別れる方法

女性が引きずる別れ方!未練を残す別れの言葉とLINEテクニック

女性が引きずる別れ方!未練を残す別れの言葉とLINEテクニック
PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「彼女が未練を残すにはどうしたらいいのだろう・・」

「彼女に別れを後悔させたい」

とお悩みの男性もいるのではないでしょうか。

別れ際の行動や言葉によって、女性があなたのことを引きずらせることは可能です。

しかし、逆にやってはいけない別れ方をしてしまうと、関係はさらに悪くなり、あなたに未練を残すことはなくなってしまうでしょう。

そこでこの記事では、以下の内容を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 女性が引きずる別れ方
  • 女性が未練を残す別れの言葉・LINEテクニック
  • やってはいけない別れ方
  • 別れた後の女性を後悔させるためにやること

彼女との関係に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性が引きずる別れ方と別れの言葉・LINE

別れといってもさまざまですが、なかでも「女性が引きずる別れ方をしたい」と考えている男性も多いのではないでしょうか。

別れ方によっては、今後の関わり方が大きく変わってくるので、別れは重要な場面だといえます。

よい別れ方としては「相手の印象に残る別れ方」が理想です。

ただし、けんか別れなどのネガティブな印象を残してはいけません。

相手にポジティブな印象が残るような別れ方が、あなたとの恋愛を引きずるきっかけとなるのです。

では、女性が引きずる別れ方について、下記の項目にそって紹介していきます。

POINT

  • 感謝を伝えて別れる
  • 相手を気遣うことを伝えて別れる
  • 好意があることを伝えて別れる
  • 自分の悪い部分を素直に謝罪して別れる

相手が女性の場合は男性とは違い、未練を残すポイントが異なります。

好意や愛情を訴えかけることが大切なのです。

「素直な気持ちを伝える」という点を意識すると、女性は引きずりやすいといえます。

感謝を伝えて別れる

女性が引きずる別れ方をするためには、彼女への感謝を伝えて別れましょう。

「礼儀正しく優しい人」という印象を与えられるからです。

もともとあなたが礼儀正しい人であれば「最後まで優しくて礼儀正しい人だったな」と相手に感じてもらえます。

逆に普段のあなたがやんちゃなイメージが強い人であれば、いつもと違うギャップで相手の心に残りやすいのです。

感謝の伝え方は、

「今まで本当に楽しかったよ。ありがとう」

「〇〇と付き合えて本当によかった。今までありがとね」

というように「ありがとう」の言葉だけではなく、一言そえることであなたの印象は大きく変わります。

感謝の気持ちを伝えることは、女性が引きずる別れ方の一つであり、有効的な方法なのです。

相手を気遣うことを伝えて別れる

女性が引きずる別れ方をするためには、相手を気遣うことを伝えて別れましょう。

優しい人だったなど、よい印象を与えられるからです。

最後に相手に対して思いやりを示すことで、忘れられない存在になれます。

人間は優しい人に好意を抱く傾向があるので、最後に見せる優しさは印象に残りやすいのです。

別れるときは、以下のようなことを伝えて、相手の心に残る演出をしましょう。

「頑張り過ぎちゃうとこがあるから、たまにはちゃんと休むんだよ」

「体調を崩しやすいんだから、体には気をつけるんだよ」

相手を気遣う言葉は、優しさであふれ、相手の心に響きます。

例であげた言葉のように、相手を象徴する過去の出来事を加えると効果が期待できるのです。

「頑張り過ぎちゃうとこがあるから」「体調を崩しやすいんだから」と伝えると、相手は過去にあったことを思い出します。

仕事で帰りが遅くなったときに気遣ってくれたことや、体調を崩したときに心配してくれたことなど、過去に気遣ってくれたことが相手の中でよみがえるのです。

相手は、別れた後もあなたのことを思い出し、次の恋に進めません。

あなたの気遣いや優しさが忘れられず、別れた後も引きずりやすいのです。

好意があることを伝えて別れる

女性が引きずる別れ方をするためには、好意があることをを伝えて別れましょう。

自分がまだ愛されていることを認識させるからです。

人は、好意を抱かれると、その人が気になる性質があります。

そのため、別れ際にあなたの愛情を言葉で残すことで、相手にとって忘れられない男性になるのです。

「俺はまだ好きだけど仕方ないね」

「今でも〇〇のことが好きだよ」

こんなふうに言われたら、女性は別れた後もずっと心に残り続けます。

最後にあなたから愛情を告げられた相手は、別れを告げたことを後悔する可能性があるのです。

「まだ好きでいてくれているんだ」「最後まで愛情をそそいでくれる人を手放して本当にいいのだろうか」という思いが、強く込み上げてきます。

相手は別れた後も、最後に言われた言葉が心のなかに残り続け、新しい恋愛に目を向けられなくなるのです。

自分の悪い部分を素直に謝罪して別れる

女性が引きずる別れ方をするためには、自分の悪い部分を素直に謝罪して別れましょう。

自分の悪い点を理解していると思わせることで、改善の余地があると思わせられるからです。

別れた男女が復縁する場合、別れた原因を明確にし、改善しないことには先に進めません。

それと同じで、自身の悪い部分がわかっているのであれば、その部分を認めて謝罪をすることが効果的なのです。

「自分のことばっかり優先しててごめんね」

「心配させるようなことばっかりだったね」

このように伝えることで、相手は気持ちがラクになるのです。

「今までつらかったけど、ちゃんと理解してくれた」と相手は感じ、別れを告げたことを後悔する傾向があります。

ただし、過去にも同じようなことが何度もあった場合は効果がうすいので注意が必要です。

けんかをするたびに「つらい思いをさせてごめんね」と言うのにも関わらず、毎回同じ内容でけんかをしていたら、相手も「その言葉、前にも聞いた」とあきれてしまいます。

そのため、過去にも似たような言葉を告げたことがある場合は、別の言葉に変えて反省の姿勢を見せましょう。

やってはいけない別れ方

別れる際に、やってはいけない別れ方があります。

別れ方を誤ると、相手に悪い印象を与えてしまい、あなたとの恋愛が引きずる対象にはならないからです。

相手とまた一緒になりたい気持ちがあるなら、できるだけよい印象を残しておくことが大切だといえます。

後味が悪い別れ方は、相手にとって「思い出したくない元カレ」と感じてしまい、恋愛関係どころか普通に話すことすら拒否をされる可能性があるのです。

そこで、やってはいけない別れ方を3つに厳選して紹介します。

POINT

  • けんかをして別れる
  • あっさりと別れる
  • 女々しく別れる

これらの別れ方は、女性にとって「最悪な終わり方」といっても過言ではありません。

相手にとって「忘れられない人」の対象になる可能性は十分にありますが、それは悪い意味で相手の記憶に残ります。

そのため、相手が引きずる別れ方をしたいのであれば、これから紹介する3つの別れ方はふさわしくないのです。

けんかをして別れる

彼女と別れる際は、けんかをして別れるのはやめましょう

関係修復できないほど、悪い印象で終わるからです。

けんか別れは、関係性が悪い状態のまま終わってしまうため、その後復縁が難しくなる可能性が一気に上がります。

そのため、けんかをしても仲直りをしてから別れた方が、その後の関係性がよい方向に変わりやすいのです。

また、けんかをすると相手の不満が爆発して悪口を言ったり、強い口調で相手を罵倒してしまったりしてしまいがちですよね。

そのような行動は、相手にとって悪い記憶として残ってしまうため、最後の別れにはふさわしくないのです。

本記事でも紹介したように、最後はよい印象を残して別れるのが理想的だといえます。

復縁を望んでいるのであれば、別れた後にあなたの大切さに気づいてもらう必要があるからです。

けんかをして別れると、そのときの印象が強く残ります。

時間がたてば「あんなこともあったな」と笑い話になったり懐かしさを感じたりするものです。

しかし、相当な月日が経過しないと、心からそう思えません。

そのころには、相手に新しい彼氏ができていても不思議ではないため、月日がたつほど大きなきっかけがないと復縁はますます難しくなるのです。

このように、けんかをして別れることは、悪い印象を与えてしまいます。

相手があなたを引きずるような別れ方をしたいのであれば、よい意味で記憶に残るような、忘れられない別れ方を意識して動いていきましょう。

あっさりと別れる

彼女と別れる際は、あっさりと別れるのは避けましょう。

自分への好意や愛情がないと思われてしまうからです。

相手から別れを告げられたとき「わかった」とすぐに納得をして別れてしまうのは、誤解を生んでしまいます。

本当は相手のことが好きだとしても、相手はその気持ちに気づけないのです。

そのため、あっさりと別れると相手にモヤモヤを残す結果となり、よい印象を残せたとは言いがたい別れ方だといえます。

相手から別れを告げたのにも関わらず、ふに落ちない別れ方に納得がいかない女性も少なくないのです。

あなたが別れをあっさり受け入れると、相手は期待してた展開の違いに戸惑います。

態度や表情に出さなくても「えっ、あっさり受け入れちゃうの?」「私のことそこまで好きじゃなかったんだ」と、心の奥底では思っているのです。

あっさり別れることは相手の意見を尊重し、面倒な引き止めがないため、一見よい別れ方にみえます。

しかし、「相手が引きずる別れ方」という観点からみると、あっさり別れるのはおすすめできません。

相手が勘違いを引き起こしやすい終わり方であるため、あなたへ別れを告げたことへの後悔を感じにくく、次の恋愛へ気持ちを切り替えてしまう可能性が高まるのです。

女々しく別れる

彼女と別れる際は、女々しく別れるのはやめましょう。

相手の気持ちが、より冷めてしまう可能性があるからです。

女々しく別れてしまうと「面倒な相手」「男らしくない」と思われ、余計に好意が薄れる可能性があります。

そのため、女々しい部分が相手に伝わると「こんな男と別れて正解だった」と思われてしまうのです。

女々しい別れ方について、以下にまとめてみました。

「何で別れるの?」としつこい

別れるのが嫌で泣き出す

相手への愛の大きさを長々と語りだす

「俺は別れを認めない」と、相手の思いを却下する

「〇〇と別れたら俺はこの先をどうすればいいんだよ」と、同情を引く

このような発言の数々は、相手からの評価を下げます。

別れた後、復縁に発展しなかったとしても、友人としての付き合いすら拒絶される可能性もあるのです。

また、女々しいと別れ話が長引く傾向があります。

そうなった場合、相手に負担をかけ、ストレスになりかねません。

そのため、女々しい態度をあらわにすると、相手も困り果ててしまうので注意をしましょう。

別れた後の女性を後悔させるためにやること

好きな女性と別れた際「どうにかして別れたことを後悔させたい」と感じている人も多いのではないでしょうか。

別れてすぐは悲しみが大きく、何も考えられない状態の人も少なくありません。

しかし、その気持ちは徐々にうすれていき「別れを告げたことを後悔させたい」という気持ちが大きくなっていくのです。

そこで、別れた後の女性を後悔させるためにはどのようなことをやればよいのか、下記の項目にそって紹介します。

POINT

  • 仕事を頑張る
  • 友人として付き合う
  • 新しい女性の影をちらつかせる

これらを行動にうつすことで、別れた彼女の気持ちが後悔へと変わります。

大事なのは、人間として成長し、ほかの人から評価されるようになることです。

周囲から評価されることで、もったいなかったと思わせることがポイントだといえます。

そのためには、相手の気持ちをコントロールするつもりで、行動にうつしていくことが大切なのです。

仕事を頑張る

別れた後の女性を後悔させるために、仕事を頑張りましょう。

成長し、社会的評価が高くなれば、別れて失敗だったと思わせられるからです。

仕事を頑張り、多くの人から評価されれば「もったいなかった」と思わせることができます。

「第三者から認められている」ということには、さまざまな要因がありますよね。

成果や実績、人柄、知識の豊富さや仕事の姿勢など、さまざまな角度から評価ができるのです。

「〇〇さん、仕事が早くて正確だよね」「〇〇さんは教え方がうまいから、不明点があったらすぐに頼っちゃう」など、第三者が言っていたら、相手の心情に変化がおきます。

「何で手放しちゃったんだろう」「別れを告げなければよかった」と思い、復縁を視野に入れて考えるきっかけとなるのです。

このように、仕事を頑張ることで多方面から評価をされることが増え、後悔する気持ちが込み上げてきます。

いつ、どこで、誰が評価をしてくれているかわかりません。

そのため、普段から気を抜かずに仕事を頑張ることで、恋愛にもプラスに働く可能性があるのです。

友人として付き合う

別れた後の女性を後悔させるために、友人としてお付き合いを継続させましょう。

友人としてお付き合いをすることで、あなたのよさを再確認できる可能性があるからです。

別れた後、疎遠になってしまうカップルも存在します。

そのような状態になると、あなたのことを早々と過去の思い出として頭の中で処理をし、気持ちが次の恋愛に前向きになってしまう可能性があるのです。

しかし、適度な距離感を保ちながら友人として付き合うことで、そういった状況になるのを防げます。

友人として付き合う場合、あまり恋愛感情を表に出さないように注意が必要です。

大胆に感情をあらわにすると、相手が引いてしまう可能性があります。

そのため、友人という関係を忘れずに、好きという気持ちを出しすぎないことが大切です。

具体的には、相談相手になったり仕事のフォローをしたりなど、ほどよい距離感を保ちながら接していきましょう。

接点が増えると、相手はあなたの優しさや頼もしさに触れ、別れを告げたことへ後悔を感じるようになるのです。

このように、友人として付き合うことで、相手の意識をあなたに向けられます。

あなたのよさが伝われば後悔させることができるので、友人としてのポジションで徐々に相手の気持ちを動かしていきましょう。

新しい女性の影をちらつかせる

別れた後の女性を後悔させるために、新しい女性の影をちらつかせることが有効的な方法だといえます。

ほかの人からモテている姿をみると「もったいなかった」と思うことがあるからです。

別れを切り出したのは相手ですが、ほかの人と仲がよいことを知ると、今までは感じていなかった嫉妬心が出てきます。

「〇〇さんからご飯に誘われた」「女友達からよく連絡がくるんだよね」など、女性の存在を明かしてみましょう。

そうすることで、相手は「えっ、女性と?」と、心の中で思ってしまいます。

「こんなにモテる人になぜ別れを告げてしまったんだろう」と後悔するのです。

付き合っているときには感じなかったあなたの価値にようやく気づき、「ほかの人にとられたくない」という思いが少しずつ出てきます。

そして、付き合っていたころを思い出すのです。

「そういえば、あのときは優しくしてくれたな」

「仕事で困ったときにいつも助けてくれたのは〇〇だった」

「いつも体調を気遣ってくれてたな」

別れを告げたときには忘れかけていたあなたの大好きな部分を思い出し、「懐かしいな」ではなく「あのころに戻りたい」と感じるようになるのです。

このように、新しい女性の影をちらつかせることで、相手の気持ちに変化をもたらすことがあります。

新しい女性がいなかった場合、架空の話でもよいので女性の影をちらつかせ、別れたことを後悔させましょう。

まとめ

女性が引きずる別れ方や、未練を残す別れの言葉とLINEテクニックについて紹介してきました。

別れる際に、相手に対する好意や愛情を伝えていくことで、別れた後もあなたへの思いを引きずる可能性が高まります。

後悔をさせたいのであれば、やってはいけない別れ方を理解したうえで、思いやりをもって別れを受け入れましょう。

また、別れたときにあなたへの未練がなくても、別れた後のあなたの行動によっては後悔させることが可能です。

正しい行動を理解していれば、相手の気持はあなたへと意識が自然と向いていきます。

「あなたが最終的にどうなりたいか」を明確にし、目的に向かってしっかりと動いていきましょう。

関連記事