別れさせる方法

メンヘラ嫁と離婚したい!離婚できるかの基準と離婚する方法、つらい状況への対処法

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「メンヘラ嫁と離婚したいけど、できるのかな?」

「嫁のメンタルが不安定すぎて疲れる。離婚する方法はないかな」

とお悩みの男性も多いのではないでしょうか。

結婚後の妻の精神的な不安定から、日々の生活に疲れて離婚したいと考える男性は少なくないでしょう。

しかし、恋人とは違い、夫婦はそう簡単に離婚はできません。

そこでこの記事では、メンヘラ妻と別れることができるのか、どうすれば別れられるのかについて紹介をしていきます。

また、結婚生活は精神的に不安定になりやすいため、奥さんは実はメンヘラではなく、精神的に疲れているだけの可能性も十分に考えられます。

その場合は、改善の余地があるため、メンヘラ妻の特徴や結婚生活で精神不安になってしまう原因から、奥さんの状況を見極めてみてください。

今のつらい状況にお悩みの人は、この記事を読んで、現状を改善する役に立ててみてください。

メンヘラ嫁との離婚はできるの?

メンヘラ妻と離婚するためには、相手からの合意または、法定離婚事由に当てはまる事実が必要だといえます。

婚姻関係の解消は、簡単にはできないからです。

メンヘラ嫁と話し合い、お互いが納得ができれば問題はありませんが、一筋縄ではいかないことも多く、別れが成立する前に苦労することも珍しい話ではありません。

しかし、以下の民法第770条に当てはまる場合は、離婚裁判をおこせます。

配偶者の不貞行為

悪意の遺棄

配偶者の生死が三年以上明らかでないとき

配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

「配偶者の不貞行為」とは、浮気や不倫のことです。

「悪意の遺棄」とは、収入を得ているのにも関わらず生活費を渡さなかったり、意味もなく同居を拒否するなどが該当します。

「配偶者の生死が三年以上明らかでないとき」とは、配偶者が音信不通で生死の確認が三年以上明らかではないときのことです。

「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」とは、夫婦として一緒に生活することが困難だと判断されたときに当てはまります。

「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」とは、相手から自分や子どもへの暴力や暴言、虐待・モラハラなどで関係修復が見込めない状態のことです。

メンヘラの場合、一見「配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」に当てはまるように思えますよね。

しかし、当てはまるかどうかは、医師の判断に委ねられます。

回復の見込みがない場合や、長期的に回復を支援し、離婚後も支援できるかといった点が条件であることが多く、現実的には離婚事由にはなりにくいのです。

このように、メンヘラ嫁と離婚をする場合、相手の合意が得られないとスムーズに離婚の話が進まない可能性があります。

法定離婚事由に当てはまる事実がないと、メンヘラ嫁とはそう簡単には離婚ができないのです。

メンヘラ嫁と離婚をする方法

メンヘラ嫁と一緒にいると、振り回されることも多く、一緒に生活するのが難しいと考えてしまいますよね。

しかし、前項でもお伝えしたように、メンヘラ嫁との離婚は難しいことも多く、一筋縄ではいかないケースもあります。

もともとメンヘラは、家族への依存心が強かったり感情の起伏が激しかったりする傾向があるため、離婚の話がスムーズにいかないことも珍しい話ではないのです。

とはいえ、このまま一緒に居続けるのは精神的にもつらいですよね。

そこで、メンヘラ嫁と離婚をする方法について紹介します。

CHECK!

  • 話し合う
  • 調停の申立をする
  • 別れさせ屋に依頼をする

これらを行動にうつすことで、メンヘラ嫁と別れられる可能性が高まります。

一度はメンヘラ嫁と向き合い、それでも難しいようであればプロの力に頼ることも視野に入れましょう。

話し合う

メンヘラ嫁と離婚をするためには、話し合うことが重要だといえます。

お互いの同意があれば離婚できるからです。

離婚をするにあたって、避けては通れないのが話し合いですよね。

まずは、話し合いの場を設け、離婚したいことを正直に伝えましょう。

後ほど本記事内でも紹介しますが、メンヘラ気質のある女性は感情の起伏が激しく、情緒不安定です。

そのため、あなたが離婚をしたい旨を打ち明けたら、泣き出したり感情的になって強い口調で反論したりするかもしれません。

しかし、あなた自身は冷静でいることが大切です。

あなたも一緒になって感情的になってしまうと、メンヘラ嫁をさらに興奮させてしまう可能性があります。

メンヘラ嫁が取り乱しても、あなたはその場の雰囲気に流されないようにしましょう。

あなたが離婚をしたいと告げたときに、メンヘラ嫁の合意が得られたら離婚が可能です。

すぐにメンヘラ嫁からの応えを求めず、何度も回数を重ねて、じっくりと話し合うことが大切だといえます。

根気よくあなたの思いを伝えることが、離婚への近道です。

ただし、相手がメンヘラな一面を爆発させてしまうと話し合いは難航するため、メンヘラ嫁の状態をみて話し合いのタイミングを見極めることも重要だといえます。

メンヘラ嫁の状態が悪いときに話し合いを設けてしまうと、相手が話し合いに向き合わなかったり、感情的になりやすかったりするのです。

もし、可能であれば、第三者に同席をしてもらいましょう。

メンヘラ嫁が取り乱したときに第三者がいれば、なだめてもらうこともできるため、落ち着きを取り戻してくれる可能性があります。

しかし、あまりにも状態が悪くなってしまった場合は話し合いを中断し、別日で改めたり次項で紹介する方法に切り替えたりして対応を変えましょう。

調停の申立をする

メンヘラ嫁と離婚をするためには、調停の申立をするという選択肢もあります。

話し合いで離婚できない場合は、第三者の協力を経て離婚できる場合があるからです。

メンヘラ嫁との話し合いがうまくいかないときは、家庭裁判所に調停の申立をしましょう。

調停の申立をすることで、第三者である裁判官や調停委員が仲介してくれます。

話し合いがスムーズに進みやすく、当事者同士が話すわけではないため、大きなトラブルに発展しにくいのも特徴です。

当事者同士が話し合いをするよりも冷静に話を進められるため、問題の解決が早まる場合があります。

しかし、調停の申立をしたからといって、必ずしもスムーズにいくとは限りません。

メンヘラ嫁から合意を得られないと、離婚が成立するまでには時間がかかり、長期化してしまう恐れがあるからです。

また、通常であれば当事者同士で一度話し合い、それでも解決に至らなかった場合に申し立てが行われます。

そのため、なかには「離婚については話すつもりはない」と、メンヘラ嫁から拒否をされてしまうことも少なからずあるのです。

話し合いがきっかけで関係がぎくしゃくした状態だと、離婚の話し合いに応じてもらえず、スムーズに進みません。

調停の申立をしても、話し合いの機会を作る段階から苦戦を強いられるケースもあるので、一筋縄ではいかないこともあるという点を頭に入れておきましょう。

別れさせ屋に依頼をする

メンヘラ嫁と離婚をするためには、別れさせ屋を使うという方法もあります。

離婚しやすい状況を作れるからです。

別れさせ屋に依頼をすると、工作員が練った作戦により、依頼者が望む結果に導いてくれます。

今回のようにメンヘラ嫁と離婚をしたい場合、相手に新しい恋人という依存先をあてがうことで、離婚に同意させやすくなるのです。

もし、不貞行為の証拠をおさえられたら、法定離婚事由の「配偶者の不貞行為」に当てはまり、強制的に離婚ができる状況を作れます。

別れさせ屋にメンヘラ嫁の不倫相手になってもらい、不貞行為に誘導させるのです。

別れさせ屋の相場は数十万〜200万ほどになり、状況により金額は上がります。

とはいえ、あらゆる方法で成功に導く、経験豊富なプロの集団です。

高確率で成功するうえに、あなたは別れさせ屋に依頼をするだけで、大きなリスクを背負う必要がありません。

何食わぬ顔をして、いつも通り生活をしていればよいのです。

しかし、成功率が高いとはいえ、失敗をすることがあるのも事実であることは頭に入れておきましょう。

失敗例としては以下のとおりです。

CHECK!

  • 工作員のミスによってメンヘラ嫁にバレてしまった
  • 依頼者側の不注意によってバレた
  • 作戦通りにいかずに調査回数が増え、予算オーバーであなたから調査の辞退を申し出た
  • 依頼した業者が悪徳業者だった

バレてしまう原因の多くは業者側に問題がありますが、あなたの不注意でメンヘラ嫁にバレてしまうことがあります。

たとえば、依頼人が必要以上に案件に介入したり、別れさせ屋からもらった資料をメンヘラ嫁に見られてしまったりなど、細心の注意を払う必要があるのです。

このように、別れさせ屋に依頼をすることで、メンヘラ嫁と離婚できる可能性が一気に高まります。

しかし、思わぬ形でバレてしまうこともあるので、業者選びからあなた自身の言動まで、すべてを慎重に行いましょう。

メンヘラ嫁の特徴

メンヘラと言うと、付き合い方が難しいイメージを持つ人が多く、悩みのタネになるケースがありますよね。

メンヘラ嫁と一緒にいることで、自分が疲れてしまったり、精神的に苦痛を感じてしまったりする人が多く、接し方が難しいのです。

そのため、好きになって結婚までたどり着けても、メンヘラ嫁との関わり方に悩み、結果的に離婚を望む人も少なくありません。

メンヘラはその人の個性だと捉えられるほど簡単なことではなく、受け入れるのが大変な気質の一つなのです。

そこで、メンヘラ嫁の特徴について紹介します。

CHECK!

  • 情緒不安定
  • 無理な要求
  • 依存しやすい

メンヘラ嫁の特徴を知ることで、適切な付き合い方が少しずつ見えてきます。

誤った接し方をしてしまうと、自分に大きな負担がかかる可能性があるので、まずはメンヘラ嫁の特徴を知って適切な付き合い方を見いだしていきましょう。

情緒不安定

メンヘラ嫁の特徴の一つに、情緒不安定があります。

これは、メンヘラ嫁が一般的に感情の起伏が激しく、日常生活のささいな出来事に対しても強く反応する傾向があるからです。

メンヘラ嫁は、気分の波が激しく、よいときと悪いときの差が大きい傾向があります。

ささいなことで気分がよくなったと思えば、急に機嫌が悪くなって感情的になることも珍しくはありません。

つらいときは泣き、気にくわないことがあれば激しく怒るなど、ちょっとしたことで怒りや悲しみが爆発します。

よく言えば喜怒哀楽がわかりやすいのですが、悪く言えば感情のままストレートに表現をするので、一緒にいる人は疲れてしまうのです。

このような人は、感情のコントロールが難しいといった特徴もあり、思うがままに自分を表現します。

感情をおさえることができずに表に出してしまうため、周囲の人も戸惑いを隠せず「付き合いづらい」「面倒くさい人」と思われてしまうことも多いのがメンヘラです。

そのため、メンヘラ嫁と一緒にいると感情に振り回されてしまうことも多く、精神的にしんどいと感じてしまう人も少なくはありません。

情緒不安定は「何でいつも感情がコロコロ変わるの?」「そんなに小さなことで感情を爆発させないで」というように、周囲が理解し難いタイミングで感情が乱れます。

情緒不安定な人と長く良好な関係を築くには、相手への理解と、強い精神力が必要なのです。

無理な要求

メンヘラ嫁の特徴の一つに、無理な要求をすることがあります。

メンヘラ嫁が自身の要求に対する認識が曖昧で、その要求が現実的でないことを自覚しきれないことが多いからです。

たとえば、自分への愛情を確かめるように「ずっと一緒にいてほしい」という無理な要求をしてくるケースも少なくはありません。

そのほかにも「今から会いに来てほしい」という要望や「メールやLINEは5分以内に返してくれないと不安になる」など、厳しい要求を突きつけてきます。

このような無理な要求をするのには、次に挙げるようなメンヘラ嫁ならではの理由があるのです。

CHECK!

  • 「愛されている」という実感がほしい
  • 寂しがり屋
  • 極度のかまってちゃん

メンヘラ嫁が無理な要求をするのは心を満たし、安心感を得たい気持ちからくる行動だといえます。

メンヘラ気質がある人は、自信がない人が多く、不安になることが多いのも特徴です。

「こんなお願いをしたら嫌われてしまうかも」「迷惑じゃないかな」など、相手の気持ちを考えません。

自分が満たされたらそれでよく、自分の要望をかなえてくれるような、安心感を与えてくれる存在がほしいのです。

このように、メンヘラ嫁は無理な要求をして、自分の欲を満たそうとします。

その要求が現実的ではなくても、本人はそのことに気づきにくく、寂しさの軽減や安心感を求めて無理なことでも構わず要求してしまうのです。

依存しやすい

メンヘラ嫁の特徴の一つに、他人に依存しやすいことがあります。

メンヘラ嫁が自分一人では不安定な感情をコントロールできず、他人に支えられることで感情の安定を求める傾向があるからです。

「24時間一緒にいてほしい」「ずっと連絡が取れるようにしてほしい」などを求めてくることがあり、常に第三者とのつながりがないと不安を感じてしまいます。

そのような要望に応えられないと、不安が押し寄せて感情がおさえられなくなり、情緒不安定な一面が前面に出てきてしまうのです。

パートナーに依存をしすぎると、人によっては占いにハマってしまう人もいます。

パートナーが自分の思い通りに動いてくれないと不安や悲しみに襲われ、自分では感情のコントロールができない状態になるのです。

そういったときに、占い師に相談をして「パートナーの気持ち」や「パートナーから嫌われているのではないか」という不安を解消するために相談をします。

もし「パートナーはあなたへの気持ちをしっかりと持っていますよ」と言われたら安心しますが、悪いことを言われたらほかの占い師に相談をするのです。

占い結果が悪かった場合「鑑定が当たっていない」と解釈をし、よいことを言ってくれる占い師を探して頼ってしまいます。

メンヘラ嫁がパートナーに依存をすると、自分の心が満たされなかったときに、新たな依存先を見つけて心の安定を求めてしまうのです。

一度依存をすると、その状態から抜け出すのは容易ではありません。

メンヘラ嫁にとっての精神安定剤のようなものになっているため、特に恋愛面ではパートナーに依存しやすいのです。

人によって異なりますが、情緒不安定なだけの場合は、メンヘラではなく別のことが原因の可能性もあります。

情緒不安定が特徴とされる病気があるので、パートナーの状況を見て判断をしましょう。

次項では、結婚生活で精神不安になってしまう原因について紹介するので、そちらも見逃さないでくださいね。

結婚生活で精神不安になってしまう原因

結婚生活を続けていると、さまざま点で「思っていたのと違う」と思うことが多くあります。

「結婚=幸せ」と捉えている人も多く、結婚をしてからのギャップに不安を感じたり、戸惑ったりすることも決して珍しいことではないのです。

現在の生活で感じている不安や戸惑いは、積み重なると大きなストレスになり、精神的に負担を感じます。

精神面で影響を及ぼすと、パートナーにも苦痛を与えてしまう原因となるのです。

そこで、結婚生活で精神不安になってしまう人の原因について紹介します。

CHECK!

  • コミュニケーション不足
  • 経済的な不安
  • 家事・育児に対する夫への不満
  • 性格の不一致による不満

精神不安になってしまう原因がわかれば、改善点が見えてくるため、メンヘラ嫁の心の安定につながります。

相手の不安や不満を解消できるように今の結婚生活を見直し、お互いが心地よく、楽しく過ごせるように向き合っていきましょう。

コミュニケーション不足

結婚生活で精神不安になってしまう原因の一つに、コミュニケーション不足があります。

パートナーとの会話が足りないと、誤解や不満が生じやすく、それが精神的なストレスとなるのです。

コミュニケーション不足は、お互いが考えていることがわかりません。

なかには「言わなくてもわかるよね」「行動や雰囲気で察して」などと感じている人も一定数います。

しかし、言葉で伝えないとパートナーに思いが届かず、夫婦仲の悪化につながりやすいのです。

メンヘラ嫁は不安になりやすく、自分に自信がないため、こまめに言葉で伝えてあげることで良好な関係が維持できます。

会話がないことで日常生活での不安が蓄積し、ストレスになってしまうため、安心感を与えるためにもメンヘラ嫁とのコミュニケーションを大事にしましょう。

ときには、けんかになってしまうこともありますが、その際は注意が必要です。

メンヘラ嫁は、感情の起伏が激しく、精神が不安定になりやすい傾向があります。

そのため、相手に刺激を与えるような発言には気をつけるように意識をし、言葉選びや伝え方には慎重さが求められるのです。

相手の機嫌を損ねてしまったら、あなたの負担が大きくなることは言うまでもありません。

腹を割ってお互いの意見を交換することも大切ですが、相手の状況を理解したうえで、上手にコミュニケーションをとっていきましょう。

経済的な不安

結婚生活で精神不安になってしまう原因の一つに、経済的な不安があります。

生活費や将来の老後資金などへの不安が、精神的なストレスになるからです。

あらゆるところで節約をしていても、限度はあります。

日々の生活がギリギリである場合、苦労して家計を回すことが大きなストレスになり、精神的な不安定になることがあるのです。

「いつまで我慢が続くのだろう」「AのスーパーよりBのスーパーのほうが安いな」など、家計を支えるために頑張り続けることがつらく感じているケースがあります。

生活に困るほどではなくても、将来のことを考えると、普段からぜいたくはしていられません。

物価が上がる一方で、収入は現状維持の会社も多く、潤いのある生活は現在の収入では到底難しいのです。

また、将来の老後資金への不安を抱えている人もいます。

将来的に年金がいくらもらえるかも不透明であるため、老後のために蓄えておく必要があり、経済的な不安は消えないのです。

「今が幸せならそれでいい」というわけではありません。

幸せな生活を送るには現在の生活だけではなく、将来的にも安心して暮らせるだけの経済的な余裕も大事な要素です。

しかし、旦那にこれ以上、仕事を頑張るようには言えない人も多くいます。

旦那の収入が増えるのが理想ですが、すでに頑張ってくれている人に対して、本音を言い出せないのです。

そのため、経済的な不安があっても一人で抱えて不安をため込み、精神的なストレスを抱えているケースがあります。

経済的な不安は、相手の精神面での不安を加速させる要因でもあるため、あなたが気づかないうちにパートナーが経済的な不安に悩まされている可能性があるのです。

家事・育児に対する夫への不満

結婚生活で精神不安になってしまう原因の一つに、家事や育児に対する夫への不満があるケースがあります。

家事や育児の負担を一方的に押し付けられると、フェアではないと感じてストレスがたまり、それが精神的な不安につながるからです。

旦那は、毎日家族のために外で一生懸命働いてくれています。

パートナーは、旦那の頑張りを認め、感謝をしつつも家事を手伝ってほしいと感じているのです。

そのため、小さなことでもいいので、家事を手伝うことでメンヘラ嫁の精神的負担が軽くなるように協力をしましょう。

たとえば、以下のようなことを習慣化させることで、パートナーの負担が大きく変わります。

CHECK!

  • ゴミ出しをする
  • 食べた後の食器を洗う
  • お風呂掃除をする
  • 休みの日は一緒に料理を作る

このような、ちょっとした協力が、パートナーのストレス軽減につながります。

パートナーは、自分一人に押し付けられている感覚になってしまい、毎日その状態が続くと旦那への不満になっていくのです。

また、どこの家庭にもあり得る話ではありますが、育児をパートナーに任せっきりになっているケースは多くあります。

そのような状態は、奥さんにとって不満がたまる原因となり、改善が見込めないと大きなストレスとなるのです。

子育てがいわゆる「ワンオペ育児」と言われる状態は、24時間365日休みなく続くため、心身ともに疲労がピークに達します。

夫が育児に積極的に参加し「奥さんばかりに押し付けずに一緒に子どもを育てる」という認識のもとで行動にうつしてもらえない場合、パートナーの精神状態は崩壊寸前です。

パートナーの精神が崩壊する前に、子育てを任せっきりにせず、一緒に育てていきましょう。

このように、家事や育児に対する旦那への不満がたまっている可能性があります。

あなたが押し付けているつもりがなくても、パートナーにとったら「少しでもいいから手伝ってくれたらいいのに」と感じていることも多分にあるのです。

パートナーがあなたに不満として言葉にしていなくても、悩みのタネとなっている可能性があるため、家での過ごし方を見直してみましょう。

性格の不一致による不満

結婚生活で精神不安になってしまう原因の一つに、性格の不一致による不満があります。

価値観の違いがストレスや不満につながり、精神的な不安を感じる原因となるからです。

性格の不一致は、一緒にいるだけで精神的な苦痛を感じやすいといえます。

お金の価値観の違いや、家事育児に関する意識の違い、物事への考え方などの違いによる衝突がストレスとして蓄積してしまうのです。

考え方が違うと、それだけで衝突がおこりやすく、そのたびに重い空気が流れます。

一度や二度のけんかであればどこの家庭にもある話ですが、頻繁にけんかがおこると心身ともに疲れてしまいますよね。

頻度が高いと、考え方の違いが次第に大きなストレスとなり、パートナーが感じる不満の原因になりかねません。

価値観の違いがおこるのは仕方がないことです。

しかし、お互いが相手の気持ちを理解をしようと、ある程度の努力をしないと、我慢を強いられる生活が余儀なくされます。

特に、パートナーにメンヘラ気質がある場合は、理解をしようとする意識を高める必要があるのです。

メンヘラ嫁は、感情の起伏が激しいため、ささいなことでも感情的になりやすい傾向があります。

そのため、性格の不一致はメンヘラ嫁が感情を乱す原因にもなり、一般的な夫婦よりも衝突が多いケースがあるのです。

このように、性格の不一致はパートナーにとって不満に感じる原因となる場合があります。

価値観の違いによるストレスが長く続くと不満につながり、精神面にも大きな影響を及ぼすのです。

精神的に不安定な嫁への対処法

嫁が精神的に不安定な状態だと、夫であるあなたも気を遣ってしまいますよね。

仕事で疲れて帰ってきても、家で待っている奥さんの精神状態がよくないと、あなた自身の疲れが取れず、心身ともに休まりません。

夫婦のどちらかが精神的な問題を抱えていると、自宅が安らげる場所ではなくなり、ストレスが増える原因になる可能性があります。

嫁の精神状態を少しでも快方に向けるためには、夫であるあなたの理解と、嫁への配慮のある行動が必要不可欠だといえるのです。

そこで、精神的に不安定な嫁への対処法について紹介します。

CHECK!

  • 共感・肯定をする
  • 相手の不満を聞いてあげる
  • カウンセリングを受ける

これらの行動を実践することで、精神的に不安定な嫁と上手に付き合っていけます。

離婚を決断する前に、これから紹介をする方法を試すことで、嫁の精神状態の快方が期待できるのです。

共感・肯定をする

精神的に不安定な嫁への対処法の一つとして、共感・肯定をすることが重要だといえます。

共感や肯定的な反応は相手の感情を理解し、信頼関係を築くための重要な手段だからです。

メンヘラ気質の人は、常に不安を抱えていたり、自己肯定感が低い人が多い傾向があります。

そのため、共感・肯定をしてあげることで不安が和らぎ、安心感を与えられるのです。

また、メンヘラ気質は情緒不安定な一面を持ち合わせています。

共感や肯定は精神状態を安定させ、感情の起伏をおさえる効果も期待できるのです。

どんなに小さなことでもよいので、共感・肯定をしましょう。

たとえば、料理の出来を褒めたり、相手の意見に少しおおげさなくらいに共感したりすることで、パートナーは安心感を覚えます。

相手に対する接し方を少しだけ意識をするだけで、信頼関係を確実に築いていけるのです。

もし、相手が間違った意見を言ってきたとしても、真っ向から否定をするのは控えましょう。

否定をするのが悪いのではありません。

一度、相手の意見に共感をしてから、あなたの意見を述べるように心がけることが大切だといえます。

「確かにそうだよね。〇〇ちゃんの言ってることもよくわかるなぁ。でもさ・・」というように、否定に入る前に相手の意見を聞き入れたうえで、優しく伝えるのです。

このように、精神的に不安定な嫁への対処法として、共感・肯定をすることが非常に有効的な方法だといえます。

信頼関係を深め、よりよい関係を築いていけるので、日々の生活の中で意識をしていきましょう。

相手の不満を聞いてあげる

精神的に不安定な嫁への対処法の一つに、彼女の不満をきちんと聞いてあげることがあります。

なぜなら、不満を無視したり深く聞かなかったりすると、嫁は自身の感情や意見を尊重されていないと感じ、その結果、精神的な不安を感じる可能性があるからです。

誰にでも言えることですが、不満がたまると、次第にストレスへと変わっていきます。

ストレスを放置してしまうと情緒不安定につながり、いつか感情が爆発してしまうのです。

そのため、相手に不満があるときは面倒くさがらずに向き合い、親身になって話を聞いてあげましょう。

話を聞く際は、相手の意見を尊重をする姿勢を見せ、否定をしてはいけません。

否定をすると「自分のことを何もわかってもらえない」と感じてしまい、不安な思いが爆発してしまう可能性があるのです。

相手の不満を聞いたうえで、解決ができるように夫婦で努力をすることが大切だといえます。

優しく、的確なアドバイスをしたり、相手の悩みを解決できるように協力したりと、嫁が話してくれた悩みを放置しないことが重要です。

相手に向き合って真剣に話を聞くことで、信頼関係の構築にもつながります。

嫁の悩みがどれだけ小さくても嫌がらずに耳を傾け、的確なアドバイスが見つからなくても「大変だったね」など、相手に寄り添った言葉をかけましょう。

このように、相手の不満を聞くことで、精神的な不安の解消に効果が期待できます。

悩みの大きさに関係なく親身になって話を聞いてあげれば、より絆が深まり、精神的に不安定なパートナーとも上手に付き合っていけるのです。

カウンセリングを受ける

精神的に不安定な嫁への対処法の一つに、カウンセリングを受けることが重要だといえます。

専門医などに頼ることで、徐々に状況をよくすることができるからです。

第三者の専門的な視点から解決策を提供され、精神的な不安を軽減できる可能性があります。

素人に比べて解決策の豊富さや、精神的に不安を抱える人に対しての適切な接し方を理解しているため、精神状態を快方に向かわせる効果が期待できるのです。

とはいえ、いきなり「カウンセリングを受けに行こう」と声をかけても、相手は拒否をする可能性が高いといえます。

「行く必要はない」と、自分はあくまでも正常であることを主張してくる可能性があるのです。

そのため、相手を傷つけないように納得させ、カウンセリングを受けてもらうように仕向けましょう。

具体的には「〇〇ちゃんが心配なんだ」「〇〇ちゃんの精神的な苦痛を取り除いてあげたい」など、相手を思う気持ちを伝えます。

そうすることで「私は思われている」「夫が私のこと気にかけてくれている」と受け取ってもらいやすく、カウンセリングを受ける気持ちになるのです。

カウンセリングに行く際は、あなたも一緒についていきましょう。

一人で向かわせると不安が大きくなるので、向かっている最中も「俺もそばにいるから安心してね」と、不安を和らぐような優しい言葉をかけてあげるのです。

精神的に不安があっても状況がよくなれば、今後も上手に付き合っていける可能性が高まるので、相手の状況がよくなるように協力することが大切だといえます。

また、カウンセリングは対面だけではなく、場所によってはオンラインでカウンセリングを受けられるところもあるので、パートナーに合った方法を探すことが大切です。

オンラインであれば、対面よりも安価なので、経済的に余裕がない場合は、オンラインを選択しましょう。

参考までに、カウンセリングの相場をまとめました。

対面カウンセリング:30分5,000円程度/50分8,000円程度

チャット・メールカウンセリング:1通2,000円〜

ビデオ・電話カウンセリング:30分4,000円程度/50分6,000円程度

医師が病気の治療の一環としてカウンセリングをする場合は、保険が適用されます。

しかし、医師以外のカウンセラーに依頼をする場合は、保険が適用されないので注意が必要です。

このように、カウンセリングを受けるだけで、精神的な不安の緩和につながる可能性があります。

すぐに効果が出なくても根気よく続けて、よりよい夫婦を目指していきましょう。

まとめ

今回は、メンヘラ嫁と離婚したい人に向けて、離婚できるかの基準・離婚する方法やつらい状況への対処法について紹介しました。

メンヘラ嫁と離婚はできますが、そう簡単には離婚を受け入れてはもらえず、一筋縄ではいきません。

そのため、メンヘラ嫁に改善の余地がある場合は、精神状態が快方に向かうように協力をしましょう。

また、パートナーが精神的に不安を抱えている場合、接し方を見直せば上手に付き合っていける可能性が高まります。

現状を受け入れながら相手に寄り添う姿勢を続けていけば、徐々に精神が安定し、お互いが心に負担を抱えずに過ごしていけるのです。

メンヘラ嫁に適した付き合い方を心がけ、よりより夫婦関係を築いていきましょう。

関連記事