知ったら、子どもの心に大きな傷を負わせるのです。

また、離婚をしたら、親権問題が発生します。

どちらについたとしても、子どもの心は不安定になりがちです。

小学生であれば、周りの友人と自分を比較して「なんで自分には母親(父親)がいないんだろう」と、疑問に思う日もそう遠くはありません。

家庭によっては、子どもの尊重を無視されてしまうこともあります。

子どもが父親と暮らすことを望んでも、家庭の事情で母親に引き取られることもあるのです。

親の問題が子どもに大きく影響し、精神的につらい思いをさせてしまう可能性が高いと考えられます。

「大人の事情」という言葉で片付けられるほど、離婚は簡単な問題ではないのです。

このような子どもの精神的な問題は、既婚男性が不倫を決断できない要因となり、あなたと一緒になる覚悟ができません。

そのため、これらをあなたが取り除くことができれば、離婚への懸念を減らすことができるのです。

妻への罪悪感

既婚男性が感じている不倫の障害として、妻への罪悪感を感じてる場合があります。

既婚男性は、妻への感謝や責任、そして長い間一緒に過ごした絆からくる罪悪感を抱くことが多いからです。

あなたと不倫関係を築いていても、妻との関係が良好なこともあります。

この場合、特別な不満はなく、離婚を決断するほどの大きな理由がありません。

自分が働いている間に家を守り、帰ったら食事を用意してくれるなど、少なからず妻への感謝の気持ちがあります。

そういった日頃の感謝の気持ちから、離婚に踏み切れないのです。

また、妻への愛情がなくても、責任感から罪悪感を感じることがあります。

離婚をすることで、妻の生活が大きく変わるのです。

既婚男性からの収入をあてにできず、慰謝料でまかなえるほど、生活はラクではありません。

そのため、離婚をすることで妻の生活スタイルが大きく変わるため、自分だけの問題ではなくなってくるのです。

このように、既婚男性が妻に対して抱く感謝や責任感は、離婚を決めかねる原因だといえます。

あなたが既婚男性との新生活を望むのであれば、懸念している妻へのさまざまな思いを取り除くことで、離婚に向けて前向きな考えに変わるのです。

経済的な問題

既婚男性が感じている不倫の障害として、不倫相手の経済的な問題があります。

離婚により、財産分割や慰謝料、子どもの養育費などの負担があるからです。

妻からすれば離婚は夫の不倫が原因であるため、不倫がバレたうえで離婚に至った場合は、財産分与と言っても既婚男性に残るものが少ない可能性があります。

通常であれば、夫婦で半分ずつ取り分がありますが、状況によって財産分与の配分が変わることもあるのです。

離婚をしたら、慰謝料や解決金の問題も出てきます。

不倫がバレたうえでの離婚の場合は慰謝料300万円程度かかり、バレていなくても相手が離婚を拒否すれば、解決金として300万円程度かかる可能性があるのです。

さらに、子どもがいる場合は、養育費が発生します。

子どもの年齢や人数など、状況によって金額が異なりますが、平均して毎月6万ほどの支払いが余儀なくされるのです。

支払いの期間は家庭によって変わってきますが、長いと10年以上払い続けることになるため、すぐに終える話ではありません。

また、再婚すれば新しい家族の生活費がかかり、子どもができたら養育費の支払いも加わります。

離婚するということは、あなたへの愛情だけで簡単に決められることではなく、経済的な問題がある以上すぐに決断できないのです。

そのため、既婚男性に離婚を決意してほしいのであれば、あなたが経済的な問題を取り除いてあげることが大切だといえます。

離婚への懸念を減らし、あなたとの新生活への希望を与えてあげることが、離婚への近道となるのです。

離婚の障害よりもあなたとの結婚が魅力的であると思わせる

不倫相手を離婚させるためには、あなたとの結婚が魅力的であると思わせることが必要だといえます。

今よりもよい状況があると感じる場合、気持ちが動かされるからです。

離婚をする理由はさまざまですが、パートナーと一緒に暮らしていくのが難しいと感じると、離婚を考える傾向があります。

そのため、今の生活よりもあなたとの生活のほうが、心が豊かになることを照明する必要があるのです。

離婚に前向きになってもらうには、今の生活での不満を聞きだしましょう。

現状に対して何が不満なのかを知ることで、あなたがどういった女性を目指すべきなのかが明確になるからです。

たとえば、今の奥さんに対して「料理がおいしくない」という不満を持っていたとします。

そのような不満を抱えている既婚男性にとって、料理が得意な女性には心が奪われるのです。

「奥さんが〇〇さんみたいに料理がうまかったらなぁ」と思っているため、あなたが料理上手であれば、離婚を考えるきっかけになるといえます。

お菓子を作ったり、同じ職場であればお弁当を持参したりするだけで、料理が得意なことをアピールできるのです。

もし、既婚男性が毎回コンビニ弁当などであれば、捨てられる容器でお弁当を作ってあげましょう。

あなたの手作り弁当を食べれば、離婚後に迎えるあなたとの新生活が想像できて、幸せな生活への憧れが増すのです。

このように、あなたとの結婚が魅力的であると思わせることで、離婚を前向きに考えるきっかけが作れます。

離婚の障害を感じさせないくらいのあなたの魅力が伝われば、既婚男性の心を動かせるのです。

離婚を決断するきっかけを作る

不倫相手を離婚させる方法として、離婚を決断するきっかけを作ることが挙げられます。

人間は大きな変化を引き起こすための決断を下すとき、特定のきっかけが必要となることが多いからです。

特に、生活の中心を占めるような家庭の事情を変える決断は、そのきっかけがなければ踏み出すことが難しい場合があります。

つまり、好きという愛情だけでは、離婚をする決断には至らないということです。

たとえば、不倫の事実をバラしたりあなたが妊娠したりなど、離婚を選択せざるを得ない状況を作ることが大切だといえます。

「離婚を前向きに」というよりは「離婚をすべき状況」を作るのです。

離婚は、双方の同意が得られないと成立しません。

そのため、既婚男性と奥さんの両方が離婚を決意するような大きな問題でなければ、気持ちを動かせないのです。

このように、離婚を決断するきっかけを作ることで離婚への思いが強くなり、既婚男性の行動が変わっていきます。

離婚することは、既婚男性の生活のみならず、奥さんや子どもの人生を変えてしまいますよね。

奥さんや子どもの人生を変えてでも、あなたとの生活を選んでもらうためには、それだけ大きなきっかけが必要なのです。

不倫相手を奥さんと離婚させる具体的な方法

不倫をすると、最初は一緒に過ごせる時間があるだけで満足していても、そのうちに物足りなさを感じます。

不倫相手への気持ちが徐々に大きくなり、自分のものにしたいという感情が芽生えてくるのです。

しかし、不倫相手と奥さんを離婚させるのは、そう簡単なことではありません。

人生が大きく変わる一世一代の決断であるため、そう簡単に決められることではないのです。

そこで、不倫相手を奥さんと離婚させる具体的な方法を紹介します。

CHECK!

  • 離婚の障害を取り除く方法
  • あなたとの結婚が魅力的であると思わせる方法
  • 離婚を決断するきっかけを作る方法

これらの方法を試すことで、不倫相手の気持ちを大きく動かせる可能性が高まります。

「今の生活を手放しても一緒にいたい」と思ってもらえるようになり、離婚へと前進しやすくなるのです。

離婚の障害を取り除く方法

離婚をすること、さまざまな障害が発生します。

経済面や精神面でのダメージは免れず、さらに残された奥さんや子どものことを考えると、そう簡単には離婚に踏み出せないのです。

そのため、離婚後にそれらの障害をあなたがサポートすることで、不倫相手の気持ちが変わる可能性が高まります。

あなたがどれだけ不倫相手を支え、サポートしてあげられるかで、今後の人生が大きく変わるといっても過言ではないのです。

そこで、離婚の障害を取り除く方法を、以下の項目にそって紹介していきます。

CHECK!

  • 経済的なフォローをする
  • 離婚後の元妻・子どもとの関係に理解を示す
  • 別れさせ屋に依頼する

障害を取り除いてあげることができれば、離婚への迷いが徐々に薄れていきます。

不倫相手の不安や抱えている問題を解決し、少しずつ離婚へと誘導していきましょう。

経済的なフォローをする

離婚の障害を取り除くためには、経済的なフォローをすることが重要だといえます。

経済的な障害を解決できるからです。

離婚は経済的な問題が大きく、慰謝料や養育費の支払いが余儀なくされます。

そのため、あなたが経済的な問題解決のフォローをすることを伝えて、既婚男性の支えになることが大事なのです。

離婚をした場合、慰謝料は数十万〜300万ほどが相場となり、多額な資金が必要だといえます。

一般家庭であれば、一度にそれだけの額がなくなるのは厳しく、一括で払えない場合は分割で払うことになるのです。

分割で払えば、当然支払い終わるまでの期間が長く、毎月払う金額によっては何年もかかります。

支払回数によっては、長年払い続けなければならないのです。

また、不倫相手に子どもがいた場合、養育費が発生します。

養育費の相場は6万円ほどですが、子どもの人数や年齢によって金額は大きく変わってくるため、支払金額は増える可能性があるのです。

養育費は、子どもがある程度の年齢になるまで払い続ける必要があります。

家庭によって支払期間は異なりますが、長いと10年以上支払いが続くことも考えられるのです。

このような状況になることを考えると、離婚したくても経済的なリスクが大きく、簡単に決断できません。

そのため、あなたが経済的なフォローをすることを伝え、不倫相手の不安を取り除いてあげましょう。

具体的には、離婚後に働く旨を伝え、経済的不安を軽くしてあげることが大切です。

あなたの収入があるだけで、生活は大きく変わります。

経済面でのフォローを申し出ることで、不倫相手の心が軽くなるのです。

また、少しでも高い収入を得るために、今から資格取得の勉強をするのも効果的だといえます。

たとえば、事務仕事をするのであれば、簿記検定の資格を勉強しましょう。

事務仕事は、簿記の資格があるだけで面接が通りやすいといえます。

そのため、不倫相手に「将来のことを考えて資格取得の勉強をしているんだ」と伝えることで、あなたの誠意が伝わりやすく、不倫相手の心を動かすきっかけになるのです。

このように、離婚をすることで発生する経済的な苦痛をあなたがフォローすることが大切だといえます。

不倫相手が現在抱えている不安をクリアにし、離婚を真剣に考えてもらうように、あなたが誘導していきましょう。

離婚後の元妻・子どもとの関係に理解を示す

離婚の障害を取り除くためには、離婚後の元妻・子どもとの関係に理解を示すことが重要だといえます。

子どもや元奥さんへの罪悪感を薄れさせるからです。

離婚をすると、慰謝料や養育費の件で、元奥さんとの関わりがなくなることはありません。

子どもがいれば、なおさらです。

離婚をすることで、完全につながりをなくすことは難しく、定期的な交流は避けられないといえます。

そのため、子どもや元奥さんと定期的な面会を認めることで、元家族への罪悪感や精神的なつらさを和らげることができるのです。

もし、不倫相手に子どもがいた場合、学校行事には父親として参加しますよね。

あなたの本心は「行ってほしくない」と思っていても、不倫相手は父親としての責任を果たす必要があるのです。

「父親としての責任」とは、金銭的な部分だけではありません。

子どもの心のケアも必要であると考えられるため、毎日は会えなくなるにしても行事には積極的に参加し、父親としての役割を果たそうと考えているのです。

あなたが、そういった元奥さんや子どもとの関わりを理解し、受け入れることで、離婚への考え方が徐々に変わっていきます。

学校行事がなくても、子どもが「会いたい」と言ってきたら、快く送り出してあげるくらいの広い心を持つことで、元家族に対する精神的なつらさが薄れていくのです。

別れさせ屋に依頼する

離婚の障害を取り除くためには、別れさせ屋に依頼をすることが効果的だといえます。

自分では解決できない問題に取り組めるからです。

別れさせ屋に依頼をすれば、さまざまな問題を解決に導いてくれます。

不倫相手と奥さんが別れるために、作戦を考え、あなたが望む結果になるように動いてくれるのです。

たとえば、今の奥さんが浮気をするように仕向けて証拠を抑えることで、離婚の罪悪感を消せたり、慰謝料問題を解決できたりします。

もし、奥さんが浮気したら、不倫相手から奥さんの両親に嫁の浮気をバラせますよね。

そうすることで、両親から嫁へのイメージを悪くさせることもでき、両親との関係を壊す状況も作れるのです。

また、ターゲットを奥さんではなく、不倫相手にもできます。

不倫相手に離婚をするように心理誘導を仕掛けることもできるため、早く、絶対に離婚させたい場合には非常に効果的な方法なのです。

別れさせ屋の相場は、数十万〜200万ほどになり、成功した場合は成功報酬が加算されます。

しかし、成功率は高いのですが、まれに失敗することもあるので注意が必要です。

経験が豊富でノウハウもあることから成功率は高いですが、高額な上に成功が約束されていない点は、頭に入れておきましょう。

あなたとの結婚が魅力的であると思わせる方法

不倫相手に離婚を考えてもらうには、あなたとの結婚が魅力的であると思わせることが大切だといえます。

あなたとの結婚が魅力的に感じなければ、離婚をする必要がないからです。

あなたと将来的に一緒になることが、不倫相手にとってメリットがなければ、リスクを追ってまで今の生活を手放しません。

リスクよりもあなたとの新しい生活を選んでもらえるように、下記の方法で、あなたとの結婚が魅力的であることをさりげなく伝えていきましょぅ。

CHECK!

  • 相手の不満や愚痴など、話しを聞く
  • 奥さんにない魅力を見せる
  • 自分磨きをする
  • 相手の時間を奪う

このような行動を適度に行うことで、徐々にあなたへの好意が増していきます。

その結果、将来的なことを具体的に考え始めるきっかけとなり、離婚を視野に入れるようになるのです。

相手の不満や愚痴など、話しを聞く

あなたとの結婚が魅力的であると思わせる方法として、相手の不満や愚痴など、話しを聞くことが効果的だといえます。

相手に安心感を与えられるからです。

あなたが親身になって話を聞くことで、カタルシス効果が期待できます。

カタルシス効果とは「愚痴や不満を聞いてもらうことで気持ちがラクになって安心感を得られる」という意味を持つ心理学の一つです。

カタルシス効果をうまく取り入れていければ、不倫相手は徐々に離婚をする方向に気持ちが向いてきます。

不倫相手の悩み事や愚痴は、嫌がらずに優しく聞いてあげましょう。

不倫相手の愚痴や不満の原因は、職場か家庭であることが多いですよね。

普段の何気ない会話から悩みを聞き出し、優しく包み込んであげることが大切です。

人間は、自分の味方になってくれる人を好みます。

話の内容が明らかに不倫相手が悪かったとしても、一方的に責めず受け止めてあげるのです。

もし、あなたが相談にのるのが苦手なタイプであれば、無理にアドバイスをする必要はありません。

「つらいよね」「〇〇さんの気持ち、わかるよ」と、寄り添う姿勢をみせるだけで十分です。

不倫相手の不満や愚痴を聞いてあげるだけで、相手の心は軽くなり、あなたへの愛情がどんどん深くなっていきます。

そのうち、あなたがいない日々が考えられなくなり、結果的に離婚を考えるようになるのです。

奥さんにない魅力を見せる

あなたとの結婚が魅力的であると思わせる方法として、奥さんにない魅力を見せることが効果的だといえます。

相手が感じてる結婚生活の不満を、解消できると思わせられるからです。

奥さんにない魅力があなたにあれば、あなたと一緒にいたいと思う気持ちが強まります。

魅力に感じる部分が多いほど、離婚について真剣に考えてくれるようになるのです。

たとえば、不倫相手に対して奥さんの扱いがひどい場合、あなたが優しく接し、敬う姿勢を見せることであなたへの愛情が増していきます。

もし、料理が苦手な奥さんなら、おいしい手料理を作ってあげましょう。

このように、奥さんに対して不満に思っていることを、あなたが解消してあげることが大切だといえます。

何度も繰り返すことで、あなたと一緒に生活したときのことを想像し、現状の生活と比較するようになるのです。

「離婚して一緒になれたら、優しくて、料理上手な奥さんがいてくれる」と思わせることで、今の生活から離れることを視野に入れて考えます。

離婚したことで手に入る明るくて幸せな日々が想像できれば、今の生活を続けていくことが苦しくなり、新たな生活を手に入れたくなるのです。

そのため、あなたが奥さんよりも勝る部分を不倫相手にさりげなくアピールし、離婚するように仕向けてきましょう。

自分磨きをする

あなたとの結婚が魅力的であると思わせる方法として、自分磨きをすることが効果的だといえます。

あなたを手放したくないと思わせるからです。

奥さんとの結婚生活が長いと、外見に気を遣うことがなくなっていきます。

家事が忙しいうえに、子どもがいる場合は「女性」から「母親」になるからです。

外見は、不倫相手が好む女性になりましょう。

髪形やスタイル、メイクやファッションなど、不倫男性好みになることで、さらに大事にしてもらえます。

特に、メイクはYouTubeなどの動画配信サイトで詳しく解説しているチャンネルもあるため、研究を重ねれば見違えるほど美しくなれますよ。

スタイルは、すぐに結果はでませんが、運動や食事を工夫することで、確実に変化が表れます。

男性は、自分好みの人を手放したくありません。

そのため、毎日の努力を重ねれば、あなたへの愛情がさらに深まるのです。

外見と同時に、内面も磨いていきましょう。

見た目が美しくても、性格が悪いと「離婚をしてまであなたと一緒になりたい」という気持ちを、不倫相手から引き出すことは難しいといえるのです。

内面が美しい人は、ポジティブな発言が多く、常に笑顔で接しています。

常に前向きで明るく、会話をしていても相手を嫌な気持ちにさせない、人の気持ちがわかる女性は美しいですよね。

マイナス思考の人は、日常的に使っている言葉や考え方を変えるだけでポジティブになるので、下記を参考にしてみてください。

CHECK!

  • 優柔不断→慎重になって考えているからこそ決められない
  • うるさい→にぎやかで楽しそう
  • 仕事が遅い→仕事が丁寧だから時間がかかっている
  • 仕事でミスをする→また一つ成長した

このように、ネガティブだと捉えられる言葉をポジティブに置き換えることで、その場の空気が重くなりにくいですよね。

内面は、少しの心がけですぐに変えられます。

外見と内面を美しさを増すことで、不倫相手の気持ちを引き寄せられるのです。

相手の時間を奪う

あなたとの結婚が魅力的であると思わせる方法として、相手の時間を奪うことが効果的だといえます。

あなたと過ごす時間が多いほど、関係性が深まるからです。

これは、単純接触効果が深く関係しています。

接点が多くなるほど相手への好意が増し、興味が湧いてくるといった心理学の一つです。

少ない時間でも、会えるときは積極的に交流も持ちましょう。

そのなかで、特に意識したいのが「ドア・イン・ザ・フェイス」という方法です。

このやり方は「相手に対しての要望を徐々に軽いものにしていき、相手との接点を増やしていく」といった方法で、会話の中に簡単に取り入れられます。

「結婚してほしい→離婚してほしい→もっと会ってほしい」など、徐々に軽い要求にしていくのです。

「結婚なんて無理だよ」と最初は断りますが「会うくらいならいいかな」というように、不倫相手があなたの要望を受け入れやすい状態が自然に作れます。

ポイントは、最初から「会いたい」という要望を出さないことです。

最初に出してしまうと、その次に提示するものは「会う」よりもハードルが低いことを要求せざるを得ないことになるため、本来の目的は最初に言わないようにしましょう。

このように、ドア・イン・ザ・フェイスを取り入れることで、自然に接点を増やせる効果が期待できます。

それによって、単純接触効果につながり、不倫相手の気持ちがあなたに向いてくるのです。

離婚を決断するきっかけを作る方法

不倫相手に離婚をしてもらうには、大きなきっかけがないと難しいですよね。

離婚は家庭を壊してしまうため、あなたに対する愛情が深くても「好き」という気持ちだけでは安易に決められないのです。

そのため、離婚を決断してもらうきっかけを作るには、少し思い切った行動が必要だといえます。

しっかりと自分の気持ちが不倫相手に伝わるように、少し大胆な行動で、離婚に促していきましょう。

そこで、離婚を決断するきっかけを作る方法を紹介します。

CHECK!

  • ストレートに伝える
  • 別れをちらつかせる
  • 奥さんに不倫をバラす
  • 妊娠したとうそをつく

このような行動にうつすことで、あなたの気持ちが伝わり、離婚を決断するきっかけを自然に作れます。

しかし、場合によっては関係が崩れてしまう可能性があるため、注意しましょう。

ストレートに伝える

離婚を決断するきっかけを作るためには、気持ちをストレートに伝えることが有効だといえます。

あなたの真剣な思いを理解してもらえるからです。

不倫相手は、あなたの気持ちが明確ではないと、離婚できません。

不倫相手があなたと一緒になりたくても、あなたの温度が低ければ、離婚しても無駄だと感じるからです。

そのため、まずはあなたが「結婚したい」という素直な気持ちを不倫相手に打ち合けましょう。

あなたの正直な気持ちに心を動かされ、離婚へと進めてくれる可能性があるからです。

しかし、あなたの気持ちを素直に伝えるだけでは効果が薄いので、さらに結婚したことで得られるメリットを伝えることが大切だといえます。

「離婚の障害を取り除く方法」でも紹介した、以下のことを伝えるのです。

経済的なフォローをする

離婚後の元妻・子どもとの関係に理解を示す

離婚したことで生じる経済的・精神的不安を取り除き、元家族への罪悪感を抱かせないようにサポートする旨を真剣に話すことで、より本気度が伝わります。

不倫相手は、あなたと結婚することにメリットを感じなければ、離婚はしません。

リスクがあっても、あなたといる価値があると感じてもらうには、あなたの素直な気持ちと誠意が必要なのです。

別れをちらつかせる

離婚を決断するきっかけを作るためには、別れをちらつかせるが効果的だといえます。

彼があなたを失う可能性に直面することで、彼があなたとの関係を真剣に考えるきっかけになるからです。

心理上の間欠強化を利用することで、2人の関係が前進する可能性が高まります。

間欠強化とは「毎回ご褒美や報酬がもらえるよりも、ときどきもらえるほうが喜びやうれしさが増す」という心理学の一つです。

この、間欠強化を利用して、別れをちらつかせましょう。

「そろそろ別れたほうがいいかな」「最近会えないし、これ以上一緒にいてもうまくいかないのかな」など、不倫相手に別れをちらつかせるのです。

あなたのことが好きであれば、離婚や現在の関係について、真剣に向き合ってくれる可能性があります。

好きな女性に別れをちらつかせられたら、焦りますよね。

あなたを失いたくない思いが強ければ、今の状況から何かしらポジティブな変化が表れると考えられるのです。

ただし、不倫相手があなたとの関係を遊びだと感じていた場合、そのまま別れをむかえてしまう可能性があります。

そのため、現在の状況によっては、あなたの望まない方向に進む場合があるので注意しましょう。

奥さんに不倫をバラす

離婚を決断するきっかけを作るためには、奥さんに不倫をバラすことも有効だといえます。

不倫が奥さんに知られることで、家庭内での衝突が発生するからです。

旦那が不倫をしていると知ったら、通常であれば奥さんは大激怒ですよね。

家庭内で離婚の話が出てくる可能性も十分に高く、夫婦関係の悪化が期待できるのです。

しかし、あなたが不倫を奥さんにバラしたことを不倫相手に知られてしまった場合、あなたの立場が悪くなる可能性が高いといえます。

そもそも、不倫は誰にもバラしてはいけない秘密の恋愛です。

この暗黙の了解を破り、よりによって一番知られたくない奥さんに知られてしまったとなれば、不倫相手も黙ってはいません。

不倫相手ともめる可能性が高く、この時点で不倫が解消になることも考えられます。

不倫相手を怒らせてしまったら、不倫をバラしたという行為から信用を失うのです。

また、奥さんに不倫がバレても、離婚をしない可能性もあります。

高確率で夫婦仲は悪化しますが、一時的なもので、最終的に離婚には至らないケースもあるのです。

そのため、奥さんに不倫をバラすことで家庭内での衝突はあっても、あなたの思い通りの結果にならないこともあるため安易に実行するのはやめましょう。

妊娠したとうそをつく

離婚を決断するきっかけを作るためには、妊娠したとうそをつくことも効果的だといえます。

強引に相手の決断を迫ることができるためです。

あなたが妊娠した場合、父親としての責任をとることが一般的な選択だといえます。

そのため、自分の子どもを育てるために、離婚を決断してくれる可能性が高まるのです。

しかし、うそがバレてしまった場合、不倫相手ともめる可能性があります。

「妊娠」は人の心を動かせるほどの大きな出来事ではありますが、それだけリスクが高い方法であることは理解しておきましょう。

また、不倫相手の気持ちを引き寄せたいがために、わざと妊娠することも控えるべき行動だといえます。

その理由は二つあり、一つ目は「おろしてよ」と、無責任なことを言われる可能性があるからです。

父親としての責任を果たさず、出産に反対をする男性も少なからずいます。

そのため、せっかく授かった命を受け入れてもらえないケースがあるため、注意をしましょう。

二つ目は「離婚はできないけど、子育てに協力する」と言われる可能性があることです。

この場合は、父親としての責任を果たそうという意思表示はしていますが、あなたはシングルマザーと同じような立場になるといえます。

不倫相手に家庭がある以上、助けてほしいときに助けてもらえないことも多く、世間で言われている「ワンオペ育児」になるからです。

わざと妊娠しても、必ずしも離婚をしてくれるとは限りません。

そのため、妊娠したとうそをついたり、わざと妊娠したりすることは、関係悪化につながるケースもあるため軽い気持ちでは実行しないようにしましょう。

略奪婚をするうえで必要な覚悟

不倫相手が離婚して、あなたとの生活を選んだ場合、とても幸せな気持ちでいっぱいですよね。

しかし、略奪婚は普通の結婚とは違います。

むしろ「結婚後が大変」という認識を持っていたほうが、後々になって「こんなはずじゃなかった」という思いを抱えなくてすむのです。

略奪婚は、お互いの愛情だけで成立するものではありません。

さまざまな覚悟をもっていないと、つらい思いをしてしまうのです。

そこで、略奪婚をするうえで必要な覚悟について、以下の項目にそって紹介します。

CHECK!

  • 相手の家族を不幸にしてしまうかもしれない覚悟
  • 略奪後も経済的な負担をし続ける覚悟
  • 相手の望む女性で居続けなければいけない覚悟
  • 浮気されるかもしれない覚悟

これらの覚悟がない状態で略奪婚にふみきると、経済的・精神的にしんどい状態が余儀なくされます。

あらかじめ理解したうえであれば、そこまでのダメージを受けにくく、多少の困難であれば乗りこえていけるのです。

相手の家族を不幸にしてしまうかもしれない覚悟

略奪婚をするうえで必要な覚悟の一つに、「相手の家族を不幸にしてしまうかもしれない覚悟」があります。

不倫からの略奪婚は、相手の配偶者や子どもにとって非常に大きな精神的な苦痛となり、その家庭を破壊する可能性があるからです。

不倫により家庭が崩壊した場合、子どもたちは両親の離婚という心の傷を負い、配偶者は裏切られたという感情と向き合わなければなりません。

子どもが小さいとまだわからないかもしれませんが、少し大きくなると自分に父親がいないことに気がつきます。

そのときの子どもの心は、想像するだけで本当に苦しいですよね。

子どものときにできた心の傷は、大人になっても残り続けます。

心の傷が深いぶん、大人になってもつらかった出来事として記憶に残ってしまうのです。

また、配偶者にとってもショックは大きく「どこの誰かもわからない人に家庭を壊された」という思いが少なからずあります。

夫に対しては「家庭を壊してほかの女性のところで幸せに暮らしている」という認識があり、悔しさや怒りなど、気持ちのやり場がないのです。

あなたに家庭を壊されてしまい、子どもや奥さんは本当につらい思いを抱えて生きていきます。

そのような家族に対して、あなた自身もつらくなり、略奪婚が成立した場合は、そういった罪悪感を抱えて過ごす覚悟が必要なのです。

不倫相手の家族は、離婚を受け入れたとしても、心に大きな傷を負います。

一つの家庭を壊したという事実は消えず、あなたが残された家族に対しての罪悪感を抱えながら過ごす強い覚悟がないと、略奪婚は難しいのです。

略奪後も経済的な負担をし続ける覚悟

略奪婚をするうえで必要な覚悟の一つに、「略奪後も経済的な負担をし続ける覚悟」があります。

略奪婚後も、離婚した配偶者や子どもへの経済的な負担、また新たな家庭を築くための経済的な必要性が存在するからです。

元妻が再婚したり、子どもが社会人になるまでは養育費が発生しますよね。

養育費は、長いと10年以上にわたり支払いが続くケースもあるため、経済的にしんどい時期が続きます。

財産分与で家を渡している場合は、住宅ローンを負担しなければならないこともあり、さらに毎月の出費がかさむのです。

そういったなかで、もし、あなたと相手との間に子どもができたら、さらに経済的な負担がかかります。

略奪婚は、通常の結婚とは違い、スタートした時点から経済的な負担が大きいのです。

そのため、あなたが経済的な負担を乗りこえるだけの覚悟がないと、略奪婚は厳しいといえます。

あなた自身も家事に加えてパートに出るなど、働き詰めになることを視野に入れておかないと、略奪婚後に厳しい現実に苦しめられるのです。

相手の望む女性で居続けなければいけない覚悟

略奪婚をするうえで必要な覚悟の一つに、「相手の望む女性で居続けなければいけない覚悟」があります。

相手があなたを選んだ理由が、あなたの特定の特徴や行動にひかれた結果である可能性があるからです。

不倫関係のときに、相手の気持ちを引き寄せるために意識してやっていた行動がありますよね。

たとえば、親身になって話を聞く、いつも笑顔で接していたなど、略奪婚後も崩さずに維持していく必要があります。

略奪婚は、前項でも紹介したように、精神面・経済面で大きなダメージを受けるので、心身ともに疲労がたまりやすいといえるのです。

そういった状態でも、相手の望む女性で居続けなければいけないため、常に相手を中心に考えた生活を心がける覚悟がないと略奪婚は難しいといえます。

不倫のときに頑張りすぎると、略奪婚が成立した後は、つらい思いをするかもしれません。

しかし、相手の家族を傷つけて手に入れた新しい生活を壊さないためには、相手が望む女性で居続ける必要があるのです。

浮気されるかもしれない覚悟

略奪婚をするうえで必要な覚悟の一つに、「浮気されるかもしれない覚悟」があります。

自分が略奪婚のパートナーとなった相手が、一度不倫をした人物であることを考えると、再び浮気をする可能性が否定できないからです。

もともと、不倫から始まった恋であるため、相手も不倫に対して理解があると考えられます。

不倫に至った原因が元家族だった場合、新しい家族のなかで気に入らないことがあったら、浮気にはしることも十分にあるのです。

しかし、相手が浮気をしても、あなたは強く責められません。

なぜなら、あなたも同じことをして家庭を壊していますよね。

相手に浮気をされる可能性が普通の人よりも高いうえに、浮気が発覚しても強く言えないため、つらい思いをしてしまうのです。

そのため、浮気をされるかもしれないという覚悟がないと、略奪婚は難しいといえます。

夫婦げんかが続いてしまったり、家庭内でうまくいかないことがあったりすると「浮気していたらどうしよう」と不安になるかもしれません。

そのような気持ちを抱きながらの生活は、心がつらく、覚悟がないと精神的に不安定な状態が余儀なくされるのです。

まとめ

今回は、不倫相手を離婚させる方法について紹介してきました。

家庭がある人との進展を望む場合、正しい方法で慎重に行動すれば、相手の気持ちを動かすことが可能です。

しかし、離婚を決断させるためには、少し大胆な行動が求められます。

非常に効果が高い方法ではありますが、関係性が崩れてしまうリスクがあるため、注意が必要です。

また、略奪婚は、さまざまな覚悟が必要です。

不倫相手に対する深い愛情だけで安易に決めてはいけません。

「リスクを背負ってでも一緒にいるべき相手なのか」をよく考えてから、行動にうつしましょう。

関連記事