別れさせる方法

別れさせる心理学を使って2ヶ月でカップルを別れさせる方法

PRリンクが含まれています

当サイトでは、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関しては、客観的な指標から算出した上で掲載の順番を決めています。

「心理学を使って彼を彼女と別れさせられないかな」
「カップルを別れさせる具体的なテクニックが知りたい」

とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

付き合っているカップルを別れさせることは簡単なことではありません。
しかし、絶対に無理というわけでもありません。

心理学を使えば、徐々に相手の気持ちを動かし、カップルを別れさせることも可能です。

この記事をお読みいただくと以下のことがわかります。

この記事でわかること

  • 心理学を使って最短2ヶ月でカップルを別れさせる具体的なテクニック
  • カップルを別れさせる方法

ぜひ、参考にしてくださいね。

カップルを別れさせる心理学

「カップルを別れさせたい」と思っても「仲がよいカップルを破局に導くには高度なテクニックが必要なのでは?」と思っていませんか。

大胆な行動をしたらバレるリスクが高く、思い切って行動にうつしにくいと考えている人も少なくありません。

しかし、心理学を利用した簡単なテクニックで、最短2ヶ月で別れさせることができるのです。

そこで、今回は下記の視点から、カップルを別れさせる心理学について、具体的に解説していきます。

カップルを別れさせる心理学

  • 相手の印象を操作する心理学テクニック
  • デートに誘うための心理学テクニック
  • デートで使う心理学テクニック

上記の心理学テクニックを知っておくだけで、相手の気持ちを自然にあなたに引きよせられます。

また、心理学を利用すれば相手にバレずにあなたがリードしながら別れにつなげられるので、覚えておくべき有効的な方法といえるのです。

ぜひ、日常生活のなかでうまく活用してみてくださいね。

相手の印象を操作するための心理学テクニック

カップルを別れさせるためには、相手の印象を操作するための心理学テクニックを知っておく必要があります。

相手の印象を操作することで、相手の恋人への評価を下げたりあなたの評価を高めることができたりするため、別れさせるには有効的な方法といえるのです。

とはいえ、「心理学で本当に人の気持ちが操作できるの?」と、疑問に思っている人も多いでのはないでしょうか。

そこで、相手の印象を操作するための心理学にはどのようなものがあるのか、また、その効果を紹介します。

CHECK!

  • ウィンザー効果で恋人の印象を操作する
  • フィキシングソリューション効果で恋人の印象操作を定着させる
  • 単純接触効果で自分への好意を高める
  • 相補性の法則で自分への好意を高める
  • ゲイン・ロス効果で自分への好意を高める
  • カタルシス効果で自分への好意を高める
  • 自己開示の返報性で相手との距離感を縮める
  • 間欠強化で自分への意識を強めさせる

上記の心理学テクニックをマスターすれば、あなたへの好意が高まり、カップルの別れを自然と促すことにつながるのです。

言葉で別れてほしい旨を伝えるわけではないため、面と向かって伝えるよりもハードルが低く、取り入れやすい内容となっています。

ぜひ、最後までチェックしてくださいね。

ウィンザー効果で印象を操作する

カップルを別れさせるには、ウィンザー効果で印象を操作する方法があります。

ウィンザー効果を利用することで、彼女への愛情が減少し、別れる原因につなげられるからです。

ウィンザー効果とは「本人から言われた言葉よりも第三者から言われた言葉を信じてしまう」という心理を指します。

自分、または第三者が相手の恋人の悪い評判やうわさを伝えることで、相手の恋人の印象が悪くなる効果が期待できるのです。

相手の恋人に対する印象が悪くなれば、仲がよくても恋人に対する信頼度は徐々に落ちていき、気持ちが離れていく原因を作れます。

たとえば、「〇〇くんの彼女、この前男性と一緒に歩いてたよ。浮気?って思ったけど、〇〇くんの彼女に限ってそんなことはないよね」と相手に伝えてみましょう。

第三者から言われたら、平常心を装いつつも内心は「えっ?そうなの?」と、心のなかでは彼女への疑いの気持ちが大きくなっている可能性があります。

大好きな彼女がほかの男性と歩いていたなんて話を聞いたら、彼氏としては心配ですよね。

こうした彼女のネガティブな情報をさりげなく伝え、相手を不安にさせ、彼女の印象をどんどん悪くしていくのです。

ただし、ストレートに別れを促したり悪口を捉えられるような発言をしたりするのは避けましょう。

「彼女、評判悪いよ?別れた方がいいよ」「彼氏がいるのにほかの男性と一緒にいるなんて浮気同然じゃん」などの強めな発言は、あなたが嫌われてしまう可能性があります。

第三者として「心配している」という気持ちを伝えていくことが、成功につながる秘訣です。

一歩間違えてしまうと、効果が絶大であるはずのウィンザー効果が裏目に出てしまいます。

そのため、発言内容には十分に気をつけ、自然な流れで相手と彼女の心の距離を離していきましょう。

フィキシングソリューション効果で印象操作を定着させる

カップルを別れさせるには、フィキシングソリューション効果で印象操作を定着させることが重要といえます。

ウィンザー効果の力をより発揮させるためには、フィキシングソリューション効果を利用することで、成功率を高められるからです。

フィキシングソリューション効果とは「第三者から意見を言われることによりはっきりとした認識をもち、曖昧だったことが明確になること」という意味があります。

前項で紹介したウィンザー効果は、一度行っただけでは効果が薄く、相手の気持ちが変わるところまでは至りません。

しかし、何度も相手の彼女についての悪い情報だけを流すわけにはいかないですよね。

彼女の印象を悪くさせる一方で、あなたの評価を上げる必要があるのです。

第三者にも協力をしてもらいながら、ウィンザー効果を強化させ、自分の評価をよいものとして定着させましょう。

たとえば、相手と仲がよい友人に、あなたのよい情報を流してもらうのです。

「〇〇さんって仕事できる人だよね」「〇〇さんってすごくよい人だよね」など、第三者からあなたのよい情報を流してもらいます。

本人がいる前であなたを褒めると、社交辞令やあなたに気を遣って褒めているケースがありますよね。

あなたが不在のなかで伝わる情報だからこそ、真実味が増して、あなたのよさが伝わりやすいのです。

また、あなたのよさを印象づけるだけではなく、彼女の悪い部分が真実であるように演出をする必要があります。

前項で紹介したように、彼女がほかの男性と一緒にいたことを相手に伝え、それを事前に第三者にも伝えておくのです。

そのうえで、第三者が相手に「〇〇さんはいちず」「自分が男だったら〇〇さんと付き合いたい」と、あなたのよさを第三者経由で相手に伝えてもらいます。

相手はあなたと彼女を比較をし、「不安にさせる彼女」と「いちずに思ってくれるあなた」をてんびんにかけ、あなたへ意識が向くように仕向けるのです。

このように、フィキシングソリューション効果をうまく利用できれば、相手の気持ちを彼女から遠ざけ、あなたへの好意を高められます。

第三者に協力をしてもらう必要はありますが、直接アプローチをするよりも、自然に気持ちをあなたに向かせることができるのです。

単純接触効果で自分への好意を高める

カップルを別れさせるには、単純接触効果で自分への好意を高めていきましょう。

単純接触効果を利用することで、あなたのよさに気づいてもらいやすく、気持ちをあなたに向けさせる効果が期待できるからです。

単純接触効果とは「接点が多いほど親近感をもつ心理」のことを指します。

会う機会が増えるほど好意を抱きやすいため、相手との距離を縮めたいのであれば、接点を増やすことがポイントです。

同じ会社であれば、社内で接点をもつ回数を増やしましょう。

とはいえ、彼女がいる人をプライベートで誘うのは勇気がいることです。

職場が同じであれば、ちょっとした時間に雑談をしたり偶然を装って休憩時間を合わせたりするなど、接点を積極的に増やします。

社内で堂々と話していれば、浮気を疑われにくいのです。

バレることを恐れてコソコソしていると、怪しまれる原因になるので、接し方には気をつける必要があります。

接点がもてたときは、プライベートの話を盛り込みましょう。

仕事以外の一面を知ってもらうことが、親近感を持ってもらうための近道だからです。

一緒に過ごす短い時間が相手にとって心地よいものだと感じてもらえたら、気持ちはあなたへと動いていきます。

「話していると楽しい」「優しい人だなぁ」「笑顔が多くて癒やされる」など、あなたのよさをアピールしていくことで、あなたへの好意を高められるのです。

このように、単純接触効果を利用することで、相手は徐々にあなたの魅力にひかれていきます。

ただし、一度や二度では効果が期待できません。

会う回数を増やして、彼女との関係を考え直すきっかけを作り、あなたを選んでもらえるように仕向けていきましょう。

相補性の法則で自分への好意を高める

カップルを別れさせるには、相補性の法則で自分への好意を高めることが効果的だといえます。

相補性の法則を利用することで、相手に持っていないものをあなたで補おうとする心理が働くからです。

相補性とは「自分とは真逆の性格の相手にひかれること」を意味します。

「自分とは真逆の相手」とは、長所や考え方など自分にはない部分のことです。

たとえば、相手がネガティブ思考で、何でもマイナスに考えてしまう人だとします。

そういった場合、あなたがたとえネガティブ思考であったとしても、常にポジティブに振る舞うように心がけましょう。

前向きに物事を捉え、相手を励まし元気にしてあげるのです。

そうすると、相手も気持ちが明るくなり、自分にはない明るくてポジティブなあなたにひかれます。

一緒にネガティブになっていたら、暗い雰囲気になってしまい、解決するものもしません。

相手の悩みを一緒に悩んであげるのはよいですが、未来に希望が持てるような言葉をかけてあげるのです。

相手が仕事でミスをして落ち込んでいる場合は、

「完ぺきな人なんていないよ」

「失敗は成功するまでの一番の近道だよ」

「大丈夫!私なんかもっと大きなミスして大変だったんだから」

など、落ち込んでいる気持ちを優しく受け止めながら、ポジティブに明るく振る舞います。

相手の気持ちが楽になるだけではなく、明るい気持ちを取り戻せるので、あなたへの好意も徐々に高めていくきっかけとなるのです。

失敗したことを否定的に受け止めず、次に進めるような言葉で相手を励ませば、自分にはないポジティブな考えができるあなたにひかれていきますよ。

このように、相補性の法則を利用することで、相手はあなたへと心が動いていきます。

あなたが相手のない部分で包み込んであげれば、あなたのよさに気づき、彼女と別れてくれる可能性が高まるのです。

ゲイン・ロス効果で自分への好意を高める

カップルを別れさせるには、ゲイン・ロス効果で自分への好意を高めることが大切といえます。

ゲイン・ロス効果でギャップを見せることで、相手の心に残る存在になれるからです。

ゲイン・ロス効果とは「よい部分と悪い部分の差が大きいほど印象に残りやすいこと」を意味します。

このギャップを利用して、相手の気持ちをあなたに引き寄せるのです。

たとえば、あなたが職場でにぎやかなグループの一人だったとします。

にぎやかなグループは、「いつも明るくて楽しそう」と思う人もいる一方で、「うるさい」と残念ながらネガティブな印象を持つ人もいますよね。

もし、あなたがその仲良しグループの一人だった場合「実は裁縫が得意だった」という事実を知ったらギャップが生まれます。

裁縫は、どちらかというと大人しい落ち着いた人が得意そうなイメージをもたれがちだからです。

「実は前職が家庭科の先生だった」「日々使っている化粧ポーチが自分の手作り」など、普段の振る舞いからは想像ができない一面を見せることができます。

裁縫ができることは、家庭的なイメージを与えるので、あなたへの好意を高められるのです。

家庭的という面で言えば、料理上手もギャップを生みます。

「毎日お弁当を作ってきている」「食生活アドバイザーの資格を持っている」なども、ギャップでよい印象を与えられますよ。

逆に、あなたが大人しい雰囲気の人であれば、スポーツでギャップを狙ってみるのも効果的です。

「仕事の帰りに毎日ジムに通っている」「フルマラソンに出るための練習をしている」「スポーツ観戦が好き」など、大人しいあなたからは想像できない意外な部分ですよね。

こういった意外な一面は、一度聞いたら忘れず、記憶として残りやすいといえます。

ゲイン・ロス効果は、このようなギャップを見せるだけで、相手の中の印象に残りやすいのです。

人間は、ギャップがきっかけで恋に落ちるケースも少なくありません。

そのため、あなたに好意を持ってもらう方法としては、ゲイン・ロス効果は非常に有効的だといえるのです。

カタルシス効果で自分への好意を高める

カップルを別れさせるには、カタルシス効果で自分への好意を高めていきましょう。

カタルシス効果は、相手の気持ちをラクにさせ、安心感を与えることができるからです。

カタルシス効果とは「不満や愚痴など、日頃抱えているものを口にすることで安心感を得られる現象のこと」を意味します。

あなたが相手の話を聞いてあげることで、相手があなたに気持ちを寄せてくれる可能性があるのです。

相手が悩んでいることがあったら、積極的に相談にのりましょう。

同じ職場であれば、相手のことをよく観察して、テンションが低いときにはすかさず声をかけて悩みを聞き出します。

普段から気にかけていると、あなたの優しさをアピールができるだけではなく、相手の悩みを拾いやすいので常に意識して相手の様子を伺うことが大切です。

もし、悩みを聞き出せたら、優しく受け止めてすべてを吐き出させます。

決して否定はせず、「大変だったね」「つらかったよね」と、寄り添ってあげるのです。

あなたが相手の見方であることを示すと、相手は心を許して、たまっているものをどんどん話してくれます。

あなたが話を聞いてあげることで、相手のつらかった状況が緩和されて、安心感が得られるのです。

嫌なことや苦しいこと、悲しみやつらいことなどのネガティブな感情をすべて聞き出して、相手をラクにさせてあげましょう。

無理やり聞くのではなく、話しやすい環境を作り、相手の感情に寄り添うことが大切なのです。

このように、カタルシス効果によって相手は安心感を覚え、あなたの優しさが身にしみます。

あなたに親身になって優しく話を聞くことで、相手の気持ちが軽くなり、次もあなたを求めるように心が変わっていくのです。

自己開示の返報性で相手との距離感を縮める

カップルを別れさせるには、自己開示の返報性で相手との距離感を縮めていきましょう。

自己開示の返報性を利用することで、お互いのことを知り、相手に興味を持つきっかけとなるからです。

自己開示の返報性とは「自分のプライベートの話を相手に話すこと」を意味します。

プライベートの話をすることで、心の距離感を一気に縮めることができ、相手があなたのことを好きになってもらうきっかけを作れるのです。

好きなアーティストや曲の話題など、たわいのない話で盛り上がりましょう。

好きなアーティストがお互い違くても、あなたがそのアーティストの曲を聴くことで、後日話のネタにできます。

「この前〇〇くんが好きって言ってたアーティストの曲、聴いたよ」と、感想と一緒に伝えれば、話を広げられるのでおすすめです。

あなたがおすすめのアーティストや曲を伝えておけば、相手も聴いてくれる可能性があります。

自分の好きなことを共有できると、嬉しいですよね。

そういった小さな共有が、楽しい時間を作りあげ、距離をぐっと近づけられるのです。

また、プライベートの一面を知ることで親近感がわき、堅苦しさがないため仲良くなりやすい傾向があります。

プライベートの話は和やかな雰囲気になりやすく、お互いの距離を縮めるには最高のシチュエーションといえるのです。

あなたのプライベートを明かしつつ、その場の雰囲気や会話を楽しめれば、相手もあなたと過ごす時間を求めるようになっていきますよ。

このように、自己開示の返報性をうまく利用すれば、お互いの心の距離を縮められます。

プライベートの話が楽しくできるようになれば、相手もあなたとの時間が心地よく感じるようになり、自然と仲を深めていけるのです。

間欠強化で自分への意識を強めさせる

カップルを別れさせるには、間欠強化で自分への意識を強めさせることが効果的といえます。

間欠強化によって、相手を不安にさせ、あなたのことを気にさせる効果が期待できるからです。

間欠強化とは「毎回報酬を与えずに頻度を減らし、その行動を強化していく」ことを意味します。

わかりやすく伝えると、ギャンブルはほとんど報酬がもらえませんが、当たったときは嬉しいですよね。

これが、間欠強化です。

普段から報酬を渡さず、たまに与えることで、喜びが倍増するという現象をいいます。

今回の恋愛はギャンブルと逆で、普段は優しく接してくれるあなたが素っ気なかったら、相手はあなたを気にしますよね。

「何かしてしまったかな」「嫌なことでもあったのかな」など、あなたが気になってしまいます。

普段と対応が違うことに対して、相手は不安を覚え、自然と意識があなたに向いていくのです。

また、連絡のやりとりでも間欠強化が当てはまる場合があります。

たとえば、「普段はLINEを返してくれるのに、既読スルー」「いつもあなたからくる連絡が来ない」など、相手を程よく不安にさせてあなたのことを考えさせるのです。

あなたがどうでもいい相手であれば、そこまで相手も気にはしません。

しかし、ある程度の仲であれば、あなたのことを意識するきっかけを作れるのです。

このように、間欠強化によって、あなたのことを強制的に考えさせる状況にもっていくことが重要なポイントといえます。

普段と違う行動をとることで、あなたに対する関心度が上がり、自然とあなたへの意識を強めさせる効果が期待できるのです。

ここまでは、相手の印象を操作することを紹介してきました。

次の項目から、より距離を近づくためにデートの誘いで使える心理学テクニックを紹介していきますので、ぜひご覧ください。

デートに誘うための心理学テクニック

相手との距離が縮まったら、次はデートに誘ってみましょう。

とはいえ、恋人がいる人をデートに誘うのは、難易度が高いと感じている人も多いですよね。

しかし、心理学テクニックを理解していれば、恋人がいる人でもデートに行ける確率は十分に高まります。

デートをすることで、より別れさせることが期待できるのです。

そこで、デートを受け入れてもらうための心理学テクニックを、下記の項目から紹介していきますね。

CHECK!

  • 黄昏効果でデートを承諾してもいやすくする
  • YESセット話法でデートを承諾してもらいやすくする
  • 返報性の原理でデートを承諾してもらいやすくする
  • ドア・イン・ザ・フェイスでデートを承諾してもらいやすくする

上記の心理学テクニックを理解していれば、進展が望めるだけではなく、相手が恋人との別れを選ぶ確率をぐっと高められます。

デートに誘って楽しい時間が過ごせれば、あなたへと心が引き寄せやすくなるので、参考にしてくださいね。

黄昏効果でデートを承諾してもらいやすくする

デートを誘うには、黄昏効果でデートを承諾してもらいやすい状況を作りましょう。

デートを承諾してもらいやすい時間に誘うことで、承諾してもらえる確率が高いからです。

黄昏効果とは「人間の判断力や思考能力が落ちる18時ごろにアプローチをすると成功しやすい」という意味があります。

夕暮れときである18時ごろをねらってデートに誘えば、判断力が落ちているため、誘いに承諾してくれる確率が高いのです。

一概にはいえませんが、定時が18時の会社も多いですよね。

そのような場合は、チャンスです。

「これから食事に行かない?」と、声をかけやすく、黄昏効果の時間にぴったりなのでデートも承諾しやすいといえます。

このときに注意をしたいのが、明日以降のデートを誘うのは失敗する確率が高まるので控えましょう。

たとえば、帰り際に「明日、仕事が終わったら食事に行かない?」など、未来の約束は断られやすいといえます。

黄昏効果で、その場では承諾をしても、次の日になったら「今日、都合が悪くなった」と言われる可能性があるのです。

相手に考え直すすきを与えてしまうと、後々になって断られる原因にもなりかねないので、あくまでもその日のデートの約束をしましょう。

仕事が終わった後の食事デートを何度か重ねているのであれば、後日のデートを誘ったときに受け入れてくれる可能性は高まります。

食事に何度も行っている時点で、あなたへの目立った悪い印象はないと考えられるからです。

仕事後の食事デートを重ねれば、単純接触効果も期待でき、心の距離を縮めやすい状況が作れます。

黄昏効果を狙って食事デートを誘ってみることで、さまざまな心理学が作用し、仲が一気に深まるのです。

このように、判断力や思考能力が落ちる18時ごろを狙ってデートに誘ってみましょう。

承諾してくれる確率が高まり、あなたへの好意を高めるきっかけを作れるのです。

YESセット話法でデートを承諾してもらいやすくする

デートを誘うには、YESセット話法でデートを承諾してもらいやすい状況を作りましょう。

YESセット話法を意識していけば、相手が断りづらい状況にもっていけるからです。

YESセット話法とは、「『イエス(はい)』と回答させる質問を積み重ね、同意を得やすくする」ことを指します。

人の性質として、「イエス」と同意をし続けると、次の質問にも「イエス」と返事をしてしまう傾向があるのです。

相手が反論することや、断りにくくする状況を自然と作り上げることが重要といえます。

たとえば、次のような会話で相手を誘ってみましょう。

あなた「〇〇くんってからい食べ物が好きだったよね」

相手  「うん、好きだよ」

あなた「旨辛で有名な△△が近くにできたの知ってる?」

相手  「うん、知ってるよ」

あなた「今からそこに食事しに行こうよ」

相手  「うん、行こう」

上記のように、相手に「イエス」と言わせる質問を繰り返し、最後にデートに誘うのです。

あまり質問事項が長すぎると、本題に入るまでに時間がかかるため、「イエス」と言わせる質問を事前に多く準備をしておく必要があります。

そのため、質問事項は3〜4つで十分です。

質問をする際、前項で紹介した黄昏効果を狙って、18時ごろ話しかけると成功率は上がります。

仕事の定時が18時であれば、時間的にもちょうどよいので、ぜひYESセット話法でデートの約束をしましょう。

このように、YESセット話法を取り入れることで、相手が承諾しやすい状況が自然と作れます。

相手に「イエス」と言わせるようにあなたがリードすれば、デートに行ける可能性が高まりますよ。

返報性の原理でデートを承諾してもらいやすくする

デートを誘うには、返報性の原理でデートを承諾してもらいやすい状況を作りましょう。

返報性の原理を利用すれば、デートに結びつけられる可能性があるからです。

返報性の原理とは「相手から何かを受け取った際に『何かお返しをしなければ・・』という感情になること」を意味します。

よく、SNSでフォローしてもらったら、お礼にフォローバックをしたり相手の投稿に「いいね」で返したりしますよね。

それと同じ原理が恋愛でもあるのです。

まずは、あなたが相手に感謝をしてもらえるように行動しましょう。

たとえば、相手の仕事を手伝ったり相手からの頼まれごとを引き受けたりなど、積極的に行うことで借りを作ります。

そうすることで、相手は「何かお返しをしないと申し訳ない」という気持ちが自然と出てくるのです。

こういった状態のときに、デートに誘ってみましょう。

相手は、あなたの借りを返そうをいう気持ちがあるため、人としての義理を果たそうとします。

そのため、断られる確率は低く、承諾をしてもらいやすいのです。

仮に断られてしまっても、冗談交じりで「仕事手伝ったじゃないですか」と言ってみると、返報性の原理で誘いにのってくれやすいといえます。

返報性の原理は、一度断られても、冗談交じりで話せば再度アプローチが可能です。

一度デートの約束ができれば、仲を深めるチャンスが広がるので、一度断られても再度デートに誘ってみましょう。

このように、相手に感謝をされる状況を自ら作り、返報性の原理をうまく利用していくことが大切だといえます。

借りを作ってしまえば、相手もあなたからのお願いを断りづらくなるため、心理学を取り入れながら相手との距離を縮めていくことが成功率を高める秘訣なのです。

ドア・イン・ザ・フェイスでデートを承諾してもらいやすくする

デートに誘うには、ドア・イン・ザ・フェイスでデートを承諾してもらいやすい状況を作りましょう。

徐々に要求を小さくしていくことで、あなたの要望に応えやすくなるからです。

ドア・イン・ザ・フェイスとは「大きい要望で断られても、その後に小さい要望をすることで相手が応えやすくなる心理」のことを指します。

最初に大きい要望を提示することで、その後の要望と比較でき「この程度なら受けてもいっか」と思ってもらいやすくするのです。

たとえば、「〇〇くんと結婚したい」と冗談っぽく言ってみましょう。

相手は当然「無理だよ。そもそも、付き合ってもいないのに」と、断りますよね。

ここで終わらせず、「じゃあ、私と付き合ってくれる?」と、結婚よりも小さなお願いをしてみるのです。

ところが、そう簡単に承諾はもらえません。

通常の流れでいけば、「彼女がいるから付き合えないよ」と、再度断ってくる可能性が高いと推測できますよね。

ここからが、本番です。

「それなら、今度食事に行こうよ!でかけるくらいならいいよね?」とデートに誘ってみましょう。

相手は「食事くらいなら・・」と、承諾してくれる確率が高まります。

相手との結婚願望を打ち明けたときに比べると、随分と要望が小さくなりましたが、これが狙いなのです。

一番かなえたい要望を実現させるために、大きな要望を最初に伝えることで、かなえやすくさせる効果があります。

今回の例でいえば「結婚や交際はできないけど、食事くらいならいいよ」となるように、最初から断られる前提で、大きな要望から小さな要望に変えていくのです。

このように、ドア・イン・ザ・フェイスを取り入れることで、相手が承諾しやすい状況が作れます。

相手の心理をうまく利用すれば、一番かなえたい要望を受け入れてもらえる確率が高まるので、試してみてくださいね。

デートで使う心理学テクニック

デートに誘えたら、心理学テクニックを利用して、さらに相手との距離を近づけていきましょう。

恋人がいる人とデートに行けても、次がある確率は普通の恋愛に比べると低い傾向があります。

相手に恋人がいる以上、ほかの人とデートをすることはリスクが高いため、控えようとするのです。

しかし、デートで好印象を残し楽しい時間を過ごせれば、あなたとの時間を大切にしてれるうえに次も誘いがかかる可能性が上がります。

ここで重要なのが、心理学テクニックです。

心理学テクニックをマスターして、相手の心を引き寄せましょう。

下記の項目から、デートで使う心理学テクニックを紹介していきます。

CHECK!

  • 吊り橋効果で恋愛感情を錯覚させる
  • 暗闇効果で距離感を縮める
  • ミラーリング効果を好感をもってもらう
  • フット・イン・ザ・ドアで距離を近づける

心理学テクニックを理解しておくだけで、相手との仲が深まり、彼女よりもあなたを選んでくれる可能性が高まるのです。

あなたの行動だけではなく、デートの場所にも気を遣うことでさらに関係を進展させる場合もあるので、そのあたりも詳しく解説しています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

吊り橋効果で恋愛感情を錯覚させる

デートで使う心理学テクニックを使う場合は、吊り橋効果で恋愛感情を錯覚させることができる効果的な方法といえます。

吊り橋効果で得られるドキドキ感を利用して、心の距離を近づけることができるからです。

吊り橋効果とは「吊り橋を渡るときのような恐怖や不安が恋愛でもおこり、好意を抱きやすくなる」という現象を指します。

デートでたとえるなら、遊園地にあるお化け屋敷やジェットコースターは吊り橋効果が発揮される場面です。

お化け屋敷は、暗いうえにいつ、どこでお化けが出てくるかわからない恐怖感や不安で緊張感が高まりますよね。

そういった状況のドキドキ感は、恋愛のドキドキ感と錯覚をして、お互いに好意を抱きやすくなるのです。

お化け屋敷に2人で入ったら、離れて歩かず、相手と密着しましょう。

「暗い」「怖い」を理由にすれば、手をつないでくれる可能性もあり、密着度を高める効果も期待できるのです。

また、ジェットコースターも同様のことがいえます。

最初にゆっくりとてっぺんまで登っていくときや、猛スピードで落ちる瞬間は、普段の生活の中ではあまり感じることのない緊張感が走りますよね。

その緊張感が、吊り橋効果で心と心の距離を近づける瞬間といえるのです。

どちらも吊り橋を渡っているときのドキドキ感に近く、一緒にいることへの安心感も覚えるため、お互いが好きになるには十分すぎる環境が整っているといえます。

そのため、相手とデートに行けるのであれば、遊園地を提案してみましょう。

このように、吊り橋効果で恋愛感情を錯覚させ、好意を高める効果があります。

お化け屋敷やジェットコースターなどで心理学テクニックをうまく利用し、あなたへと相手の心を引き寄せるのです。

暗闇効果で距離感を縮める

デートで使う心理学テクニックを使う場合は、暗闇効果で距離感を縮めることも有効的な方法といえます。

暗闇は、相手との距離を近づけるための絶好の空間であり、気持ちも高まりやすいからです。

暗闇効果とは「不安感や秘匿性など、暗闇ならではの影響で、関係が加速して親密なものになりやすい効果」を意味します。

前項ではデートの場所として遊園地をおすすめしましたが、落ち着いた空間を好む人は、暗い照明で雰囲気のあるお店で食事をしましょう。

「元気に明るく」といった雰囲気ではないため、2人で親密な時間を過ごすとっておきの場所の一つです。

薄暗い個室の場所で食事ができれば、よいムードになり、ボディタッチなどの仲が深まる大人の恋愛に発展していく可能性があります。

暗いところはデートで気持ちが盛り上がりやすく、気持ちが恋愛モードに変わりやすい傾向があるのです。

そういったときに感じるドキドキ感が恋愛を加速させ、関係を深めるにはよい条件がそろった場所だといえます。

また、落ち着いてゆっくりと話ができるのも暗闇デートのメリットです。

このように、暗闇効果を恋愛に取り入れていくことで、親密な関係になるスピードが早まり進展が期待できます。

お互いの距離感を縮めることができれば、あなたへの愛情が深くなり、「彼女よりもあなたを選びたい」と徐々に思考が変わっていくのです。

ミラーリング効果を好感をもってもらう

デートで使う心理学テクニックを使う場合は、ミラーリング効果で好感をもってもらうように仕向けていきましょう。

鏡のように行動をまねするだけで、好意を抱きやすくなるからです。

ミラーリング効果とは「自分と同じ行動やしぐさをする人に対して好意を持ちやすい心理」という意味があります。

あなたが相手のしぐさや行動をまねすることで、相手から好意をもってもらいやすくなるのです。

たとえば、一緒にいるときに相手がドリンクを飲んだら、あなたも同じタイミングでドリンクを飲みましょう。

相手がしたことを見落とさずに、同じタイミングでまねをするのです。

このミラーリングを繰り返していくうちに、相手があなたに好意を抱きやすくなり、距離感を縮めるきっかけを作れます。

また、相手と同じテンションで話したり相手のペースに合わせたりするなど、トーク中にもミラーリングを取り入れていきましょう。

相槌の打ち方のまねや、相手の発言に対して同じ言葉を引用して理解を示す方法も、有効的なやり方です。

同じタイミングで同じことをする人に対し、相手はあなたを「自分と似た人」と認識します。

そのため、ミラーリング効果を利用すれば相手があなたに親近感を持ち、好意を抱きやすいといえるのです。

このように、ミラーリング効果は恋愛を前進させるためには非常に重要であり、相手からも親しみを持ってもらいやすい行動の一つといえます。

相手のまねをすることで、あなたに好意を抱く可能性がぐっと高まるので、ぜひ活用していきましょう。

フット・イン・ザ・ドアで距離を近づける

デートで使う心理学テクニックを使う場合は、フット・イン・ザ・ドアで距離を近づけることができます。

フット・イン・ザ・ドアを取り入れることで、あなたの要望を承諾してもらいやすくなるからです。

フット・イン・ザ・ドアは「あなたの要望を伝える際に、要望を少しずつ大きくしていくことで承諾を得やすい効果」を意味します。

最初は小さなお願い事から始めましょう。

「相談したいことがあるから、少しだけ時間をもらえないかな?」と、最初は30分くらい付き合ってもらいます。

難なくクリアできたら、次は「この前は相談にのってくれてありがとう。お礼がしたいから食事をおごらせて」と、仕事後に食事に誘うのです。

そして、別の日に「弟に誕生日プレゼントを買いたいんだけど、男性の好みがわからないから半日付き合ってもらえないかな?」と、仕事が休みの日を狙って誘ってみます。

このように、徐々に小さな要望から大きな要望にしていくことで、相手は承諾しやすくなるのです。

今回の例の場合でいえば、どの時間も相手にとって楽しい時間であることが、あなたの要望を承諾に導く重要なポイントといえます。

一緒にいることが苦痛だと思われてしまったら、フット・イン・ザ・ドアがいくら恋愛を進展させるテクニックであっても、効果はありません。

一回の接点を大事にし、楽しく過ごすことを意識するだけで、さらに大きな要望も受け入れてもらいやすくなるのです。

このように、徐々に大きな要望を伝えることで、相手も承諾しやすくなる効果があります。

フット・イン・ザ・ドアを取り入れていけば、相手との接点も増え、親密な関係を築きやすくなるので有効的な方法といえるのです。

まとめ

今回は、心理学を使って最短2ヶ月でカップルを別れさせる具体的なテクニックや、別れさせる方法について紹介しました。

心理学をうまく利用すれば、徐々に気持ちがあなたに向いていき、彼女と別れるきっかけを作れます。

告白などの大胆なアプローチをしなくても、相手の気持ちをあなたに引き寄せることができるので、周りにもバレにくい方法ばかりです。

もし、カップルが倦怠期を迎えていたりケンカしてうまくいっていなかったりするときは、そういった時期を狙うとさらに成功率は高まります。

心理学を利用しながら相手を慎重に誘導していけば、カップルを2ヶ月で別れさせることも、そこまで難しいことではないのです。

関連記事